【リゼロ】ラッセルは目利きの加護を得た最強商人!白鯨に並々ならぬ怒りを燃やす?

スポンサーリンク

今回はラッセル・フェローに関してご紹介していきます!

ところで、皆さんラッセルという人物覚えていますか??

白鯨戦に向かうためにクルシュとの対談をするときにアナスタシアと共に味方となり説得に加担してくれた金髪のひげのお兄さんです(笑)

 

このラッセルという人物、アニメではまだそこまで登場していなくあまり注目されていませんが、実はかなりの実力者なんです。

実は「目利きの加護」を持っていて、行商人としても一級品で未だ色々謎多き男です。

 

今回はそんなラッセル・フェローとはどんな人物でどんなことをしているのかをご紹介していきます!

 

スポンサーリンク

【リゼロ】ラッセルのプロフィール

名前:ラッセル・フェロー

 

ラッセル・フェローという男は二つの顔を持っています。

ひとつは表の顔で「ルグニカ王都商人組合代表」です。

 

ルグニカ王国の財政の表裏を取り仕切る辣腕であり、「目利きの加護」によって物の価値を見極めることができます。

 

第三章では、商人たちの支持を獲得するという名目で動いていたクルシュと会談しており、その縁でスバルとも繋がり、「ケータイ」の価値を見出して、クルシュ説得に一役買う役割もこなしました。

 

もう一つの顔は裏の顔であり、「六枚舌」の当代長官です。

「六枚舌」は、亜人戦争を契機にできた諜報機関で、ルグニカ王国の各都市に目と耳を配置し、危険を未然に防ぎ国を守るという大義のある組織です。

 

ラッセルは「六枚舌」に長官として、ルグニカを守るため暗躍を続けており、表の顔はその隠れ蓑にしかすぎません。

 

そんな二つの顔を使い分けているラッセルですが、部下からの信頼は厚いです。

その理由はラッセル自身がルグニカに対して「究極の滅私奉公」をしているためです。

 

ラッセルの心の中には「私」の部分がなく、すべてをルグニカのために捧げ、影から王国を守ることに人生のすべてを捧げています。

 

スポンサーリンク
"
"

【リゼロ】ラッセルは目利きの加護を得た最強の商人

商人とは、良いものを安く仕入れ、仕入れよりも高く売る、これが基本であると思います。

しかし、根底として、いいものを仕入れられるのか、というところは、商人に目利きにかかっていると思います。

 

大体のアニメなどでは目利きは熟練の技であり、長年その道を極めてきた人のみがなせる業という風になっていると思います。

しかし、ラッセルはそこを「目利きの加護」という、ものの良し悪しが見抜ける加護持っているため100発100中で良品の者を見分けることができます。

 

「目利きの加護」は現物が目の前にあれば、その状態や品質に関しては見間違うことはありません。

ただし知識が身につくタイプの加護ではないため、彼の知っているもので無い物が対象である場合、良し悪しが分かるだけで使い方や価値が分かるわけではないのです。

 

このように、商人としては最強と言っても過言ではない加護を持っています。

 

スポンサーリンク

【リゼロ】ラッセルは王都の財政を取り仕切っている?

ラッセルは「ルグニカ王都商人組合代表」です。

「目利きの加護」によって、物の良し悪しを見極めることができ、その加護を上手く活用し、ルグニカ王国の財政の表裏を取り仕切る辣腕の持ち主なのです。

 

裏の顔を隠すための王都商人組合代表という地位を保持していますが、おそらくラッセルの手腕があれば裏の顔のことが無くとも、代表の地位にいて財政を取り仕切ってると思います。

 

スポンサーリンク

【リゼロ】ラッセルはスバルのミーティアに興味がある??

ラッセルはスバルが白鯨討伐の際にクルシュを説得するためにアナスタシアと共に仲間に引き入れた一人です。

その時にスバルの仲間になる条件としてミーティア(スバルのケータイ)を渡す事を申し出ていました。

 

ラッセルは「目利きの加護」を持っているため、スバルのケータイはどんなもので、どう使うのかはわかりませんが、価値のあるものであるということだけはわかるため、商人としては目を付けないわけにはいかないと思います。

 

価値があるものとわかっているが、どんなもので、どんな使い方ができるのか分からないため。スバルの持つミーティアに興味があるように思います。

 

スポンサーリンク

【リゼロ】ラッセルは白鯨に並々ならぬ怒りを燃やす

ラッセルはクルシュとの交渉では、白鯨の出現情報の価値、撃退の価値について熱弁しています。

この時のラッセルは、スバルとクルシュの交渉が進むよう演技した面もあると思いますが、白鯨への憎悪の気持ちも本心としてあったと思われます。

 

ラッセルは、ルグニカ王都商人組合代表の顔を持っているため、単純に商人としては街道に白鯨がいることが、そもそも商業の障害となっていてそれに対しての怒りもあったのではないかと思います。

 

スポンサーリンク

【リゼロ】ラッセルはアナスタシアと親しい仲??

ラッセルとアナスタシアは白鯨戦の際スバル味方としてクルシュの話し合いに二人とも参加していて、親しい仲のように見えますが実際のところは不明です。

 

しかし、ラッセルもアナスタシア二人とも王都商人組合代表とホーシン協会のトップを担っており商業という点ではライバルという立ち位置にあるとも言えます。

 

実際、白鯨戦に移る前、スバルがロズワール邸に戻るため竜車を探しているときにアナスタシアがラッセルがクルシュの元へきている理由に探りを入れて調べていたことから、敵対とは言えずともお互いに動向を気にしている様子が見受けられます。

 

親しい仲とは言えずとも利害の一致による共闘もこれからはあるかもしれませんね!

 

スポンサーリンク

【リゼロ】ラッセルは魔女教徒が王都に来た時に行動を起こす?

アニメ二期までではまだ描かれていないことではありますが、原作では、その先水門都市プリステラのことが描かれています。

そこでは「憤怒の大罪司教」シリウス・ロマネコンティが捕縛されて王都に輸送されています。

 

また、プレアデス監視塔では「悪食の暴食」ロイ・アルファルドがシャマクの塊で拘束され、王都で尋問を受ける予定となっています。

大罪司教が二人も王都に揃うとなると、プリステラと同様に動乱が発生する可能性が高いのではないかと考えられます。

 

そうなった場合、王都を守るためのラッセルが裏の顔「六枚舌」長官として、暗躍する場面も描かれるのではないかと言われています。

 

未だ「六枚舌」のことに関しては多くは語られていませんが、王都を守るために暗躍する組織と言われているため魔女教や王都に敵するものが現れた際には長官として、ラッセルが行動を起こすのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回はラッセル・フェローに関して少し掘り下げてご紹介いたしました。

 

アニメの中では一期の白鯨戦に行くためのクルシュへの対談の際に現れたぐらいであまり重要な人物だと知られていませんが、実際のところは表の顔と裏の顔を持つ、とても重要な人物でしたね!

 

これから先、裏の顔「六枚舌」の長官としての活躍が見れることを期待して再びの登場を心待ちにしましょう!!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です