【無職転生】ルーデウスは最高の転生ヒーロー!!エロと笑いと涙!!この魅力がクセになる!!

スポンサーリンク

 

激しい雨の日、34歳無職でニートだった男性が、ある交通事故がきっかけで命を落とします。

そして、見知らぬ世界で一人の男の子に転生を果たしました。

ルーデウス・グレイラット。

これが、彼の第2の人生で付けられた新しい名前です。

幼いころから桁違いの魔力と魔術の才能をもち、その力を使って彼は「次こそはあきらめない」と新しい人生を歩んでいきます。

多くの出会いと戦いのなか、彼はいったいどのような経験をし、どんな景色を見たのでしょうか。

今回は、「無職転生~異世界行ったら本気だす~」の絶対的主人公「ルーデウス」の人生と、その魅力についてせまります。

 

スポンサーリンク

【無職転生】ルーデウスの前世は引きこもりのニートだった!!(小説Ver)

「ゲームがうまくて運動ができる、クラスの中心人物」。

そうまわりに思われていた彼は、日本で生まれ5人兄弟の4番目として生きていました。

自作パソコンを作れる器用さもあり、家族も一目置く存在だったのです。

しかし、中学3年生ごろから勉強がおろそかになり、県内でも最底辺といわれる高校に進学します。

学校のお昼休みに購買でならんでいたところ、割り込んで来た生徒がいたので注意をしました。

ですが、それが発端となり、ひどいいじめを受けることになったのです。

やがて彼は不登校になり、引きこもるようになりました。

ある日、10年以上ニート生活をつづけた結果、家を追い出されてしまいます。

「やりなおせたらな」と後悔するなか、道端でケンカをする3人の男女を目撃しました。

そこに居眠り運転のトラックが迫っていることに気づいて、なんとか助けようとして事故に巻き込まれ、34歳で命を落とします。

やがて転生し、「ルーデウス・グレイラット」として第2の人生を歩みはじめるのでした。

 

スポンサーリンク
"
"

【無職転生】ルーデウスのプロフィールは?(青年時)(小説Ver)

  • 本名:ルーデウス・グレイラット
  • 容姿:身長は175cm前後でがっしりとした筋肉質の体格。髪の色は薄い茶色で、左目が予見眼、右目が千里眼のオッドアイ
  • 愛称:ルディ
  • 種別:人族
  • 学歴:ラノア魔法大学特別生
  • 職業:A級冒険者/ルード傭兵団会長
  • 剣術:剣神流中級/水神流初級
  • 言語:人間語・闘神語・獣神語・魔神語

 

スポンサーリンク

【無職転生】ルーデウスの性格は?(小説Ver)

ルーデウスの性格は、温厚かつ親切で社交的です。

前世の反省から、つねに礼儀正しく、努力することを心がけています。

ですが、お調子者でいい加減な面もあり、慢心したあげく失敗することもありました。

一方、父親のパウロに似て女性が大好きです。

魔術の師匠であるロキシーの下着を「御神体」といって盗んで飾ったり、水浴びする姿をのぞいたりと、「性」に対する関心度はほかの誰よりも高い傾向にあります。

 

スポンサーリンク

【無職転生】ルーデウスは無詠唱魔術を使える数少ない逸材!!(小説Ver)

ルーデウスは幼少のころから、魔術に対する勉強は人一倍していました。

やがて、ロキシーから魔術を教わったことで、無詠唱で魔術が使えるようになります。

ただし、治癒魔術と解毒魔術には詠唱が必要で、無詠唱では使えません。

無詠唱魔術に関しては、ラノア魔法大学でも使い手が少なく稀な存在として認識されていました。

「ラプラス因子」をもっていることから魔力量は魔神ラプラスと同等以上と言われており、魔力が見える相手からは「キモチ悪い」と言われています。

主に使用する魔術は、中級魔術の「岩砲弾」、混合魔術の「泥沼」と「濃霧」、王級水魔術の「雷光」を縮小したルーデウス独自の「電撃」、風魔術の「衝撃波」などです。

 

スポンサーリンク

【無職転生】ルーデウスはヒトガミの助言に踊らされていたのか!?(小説Ver)

ルーデウスが初めて「ヒトガミ」に出会ったのは、魔力災害のときです。

のっぺりとした容姿と、なれなれしい態度や詐欺師のような語り口から、ルーデウスはヒトガミを信用していませんでした。

ですが、数々の助言を受けることで問題が解決していったため、少しずつ誘導されるようになっていきます。

実際に、オルステッドに「ヒトガミの使徒」と思われ、1度命を奪われてしまいました。

ナナホシの助けによりオルステッドの回復魔術で蘇生します。

最終的にはルーデウスはヒトガミに家族を盾にとられ、家族を守るため「なんでもする」と言ってしまいます。

 

その言葉を聞いたヒトガミからオルステッドを倒すように助言され、戦うことになりました。

しかし、オルステッドの圧倒的な強さの前に完敗してしまいます。

やがて「龍神の加護があればヒトガミも手が出せない。俺に付け!」と説得されたため、オルステッドに寝返り、今度は龍神の配下としてヒトガミと戦うことになるのでした。

こうしてみると、賢く慎重に疑っていたルーデウスであってもヒトガミに踊らされていたといえるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

【無職転生】ルーデウスの異名の数々とその理由(小説Ver)

まずは「デッドエンドの飼い主」

冒険者チームのリーダーだったルーデウスに付けられたあだ名です。

これは、ルイジェルドの異名「デットエンド」を、自分たちのチーム名に付けたことがはじまりとなっています。

「泥沼のルーデウス」という二つ名は、ルーデウスが水と土を使った混合魔術がもっとも得意だったことから付けられました。

魔法大学では、その強さから「番長」や「シャーリア最強最悪の魔術師」とも呼ばれています。

オルステッドの配下になった際には、「龍の犬」と言われ、その実行力とオルステッドの信頼が大きかったことから、「龍神の右腕」とも呼ばれていました。

一方戦いにおける臆病さから、「逃げ腰」「低頭」「弱虫」「脱兎」などと呼ばれることもあったようです。

また晩年では、様々な名前をもつことから、「七銘のルーデウス」とも呼ばれています。

 

スポンサーリンク

【無職転生】ルーデウスの結婚相手はあの3人!!子供は6人作っちゃった!!(小説Ver)

ルーデウスには3人の結婚相手がいます。

その馴れ初めと、結婚相手3人との間に生まれた子供たち6人をご紹介します。

 

スポンサーリンク

1人目の妻が「シルフィ」

ルーデウスは、シルフィことシルフィエットと幼少のころから仲が良く、お互いのことを想っていました。

シルフィは魔力災害により行方が分からなくなっていましたが、ルーデウスはラノア魔法大学でフィッツという偽名を用いていたシルフィと再会を果たします。

やがて2人はお互いの気持ちに向き合い、結婚しました。

シルフィとの間には、「ルーシー」という女の子と、「ジークハルト・サラディン」という男の子が産まれています。

ちなみに、「ジークハルト・サラディン」の「サラディン」という名は、甲龍王ペルギウスが付けました。

 

スポンサーリンク

2人目の妻は「ロキシー」

2人目の妻は、ルーデウスの魔術の師匠であった「ロキシー」です。

ロキシーはゼニス救出の際にも手助けをし、パウロが亡くなったことで傷ついたルーデウスを、ずっと励ましつづけた存在でした。

それがきっかけとなり、2人は結ばれます。

その後、シルフィの同意を得て2人目の妻となりました。

ロキシーとの間には、「ララ」と「リリ」という女の子が産まれています。

特に「ララ」は「救世主」と呼ばれる存在で、ヒトガミから命を狙われることもありました。

ですが、未来から来たルーデウスの助言により、その命を救われています。

 

スポンサーリンク

3人目の妻は「エリス」

ルーデウス6歳のころから13歳までを共に過ごしてきたエリスは、出会ったころからルーデウスを意識していました。

魔大陸から帰郷後ルーデウスと結ばれますが、「ルーデウスを守れる強さ」を得るためエリスは旅立ち、別れます。

その後、別れて5年後にオルステッドとの戦で再会を果たしました。

やがて、シルフィとロキシーの同意のもと2人は結婚し、2人の子供を授かります。

「クリスティーナ」という女の子と、「アルス」という男の子です。

「アルス」はルーデウスの異母妹のアイシャと駆け落ちし、その後オルステッドの配下となっています。

 

スポンサーリンク

【無職転生】ルーデウスの死は前世と真逆!!穏やかで幸せな最期に涙!!(小説Ver)

「ヒトガミの使徒」との壮絶な戦いの末、見事ヒトガミの目的を阻止します。

大きな戦いでしたが、ヒトガミからの妨害はなくなりました。

その後ルーデウスは本名を隠し、「サイレント・セブンスター」という名で、活動をはじめます。

魔力回復薬(ポーション)を作って販売するなど、充実した日々を送っていました。

34歳のとき、眠っている間にララに龍神の腕輪を外され、夢を見ます。

それはオルステッドが戦いに勝利し、封印されたヒトガミと天寿を全うした自分の姿でした。

 

やがて月日は流れ、数々の偉業を成し遂げたあと、ルーデウスは74歳で生涯を終えます。

葬儀には5000人を超える参列者と、龍神オルステッドの姿もありました。

ルーデウスは亡くなったあと、最後にヒトガミに会います。

目的を果たせず苛立つヒトガミに対して、「これから、頑張れよ」とルーデウスが伝えるシーンはとても印象的でした。

ルーデウスが2度目の人生を、満足して終えたことがわかる場面と言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

34歳無職だったニートの男性が、転生し活躍していくこの物語は、読者の心に深く残りました。

彼が過去を反省し、2回目の人生を「本気」をだして生きたからこそ、しあわせな結末を迎えられたのでしょう。

「無職転生~異世界行ったら本気だす~」というタイトルにふさわしい、主人公の最後であったことは間違いありません。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です