【リゼロ】ユージンと発された言葉を正気のスバルが聞き間違えた?ベアトリスの福音書には何が書いてある??

スポンサーリンク

今回は第二期32話「ユージン」の話からの記事です!

 

第32話「ユージン」と言えばオットーが・・・・ですよね(・・・←は記事を読んでみてください!)

こんなオットー見たことないよ、って思えるくらいの話になっていました。

 

しかし、まさかの大事な場面で大事なセリフをスバルが聞き間違えてしまう!?

何をどう間違えてしまったのか?そのあとちゃんと理解できたのか?この話でオットーはどう変わってくるのか?

 

様々なことが変わってくる大事な第32話を今回、細かく紹介していきますので是非楽しんで読んでください!

 

スポンサーリンク

【リゼロ】ユージンはアニメ二期の第32話のこと

リゼロアニメ二期の第32話タイトル名が「ユージン」です。

リューズとガーフィールによって呼び出されたスバル、そこで、ガーフィールの姉フレデリカについての話をしました。

 

ガーフィールとフレデリカは兄弟であるが、腹違いの兄弟であることが判明しました。

その話の後に、スバルは自身が聖域の試練を一つクリアしていることを伝え、自分自身が聖域の試練を受け、解放をする考えを二人に説明しました。

 

その話を聞いたリューズが大事な話があると、口を開き、「ここで、スー坊には、おとなしくしてもらわねばならん。ということじゃ」と言い放ちました。

その瞬間ガーフィールに首を掴まれ、スバルは意識を失ってしまいます。

 

その後目覚めたスバルは、手足を縛られ、目隠しもされた状態で聖域のどこかの牢獄に閉じ込められていました。

ガーフィール曰く、聖域から出てきたときから体中から出ている瘴気がより濃くなっていると、スバルのことを魔女教だと思っています。

(スバルが魔女教であり、聖域内で何かもくろんでいると考え捕縛していたみたいですね)

 

その後、手足を縛られ、目隠しされた状態のスバルを助けに来たものがいます。

その人物とは「オットー」だったのです。

 

オットー自身もガーフィールに狙われているため、逃げながら情報集め、スバルのもとへやってきたのです。

しかし、心が病んでいるスバルはそんなオットーに「お前が、なんで助けるのかがわからない」と言ってしまいます。

 

それに対し、オットーは「ユージンを助けようとするのはそんなにおかしいことでかね」と返します。

それに対しスバルは、聞こえなかった振りをして、「ユージン?さん?」と聞き返し、オットー友人、だということを伝えその場なごみます。

 

このような流れで第32話でユージンという単語が生まれました。

 

スポンサーリンク
"
"

【リゼロ】オットーが発したユージンと言う言葉をスバルが聞き間違えた??

オットーはスバルが監禁されているところをガーフィールから逃げながら見つけ出し、助けに来た、スバルにしては英雄みたいな存在ですね。

 

その英雄的な登場のしかたをしたオットーのかっこいい名言。

「ユージンを助けようとするのはそんなにおかしいことでかね?」←いい言葉ですよね。

 

この言葉をスバルはまさかの聞き間違え・・・「ユージンさんって誰?」と返してしまいました。

それに対し、オットーは「ユージンじゃ無くて、友人ですよ友人!」と言い直します。

 

それでオットーがナツキさんと僕は友達なんです!と言い聞かせることにより、やっとスバルに意図が伝わります。

スバルはなぜ、友人という単語を聞き間違えてユージンと聞こえてしまったのか、それは、スバルがオットーのことを友達認識していなかったからと言えます。

 

いろんなことを抱え込み、一人で動き回ることにしていたスバルは友人と言えるような存在を持とうとしていなかったため、「友人」と言われてもすぐにピンと来なかったではないかと思います。

 

スポンサーリンク

【リゼロ】スバルにはオットー以外のユージンは存在する?

リゼロの主人公スバルですが、果たしてスバルにはオットー以外にユージンと呼べるような存在はいるのでしょうか?

 

今まで関わってきた人たち「町単位など」との関係性を考察していきます。

(アニメ第32話までの間で)

 

スバルとの関係性
  • 王都に住む人たち・・・これは仲良く話していたのはカドモンくらいですねユージンとは言えませんね。
  • 貧民街に住む人たち・・・「よう!兄弟。」とあいさつはしているものの、特にユージンと呼べるような存在はいません。
  • ロズワール邸・・・ロズワール、ラム、ベアトリス、この三人はユージンというよりかは利害の一致でいるような感じです。

エミリア、レムに関してはユージンと呼んでもいいかもしれませんが、今回はユージンというよりも恋愛対象としておきます。

  • アーラム村の人たち・・・こちらは主従の関係なのではないでしょうか?
  • クルシュ邸・・・クルシュ、フェリスこの二人は同盟関係なためユージンとは別枠。

ユリウスは友と呼びたかったなどのセリフがあるため、スバルが気が付いていないだけでユージンですね。

ヴィルヘルムはスバルが恩人ということなので ユージンとは違うかなと思います。

  • 聖域内に住む人たち・・・ガーフィール含め聖域内に住む人達は外から来たものを受け入れてはいないのでユージンではないですね。

これらにより、スバルがユージンとして呼べる存在はオットーとユリウスの二人ということになります。

まさかの二人になりましたが、今までの行動などを考えると納得してしまうかもしれませんね。

 

しかし、ユージンとは少し違うが、協力的な関係の人や、一緒に戦ってくれる仲間は確かにスバルにもいます!

