スポンサーリンク

【チェンソーマン】デンジを救うべく立ち上がったパワー!パワーは死亡してしまうのか?

スポンサーリンク

週刊少年ジャンプにて連載され高い人気を誇るチェーンソーマン。

主人公デンジは父親の残した借金から相棒のポチタと共に悪魔を駆除する「デビルハンター」として生計を立てています。

その後、騙され殺されてしまったデンジの血を飲みデンジの心臓となった事で蘇生を果たしてデンジは現場に駆け付けた公安のデビルハンターであるマキマにその身を管理される事になります。

そして、一緒に同居する事になった「血の魔人」パワー

マキマによりデンジのバディに選ばれたパワーを見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】パワーのプロフィールと強さ!

一人称は「ワシ」で老人口調で喋る、角の生えたパットを入れた巨乳の美少女「血の魔神」であるパワー。

公安退魔特異4課のデビルハンターです。

性格に難があるようで、好戦的で見栄っ張り、子供っぽく我儘でナルシスト、臆病者で逃げ癖のついた上に適当な事だらけの虚言癖持ち。

更に差別主義者でもあり信じられないほど飛び抜けて自己中心的です。

そして、パワーは自身より強い相手に対しては弱く臆病になり、自身より弱い相手に対してはとことん意地悪で高圧的になるという強い者に弱く、弱い者には強いという性格をしています

また、言動やその他も奇天烈を極め、虫を殺すのが大好きで入浴を好まず、トイレを流さないし他人のポイントカードを勝手に使い、寝ているデンジの血を勝手に吸った上、自分の記憶を都合よく置き換えたりと理不尽そのものです。

パワーは「血の悪魔」で本人が言うには魔人になる前は他の悪魔から恐れられていたかなり高位の悪魔と発言しています

この理不尽極まる奇天烈な一方で猫のニャーコが唯一大事な友達で桁外れの情がある他、バディのデンジや早川アキとも奇妙な縁を作っています。

 

スポンサーリンク
"
"

【チェンソーマン】パワーはマキマに殺されてしまったのか!?

マキマの自宅に招待されたデンジでしたが早川アキの件があり、複雑な感情を抱きます。

銃の悪魔を殺せたら願い事を一つ叶えると約束していたマキマですがデンジに「マキマの犬になりたい」と言うことを絶対に聞く条件を飲んでいました。

チャイムが鳴り、ドアを開けるように言われたデンジ、閉ざされた扉が開けてはダメと警告していますがマキマの指示に逆らえないデンジはドアを開けてしまいます。

ドアの先にはデンジの誕生日を祝う為とマキマに呼び出され、ケーキを持ったパワーです。

そのケーキを持ってたたずんでいたパワーにマキマは「ぱん」と発し、一瞬で殺します

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】瀕死のデンジからパワー復活!?

デンジにとり世話のかかる妹のようなパワーを一瞬で殺したマキマは大笑いしながら遂に正体を晒します。

パワーを殺したマキマの目的はポチタとデンジの契約を破棄させるためです。

マキマはその後、心の中の扉をこじ開け、デンジを抜け殻にしたマキマは体へチェンソーマンを復活させるために、パワーの遺体を利用します。

デンジの中に入ったパワーでしたがデンジに飲ませた血の中で生きていたため、血の通る血管の上でかろうじで意識を残しています。

この時、ポタチはパワーに「デンジを助けて欲しいんだ」と頼みます。

パワーはポタチを食べます

そして、マキマが槍を使った時にチェンソーマンの体内から血の悪魔「パワー」が復活します

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】パワーはデンジをマキマに引き渡すのか?

「血の悪魔」として復活したパワーはマキマを攻撃しサウザンドテラブラッドレインで滅多刺しにします。

マキマを「雑魚」と呼ぶパワーでしたが、マキマがゾンビを召喚して反撃に転じると一気に弱気に姿勢になります

デンジを抱えて逃げようとしますが、「大人しく渡せば殺さないで買ってあげる」とマキマに言われ、パワーは迷わず寝返ります

性格に難のあるパワー特有の行動ですが、人間嫌いのパワーにとり、初めての友達であるデンジに対する情からマキマの隙をつき逃げ出す事に成功します

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】パワーの血によってデンジ復活!

マキマから逃げ出したパワーはゴミ箱の中に逃げ込みます。

パワーはもういないと生きる気力を失うデンジ

ですがパワーは、デンジへ「血の悪魔」を見つけて欲しいと言葉を残します。

これは今の記憶を失っていてもまた仲良くなってパワーに戻して欲しいという願いも込められています

そして、ポタチとの契約はマキマにより破棄されてしまいましたが、ポチタを食べたパワーと契約を結ぶことによりデンジは完全復活を果たします

 

スポンサーリンク

まとめ

主人公デンジのバディで「チェンソーマン」のヒロインであるパワー。

とてもヒロインと思えないほど理不尽で傍若無人な最悪な性格の持ち主です。

人一倍人間嫌いでしたがデンジや早川アキと同居する事により、少しずつ情が生まれ不思議な腐れ縁になっていきます。

マキマの策略によりデンジの目の前で「ぱん」と一瞬で殺されたパワー。

デンジは抜け殻のようになり、チェンソーマンも奪われようとします。

ですがパワーの血を飲んでいた事でデンジの血管の中で少しの意識が残っていたパワーにポタチにデンジを救ってと頼まれます。

ポタチを食べ「血の悪魔」として復活したパワーはマキマに取り込まれそうになりながら逃げ出し、デンジはポチタを食べたパワーと契約を結ぶことにより完全復活を果たします

「血の悪魔」を見つけて欲しいと言い残したパワー、そして完全復活を果たしたデンジ。

正体を表したマキマはこの先、どうなってしまうのか、続編を待ちたいですね。

 

この記事の関連記事はこちらじゃ⇩

⇒パワーがかわいいとファン急増!見た目にだまされている?パワ・・

⇒ツノが生えた魔人「パワー」のファンが急増中!?おじさんみた・・

⇒かわいい角が魅力!でも中身はオヤジ?パワーの魅力とは?・・

⇒パワー「は?言ってないが?」普通に使えそうな一言!・・

⇒デンジ「恋しいよ」デンジとパワーの情愛に満ちたシーン!・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA