【チェンソーマン】最終回で初登場!新たな支配の悪魔「ナユタ」とは?

スポンサーリンク

大人気の内に第一部が終了し、その後アニメ化も発表された「チェンソーマン」。

メインヒロインであり頼れる仲間だったマキマでしたが、実はチェンソーの悪魔を手に入れる事を望んだチェンソーマンのラスボス的な存在でした。

一時期、心を壊されたデンジも支配されていましたが血の魔人パワーやポタチの力で完全復活を果たしたデンジによりマキマは食べられ死んでしまいます。

そしてその後、平和に過ごすデンジの前に現れたのが岸辺が連れてきたナユタです

第一部最終回に初登場を果たしたナユタ。

一体、どういった事なのか見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】ナユタの初登場シーン!

支配の悪魔であるマキマとの死闘の末、何とか倒しその後「悪魔のフルコース」により完全に支配の悪魔マキマを消滅させたデンジ。

そしてその後、通常を取り戻しつつあったデンジの前に黒髪の少女が現れます

デンジは追い払おうとしますが少女はデンジの指先を噛んできます。

この時、マキマを思い出すデンジ

そこへ、岸辺が現れます。

 

スポンサーリンク
"
"

【チェンソーマン】ナユタはマキマの生まれ変わり?

黒髪の少女はナユタと名乗ります。

そこへ現れた岸辺は支配の悪魔の転生した姿だとデンジに言います

岸辺は中国で発見したナユタを盗んできたとも言い、デンジにナユタを託します。

岸辺はこのまま中国にナユタを残すと悪用されマキマのようになる可能性がある事から日本に連れ帰った様子があります

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】マキマとは?マキマvsデンジ!

支配の悪魔だったマキマは「公安対魔特異4課」を取り仕切るリーダーでした。

デンジはこのマキマにスカウトされ公安対魔特異4課と言う職場を得ます。

またパワーと早川アキという同僚であり友人、そしてこの2人と同居する事になった為に孤独だったデンジに擬似家族を作ってくれた恩人です。

マキマは美しく優しく振る舞う事からデンジは母性も感じ好意を持っていました。

そんなマキマでしたがデンジをスカウトしたのはデンジの心臓に宿るチェンソーの悪魔ポタチを手に入れる為でした

そのマキマはデンジが心臓に宿したチェンソーの悪魔ポタチとの契約破棄を望み、優しく環境を整えて上で破壊し、デンジの心を壊す事を計画します。

この過程で早川アキ、そしてマキマにパワーを殺されたデンジは抜け殻になってしまいます。

絶対絶命のデンジでしたが血の魔人パワーの血を飲んでいたデンジはパワーが血管に残っていた事からパワー、チェンソーの悪魔ポタチの力を借りる事で完全復活します

そして、デンジは何度も窮地に陥りながらも何とかマキマを倒します。

マキマを倒したデンジは支配の悪魔マキマが復活しないよう「悪魔のフルコース」と称し、マキマを自ら捕食する事を決めます

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】ナユタとマキマは違う!?共通点は?

チェンソーマンでは悪魔は輪廻転生すると言われておりユナタは支配の悪魔マキマの転生した姿です。

支配の悪魔マキマの頃の記憶は喪失している為に、マキマの人格もナユタには引き継がれていません

ですがユナタとマキマに幾つか共通点があります。

 

共通点 噛む

マキマがデンジをスカウトした際に好意というものを教えようとした時に噛むという行為をしたマキマの姿と一緒で、ユナタに噛まれたデンジも一瞬「マキマさん?」と錯覚しました。

 

共通点 ぐるぐるした目

マキマもつミステリアスで不気味な雰囲気を演出している「ぐるぐるした目」ですがナユタもぐるぐるした目が継承されています。

見比べてみますとマキマの目が鋭くなっており、ナユタの目は丸くて緩い印象です。

 

共通点 犬が好き

デンジが初めてナユタを見た時、ナユタは犬と戯れていました。

マキマも自宅で飼うなどしていた為、ナユタとマキマは別人格ながら支配の悪魔らしく従順な犬を好むよう様子です。

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】ナユタの面倒を見るデンジ!

岸辺に言われてナユタの面倒を見る事になったデンジ。

教育係と言われた時こそデンジは嫌々ながら引き取る態度を見せましたが、一緒に暮らすようになってからはおんぶして帰ったり、ご飯を一緒に食べたり、添い寝したりと面倒を見ている様子です

ナユタもそんなデンジに懐いており、隙だらけの姿を見せています。

また、支配の悪魔マキマは「ずっと他者との対等な関係を築きたかった」とポタチは推測しており、ナユタにも対等な愛情を注ぐよう「たくさん抱きしめてあげて」てデンジにアドバイスしています

 

スポンサーリンク

まとめ

チェンソーマンのメインヒロインでありラスボスでもあった支配の悪魔マキマはデンジをギリギリまで追い込みますが、パワーやチェンソーの悪魔ポタチの力を借りた事によりデンジは支配の悪魔マキマを倒す事ができました。

そして復活しないようマキマを食べたデンジの様子を見に来た岸辺が連れてきたのがユナタです。

岸辺曰く支配の悪魔が転生した姿であり、悪用されマキマのような存在にならないように中国から盗んできたと言います。

そして、面倒を見ろと言う岸辺にデンジは嫌々ながらも了承し一緒に暮らす事になります。

ユナタはマキマの頃の記憶は残っていない転生した支配の悪魔ですが幾つかの共通点があり、従順な犬を好むなど支配の悪魔らしさを見せます。

チェンソーマン第一部の最終回に突如登場した支配の悪魔ユナタ。

第二部はユナタがヒロインとして活躍する可能性があります

この先のデンジ、チェンソーの悪魔ポタチと支配の悪魔ユナタがどうなるのか、第二部が開始するのが待ち遠しいですね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です