今後はユージンと呼べる存在をスバルには増やしていってほしいですね!

 

スポンサーリンク

【リゼロ】スバルとエミリアはユージン??

スバルとエミリアはユージンと呼べる存在なのか??

 

これに関しては色々な意見があると思います。

しかし、私は友達以上恋人未満の存在だと思っています。

 

実際スバルはエミリア「好きだよ」と告白をしていますし、それを一応ではあるものの受け入れているエミリアです。

完全に付き合っているとはいきませんがそれでも、エミリアはスバルを頼っているあたりからも信頼していて好意はあると思います。

 

なので、ここではエミリアとスバルはユージンの関係ではなくそこよりも少し先に進んだ存在ということにしたいと思います。

 

スポンサーリンク

【リゼロ】オットーのユージンが海外でも大ウケ?

このオットーがかっこいい!と海外のリゼロファンにも大うけしています。

今まで、そこまでの活躍を見せていなかったオットーですが、第32話の「ユージン」でスバルに見せた、男前で友情的な姿に世界の壁を超え、人気が爆発的に上がりました!

 

実際に海外の方のコメントでも「OTTO BEST BOY」や「Otto a best tomodachi」など、オットーに対してのいいコメントが飛び交っています!

 

スポンサーリンク

【リゼロ】今となってはオットーがスバルを突き飛ばしたのは黒歴史?

オットーとは、白鯨攻略の時からの付き合いのスバルです。

 

リゼロ二期の「ユージン」では、オットーからの熱い言葉を聞いて、人気も上がってきているオットーですが、皆さん覚えていますか・・・あの悲しい出来事を。

そう、その出来事とは、白鯨攻略を始めて何度目かの死に戻りであったことです。

 

魔女教のロズワール邸の襲撃を阻止すべく、スバルは急いで屋敷に戻ろうとしますが、やはり街道には霧がかかっており、抜けていくのは厳しいかと思っていました。

その時途中で行商人の集まりを見つけ、その人たちに一緒に運んでもらうことにしました。

 

その時に出会い、スバルの乗る竜車を操っていた者こそオットーです。

その後、霧の中に入り抜けていこうとする行商人一行ですが、スバルだけが気付くことのできる事ですが、一人、また一人と存在が消えていったのです。

 

それは、白鯨の能力のせいで、死んだら存在を他の人の記憶から消されてしまうためです。

そして、パニックになっているスバルたちのすぐ隣に大きな何かが近づいていました。

 

その瞬間、その、大きな何かは目を開けました。

正体を白鯨だと認識したオットーは必死に逃げていきますが、執拗に自分たちだけを狙われていることに気づきます。

 

逃げても、この暗闇の中、目印でもないとこんなに自分たちのことを執拗に追いかけてくるはずがないと思うオットーを傍に、スバルは白鯨が魔獣で自分が白鯨を呼び寄せていることに気づき、それを声に出してしまいます。

 

それを聞いたオットーは「ナツキさん、死んでください」と言い、スバルのことを竜車から突き飛ばしました・・・。

勿論、スバルはそこで死に、オットーは「死んで僕を助けてー!」と言い放ちながら逃げ切っていきました

 

アニメ二期の「ユージン」のところに到達しているときの世界とは違うので、オットー自身はそんなことをしているとは知りませんが、知り合い方を少し間違えるだけでここまで人って変わるんだなと思えるシーンですよね(笑)

 

スバルはおそらく覚えているので、ある意味オットーの黒歴史とも言えますね。

 

スポンサーリンク

【リゼロ】ベアトリスの福音書には何が書いてあったのか??

常に禁書庫にいるベアトリスですが、必ず本を持っています。

その本は、魔女教の持っている福音書とはまた別物で、強欲の魔女エキドナが作り出したこの世界に2つしかない叡智の書と呼ばれる書物です。

 

この叡智の書が原因でベアトリスは禁書庫から出ることができなくなったといっても過言ではありません。

実際に、禁書庫を守るよう命令していたのはエキドナ本人です。

 

「ある人がここに訪れるその時まで・・・」という言葉を残しベアトリスの元を去っていきました。

この「その人」というのを300年禁書庫を守りながら待ち続けていたのがベアトリスで、その時に渡されたのが未来や、今後の道しるべとなる叡智の書です。

 

最初のころはベアトリスの叡智の書に何かが書いてあったようですが、現在(スバルと出会った頃)は叡智の書にはなにも書かれていなかったようです。

白紙で、何も書かれていない、何をしたらいいのか分からない・・・とベアトリスも言っていましたね。

 

なので、昔は、何をすべきなのか、どう行動すべきなのか、など書いてあったらしい叡智の書ですが、今現在は何も書かれておらず、きっと自身の考えで道を切り開くことが正解の道なのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回の「ユージン」のことについての詳細な情報いかがだったでしょうか?

とりあえず、オットー・・・・超かっこいい!!!ですよね!

 

違う世界線では、白鯨におびえスバルを見捨てたこともありましたが、それでもそれ以外では、協力的で、頼りになる存在ですね!

第二期から人気が急上昇のオットーに今後も期待しましょう!

 

そして、第二期でいろんな謎が分かってきて、とうとうスバルにデレた「ベアトリス」

これから、きっとスバルとの共闘でよりかっこよく、可愛い姿を見せてくれることを期待して、今後の登場を楽しみにしましょう。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です