【チェンソーマン】ここに来てループ説が浮上!?チェンソーマンの世界はグルグル周回していたのか?その謎を徹底解明!

スポンサーリンク

週刊少年ジャンプにて連載されていた「チェンソーマン」は第一部が完結し第二部の再開が待たされる作者・藤本タツキが描く大人気漫画です。

この「チェンソーマン」は第一部が終わった後も様々な考察や第二部の予想もされていますが今回はその中の1つであるチェンソーマンループ説について見てみたいと思います。

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】ファンの間で浮上したループ説とは?

第一部完結後もファンの間でたびたび囁かれているのが「チェンソーマン」のループ説になります。

これはデンジとポチタが出会う前からチェンソーマンの要素があったり、チェンソーマンだったのではと言われているストーリーの矛盾からきているものです。

この疑惑から「チェンソーマン」は一周前の出来事なのか?というループ説があります

 

スポンサーリンク
"
"

【チェンソーマン】注目すべきは白枠と黒枠?

「チェンソーマン」ループ説で最も多く考察され注目されているのが白枠と黒枠です。

はじめ注目されたのが白枠のコマは現在の出来事で黒枠は過去の出来事だと言われていましたが現在、噂になっているのが「黒枠=一周前の出来事」である可能性が高いというものです。

実際に「チェンソーマン」のストーリーと照らし合わせると疑惑や考察されるシーンも多く見受けられます。

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】ループ説①荒井が殺されるシーン!

「チェンソーマン」ループ説ですが注目されているのは「公安退魔特異4課」の荒井のシーンです。

前の世界の荒井はのどと頭を撃たれて絶命、今の世界の荒井は頭だけ撃たれて絶命しています

これにより白枠黒枠が現在と過去を表している事が考察できます

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】ループ説②コベニが違う?

荒井と同様に「公安退魔特異4課」のコベニも違いが見つかっています。

前の世界のコベニは荒井の返り血を浴びており、今の世界のコベニは荒井の返り血を浴びていないという事です。

また、コベニが顔の血をふいたり血をこすった形跡もありません

これも現在と過去で白枠黒枠になります。

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】ループ説③デンジが魔人を知っている?

ループ説がある「チェンソーマン」ですがデンジも同様にあり、マキマにスカウトされる前のポチタと2人でデビルハンターをしていた時の会話で「悪魔には死んだ人の体を乗っ取れるヤツもいるらしい 」と発言しています。

この発言時は黒枠ですので過去のデンジは魔人を知っていた事が分かります

ですが早川アキとの会話した時は

デンジ「なあ魔人ってナニ?」

アキ「人の死体を乗っ取った悪魔それが魔人だ」

デンジ「ふ〜ん え、あぁ それじゃオレ魔人じゃね?」

とやり取りしています。

この時は白枠になりますので現在のデンジは魔人を知らないと言う事になります。

この事から考察されるのは黒枠のポチタと話す過去のデンジと白枠のポチタを心臓として宿した現在のデンジとは別世界ではないのかという事が考えられています

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】ループ説④マキマの好きな男のタイプは?

スカウトされ「公安退魔特異4課」に所属したデンジはマキマに好きな男性のタイプを聞きます。

この時、マキマは「デンジ君みたいな人」と答え、デンジは「俺じゃん」とやり取りしています。

この時、マキマは薄々感じていたかもしれませんが過去デンジ=ポチタ=現デンジのような感じではないかと思われます。

つまり、ループ説で最も信憑性が高いのがポチタと契約した現デンジはチェンソーの悪魔が乗っとった姿ですがあくまでも契約によるものであり、魔人にはなっていません

この為、マキマはデンジに人間的な事を思い出させた上でポチタに諦めさせた後で契約を破棄する必要がある為だと思われます。

この考察からチェンソーの悪魔ポチタが怪我をしていたのは支配の悪魔から逃げた時の傷であり、あえて魔人にならないように契約しているのかもしれません。

 

スポンサーリンク

まとめ

第一部が完結し第二部が待ち遠しい「チェンソーマン」ですが完結した後も色々な考察が行われており、いまだその高い注目度があるのが分かります。

その中でも多くの考察がされ、様々な情報が上がっているのが「チェンソーマン」ループ説になります。

このループ説は作中の白枠と黒枠のコマ割りが白枠が現在、黒枠が一周前の出来事である可能性が高いという事です。

これには実際に様々な矛盾のあるシーンも多くあり、核心的なものも含まれています

特にデンジの会話の中やマキマの言動や行動を追っていくと分かるかもしれません。

第一部が完結してもまだ高い人気を誇る「チェンソーマン」ですが、その多く残された謎も魅力の一つです。

第二部の連載がいつになるのかはまだ発表されていない為に分かりませんが、第一部で残された謎やはたまたループ説と白枠と黒枠の秘密が明かされ証明されるのか、「チェンソーマン」を楽しみに待ちたいですね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です