【転スラ】リムルデレデレ??エルフが戦闘力以外のところでリムルを虜にしている!!

スポンサーリンク

 

エルフというと、どんな作品に出てきても高位な存在で美しい外見(美人やイケメンしかいない)に高い魔力量、そして博識などのイメージがあります。

転スラの世界にもエルフは存在しており、美人なお姉さんとして登場します。

今回は強かで美人なエルフさんたちを紹介していきます。

 

スポンサーリンク

【転生したらスライムだった件(転スラ)】エルフの種族の特徴とは??

エルフは人間と友好的な関係を築いており、一般のモンスターとは区別され、種族を亜人(デミヒューマン)とされています。

魔物の中でも知性が高く、魔力量も高いため、奴隷としてジュラの森で狩られたこともあります。

人間と接点が多いため、人間社会でも普通に暮らしており、違和感なく溶け込んでいるシーンが多くみられます。

エルフの戦闘の描写は少ないのですが元々は魔物の一種であり、魔力量が多く強力な魔法や戦闘技術を扱えることから、戦闘力はかなり高いものと予想できます。

また、エルフの中にはその魔力で特殊な能力を持つ存在もおり、さまざまな分野で活躍しています。

 

スポンサーリンク
"
"

【転生したらスライムだった件(転スラ)】エルフの性別は女性しかいない?

転スラに登場するエルフはほとんどが女性です。

繁殖するためには男性もいなければならないため存在はするのですが、女性エルフがいっぱいでてきます。

そして、出てくる女性エルフもみんな美人やかわいいのです。

いろいろなタイプのエルフがおり、“絶対に好きなタイプのエルフがいる”ようになっているとしか思えないほどのレパートリーです。

 

男性エルフは、魔導王朝サリオンのエラルド・グリムワルトが登場しています。

エラルド・グリムワルト

エルフの貴族で頭がよく、リムルと外交交渉した実績もあります。

 

スポンサーリンク

【転生したらスライムだった件(転スラ)】リムルがエルフのお店でデレデレが隠せない!?

リムルはドワルゴンにてあるお店に目をつけていました。

そのお店は「エルフのおねえちゃんがいっぱいいるバー」です。

バーというよりはもはやキャバクラなのですが、エルフの美貌とスタイルを堪能するためにお店に訪れ、ギューギューパフパフされます。

そして、リムルの柔らかさを羨んだ他のエルフもリムルを取り合うことになり、人気者になったリムルはデレデレを隠せずに幸せいっぱいの笑みを浮かべていました。

 

スポンサーリンク

【転生したらスライムだった件(転スラ)】リムルがゴブタをエルフのお店に連れていかなかった!?

そんなエルフバーで楽しむリムルですが、実は一緒にドワルゴンに入ったゴブタは連れていきませんでした。

なぜ連れて行かなかったかというと、まだエルフバーという大人の世界は早いという理由と教育上よろしくないのではという親心を建前にして、一人で楽しみたかったからでした。

そして置いていかれたゴブタは、縛られたまま牢屋に忘れられるのでした。

 

スポンサーリンク

【転生したらスライムだった件(転スラ)】エルフの店で占ったリムルの運命の人とは?

エルフのお店で楽しんでいたリムルですが、一人のエルフが占いをやってくれるというのでお願いすることに。

そこで水晶に映し出されたのは、今後リムルの運命を左右するシズさんでした。

リムルは黒髪の女性として印象に残り、初めてシズさんと出会った時も「占ってもらったときの黒髪女性だ」と気づきます。

もしかしたら、この占いがなかったらリムルの運命は違ったものになっていたかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

【転生したらスライムだった件(転スラ)】冒険者の中にエルフの貴族がいる??

モンスターの中でも高位な存在のエルフですが、その中にも王族や貴族が存在します。

エルフの貴族は魔導王朝サリオンを統治しており、世界的にも影響のある一族なのですが、実はそんなエルフの中に冒険者をやっている者がいるのです。

 

その冒険者は序盤から登場しているエレンです。

冒険者としてカバルとギドと一緒に冒険をしているエレンですが、普段は薬により耳をかくして人間として過ごしています。

しかし、その正体はサリオンのエルフ貴族の娘でカバルとギドも指輪で力を隠した護衛役なのです。

 

スポンサーリンク

【転生したらスライムだった件(転スラ)】リムルがエルフのお店で酒を提供!?意外と強かだった!!

リムルは、獣王国ユーラザニアから果物を仕入れてそれを果実酒として売り出す算段をたてました。

その際に製造した果実酒はいくらで売れるかを市場調査しようとして、エルフのお店に果実酒を置いてもらうことを思いつくのです。

お願いしようとした瞬間に、エルフたちはリムルの意図をくみ取り、すぐに行動するという強かさをみせます。

美人なだけでなく頭も回るという器量の良さも垣間見えるシーンですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

さあ、高貴なモンスターのエルフですが、いかがだったでしょうか。

美貌や地位などを持ちつつも冒険者として挑戦したり、その高い知性で交渉や経営などを行い、深く人間社会にとけこんでいます。

私が転スラの世界に行ったなら、ぜひエルフのお嫁さんをもらいたいところですね。

まだまだ活躍するであろうエルフ族を転スラの世界で堪能してみてください。

 

この記事の関連記事はこちらです⇩

⇒リムルの前に現れた鬼族!名付けられて頼もしい鬼人に!!・・

⇒リムルが異世界で出会った初の大型種族のゴブリン!初対面から・・

⇒異世界を統べるはドラゴン種!世界最強の種族の能力とは??・・

⇒ユーラザニアの三獣士の1人・アルビス!蛇のような下肢で敵を・・

⇒異世界のスライムは一味違う?作中最強の種はスライムだった・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です