【無職転生】ゼニスの包容力がスゴイ!!皆に愛される彼女に起こる衝撃の展開とは!?

スポンサーリンク

 

人気コミック「無職転生~異世界行ったら本気だす~」で登場するキャラクター、「ゼニス」。

本編の主人公ルーデウスの母親です。

金髪の美しい容姿だけではなく、その性格の良さが際立つキャラクターといえるでしょう。

グレイラット家の、まさに「太陽」のような存在です。

ですが、魔力災害をきっかけに、彼女にもさまざまな試練が訪れます。

その厳しい困難な状況を、ゼニスはどうやって乗り切っていくのか?

物語の展開を、ファンの間では注目されていました。

今回は、ゼニスの人物像やその後の展開について、くわしく解説していきます。

 

スポンサーリンク

【無職転生】ゼニスのプロフィールは?

  • 本名:ゼニス・グレイラット。
  • 出身:ミリス神聖国のラトレイヤ伯爵家の令嬢で次女。
  • 仕事:ブエナ村で診療所に務めているが、実は冒険者パーティー「黒狼の牙」の元メンバー。
  • 容姿:金髪のロングヘアー。スタイル抜群の美人。
  • 魔法:中級の治癒魔術と解毒魔法を習得。

 

スポンサーリンク
"
"

【無職転生】ゼニスの性格は?

誰に対しても、明るくやさしい性格です。

わが子ルーデウスの魔法の才能が判明したときには、魔法の家庭教師としてロキシーを呼びよせるなど、教育に熱心な母親の顔を見せています。

間違ったことに対しては厳しいこともいいますが、後に引きずらないタイプです。

いつも、まわりのことを気づかえるその性格は、人間としての器の大きさを示しているといえるでしょう。

 

スポンサーリンク

【無職転生】パーティーの解散!!ゼニスとパウロとの出会いが原因!?(小説Ver)

ラトレイヤ伯爵家の令嬢だった彼女は、「ミリス令嬢の鑑」と言われていました。

ですが、成人した日に両親との喧嘩が原因で家を飛び出してしまいます。

その後、冒険者となり、しばらくは1人で旅をしていました。

旅の途中で詐欺に遭いそうになったところをパウロに助けられます。

それがきっかけとなり、冒険者パーティー「黒狼の牙」のメンバーになりました。

パウロの女性にだらしない性格を嫌っていましたが、「ほかの女性には手を出さない」という約束のうえで、一夜を共にします。

やがて、妊娠したことがわかりパーティーは解散、パウロと結婚するのでした。

 

スポンサーリンク

【無職転生】ゼニスの懐の広さに頭が下がる!夫の不貞を許す理由は?(小説Ver)

ブエナ村に移り住んでからルーデウスを出産しますが、その後、子供ができないことを悩んでいました。

ある日、6年ぶりに妊娠がわかり家族全員でよろこんでいた矢先、グレイラット家のメイド・リーリャの妊娠が明かされ、パウロとの浮気が発覚します。

ミリス教徒であるゼニスは男女の関係に厳しい考えを持っており、特にパウロに対して激しく怒りました。

緊急家族会議を開き、ルーデウスの「悪いのはお父さんで、子供に罪はない」という助言を受け、ゼニスは最終的には2人を許すのでした。

やがて難産の末、ゼニスは女の子(ノルン・グレイラット)を出産、同時期にリーリャも女の子(アイシャ・グレイラット)を出産します。

 

スポンサーリンク

【無職転生】ゼニスが行方不明に!!魔力災害で起こった悲劇(小説Ver)

突如起きた魔力災害により、フィットア領は消滅します。

住民はどこかに飛ばされてしまい、みんなが行方不明になる悲惨な状況です。

パウロは娘のノルンと一緒に転移し、自分の家族を探しますがすぐには見つけることはできませんでした。

やがて、ルーデウスと1年半後に再会を果たし、しばらくしてリーリャとアイシャの居場所も突き止めます。

ですが、ゼニスの行方だけがわかりません。

あきらめかけていたとき、ベガリット大陸の迷宮都市ラパンにゼニスがいることがわかります。

しかし、ゼニスの救出はむずかしく、パウロは遠く離れたルーデウスに救援要請を出すのでした。

 

スポンサーリンク

【無職転生】ゼニスの救出とパウロの死(小説Ver)

呼び寄せられたルーデウスは、パウロたちと共にゼニスの救出に向かいました。

危険な迷宮を進む中、ついに「迷宮の守護者」と呼ばれる「ヒュドラ」に遭遇します。

ヒュドラは9本の首を持ち、赤竜の2倍はある大きさです。

ヒュドラが守ろうとしている最奥の部屋に、2mほどの大きな魔力結晶をみつけます。

ゼニスはその中に閉じ込められていました。

やがて激しい激闘の末、なんとかヒュドラを倒します。

ですがそこで見たものは、倒れているパウロの姿でした。

ルーデウスが駆けより話しかけますが、パウロは安心したように口元を少し動かした後、静かに息を引き取ります。

ヒュドラが消えたことで魔力結晶がなくなりゼニスを救出することに成功はしますが、パウロの死という、悲しい結果となってしまいました。

魔力災害が起きてから、6年目のことです。

 

スポンサーリンク

【無職転生】ゼニスが廃人と化す!?そのワケは!?(小説Ver)

ゼニスは救出された後、しばらく眠ったままでしたがやがて意識を取り戻します。

ですが、ゼニスは言葉を話すことはできず、もはや廃人となっていました。

廃人になった原因について、甲龍王ペルギウスがルーデウスに伝えるシーンがあります。

「古い迷宮には人を捕らえて己の心臓とし機能させる者がいる。心臓となった者は変容し、例外なく記憶をなくすが、その代償として神秘の力を持つ」。

「神秘の力」とは、「呪子」や「神子」と呼ばれている者が持つ力のことを意味します。

つまり、魔物の心臓にされたゼニスは変わってしまったが、神秘の力をもったのではないかということです。

 

スポンサーリンク

【無職転生】ゼニスは「神子」だった!!(小説Ver)

ある日、ゼニスを実家に連れてくるよう手紙が届き、ゼニスの母親クレアと面会しました。

ゼニスを誘拐する事件は起きますが、ゼニス自身がルーデウスとクレアの仲を取り持ち、事件は無事に解決します。

事件後、ゼニスを神子に診てもらうためルーデウスは教団本部へ行きました。

神子に診てもらうと、「ゼニスは神子である」ことを教えられます。

そのほかにも、記憶を持っていること、現状を理解できていること、人の思考を読み取る力を持っていることを伝えてくれました。

神子がゼニスの記憶をルーデウスに伝えるシーンは、目頭が熱くなる名場面といえるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、「ゼニス・グレイラット」についてご紹介しました。

やはり、「母は偉大」という言葉がぴったりはまるゼニスの結末と言えるでしょう。

69歳でこの世を去るゼニスですが、その生涯はとても幸せだったのかもしれません。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です