【ブラッククローバー】兄に強い劣等感を抱くランギルス!しかし実際は金色の夜明けの副団長!!

スポンサーリンク

今回は最強の魔法騎士団、副団長ランギルスについて魔法や過去、フィンラルとの関係についてまとめていきます。

 

スポンサーリンク

【ブラッククローバー】ランギルスのプロフィール

ランギルスは、フィンラルの異母弟であり、「金色の夜明け」副団長です。

フィンラルの母が亡くなった後に、後妻になった母と共にヴォード家に入ります。

ランギルスは周りと比べて幼い頃から魔法の才能では非常に優秀だったため、ヴォード家の次期当主候補としてもてはやされていました。

ゆえに、兄のフィンラルだけでなく、周囲の人たちも見下すような傲慢な性格をしています。

プロフィール
  • 本名       ランギルス・ヴォード
  • 年齢       20歳
  • 身長       166cm
  • 等級       一等上級魔法騎士
  • 魔法属性              空間
  • 所属       金色の夜明け副団長
  • 出身地    王貴界
  • 誕生日    9月27日
  • 血液型    O型
  • 好きなもの 皮肉、チェリータルト
  • CV 石川界人

 

スポンサーリンク
"
"

【ブラッククローバー】ランギルスは兄に強い劣等感を抱いている

ランギルスは魔法などの能力面は非常優秀なのに、自分に劣る兄のフィンラルに強い劣等感を抱いています

どこで劣等感を抱いていると思いますか?

それは兄フィンラルの「人柄」です。

兄のフィンラルは趣味がナンパかと疑うレベルの女好きではありますが、人一倍優しく、戦いも好まない温厚さで周囲の人たちからの人望を集めているのです。

そんな人望があり人気者の兄に対して、ランギルスは嫉妬、コンプレックスを抱くようになっていったのです。

自分は今まで兄さんを含め、周囲の人たちを見下してきた。自分より人に慕われている兄さんが羨ましい。僕の方が優秀なのに!

と、ランギルス自身心のどこかで思っていたのでしょう。

次第に兄のフィンラルを憎むようになっていました。

そしてさらに、ヴォード家の許嫁であるフィーネス(次期当主候補であるランギルスの許嫁)も兄のフィンラルに心が傾いて行きます。

許嫁のフィーネスはあくまで「ヴォード家当主の許嫁」という立場なので、将来的にはランギルスかフィンラルのどちらかと結ばれることになります。

現時点の許嫁のフィーネスとしてはやはり兄フィンラルに好意を抱いているようです。

この許嫁問題もあり、ランギルスはより兄フィンラルを憎みます。

 

スポンサーリンク

【ブラッククローバー】ランギルスは金色の夜明けの副団長を務めている

「金色の夜明け」は全部で九つある魔法騎士団のうち、最強と謳われている魔法騎士団です。

ランギルスはその最強の魔法騎士団で副団長を務めるほどの実力の持ち主です。

流石の優秀っぷりです。

 

スポンサーリンク

【ブラッククローバー】ランギルスの魔法は空間を司る

そんな優秀なランギルスの魔法は兄のフィンラルと同じく空間魔法です。

ただ、同じ空間魔法でありますが、ランギルスの空間魔法は兄の空間転移系魔法と違って超攻撃型です。

ランギルスが作り出した空間に触れたものは壁や身体などの物質的なもののみならず、魔法なども削り取っとしまいます

手を振りかざすと狙ったところを空間ごと削り取るような魔法。

あとは、球体の空間魔法をいくつも作り出し、それを相手に向かって乱れ打ちする魔法。

ランギルスに向かって魔法を放っても、魔法ごと空間を削られるので勝ち目はありません。

恐ろしいくらいの攻撃力です。

これだけの攻撃力があれば大抵の敵には勝てるので副団長も務まりますね。

 

スポンサーリンク

【ブラッククローバー】ランギルスは選抜試験で禍々しい魔力を宿すようになる

白夜の魔眼を倒すため創設された、選ばれし騎士団ロイヤルナイツ選抜試験でランギルスと兄のフィンラルは戦うことになります。

そこでランギルスは憎き兄を倒そうと序盤から好戦的な態度で挑発していました。

初登場の時から、ランギルスは好戦的ではありましたが、好戦的すぎるので少し違和感を覚えました

その違和感は的中し、徐々にランギルスの暴走が始まります。

試験であるにもかかわらず、フィンラルに瀕死の重症になるまで攻撃をし、最後にはトドメまで刺そうとしたのです。

アスタたちに止められたランギルスですが、そのまま暴走し続けた末に、アスタに敗北しました。

その時のランギルスはなんだか別人のようで狂気に溢れたような感じでした。

魔力も途中から膨れ上がるなどの不可解な点もあり、そして禍々しい魔力の描写、あきらかにおかしい。

 

スポンサーリンク

【ブラッククローバー】ランギルスは転生エルフのラトリとなる??

実はランギルスはエルフの器として「白夜の魔眼」リーダーであるパトリに選ばれており、転生禁術を行うためのなんらかの術ををいつの間にか仕掛けられていたのです。

ランギルスはラトリという、パトリの従兄弟であるエルフ族の器に選ばれていました

そのためラトリの人格とランギルスの人格重なり、おかしくなり、暴走していたのです。

最終的にラトリに人格を奪われてしまいますが、そのあとヤミ、ジャック、兄のフィンラルによって助けられ、事なきを得ます。

エルフ事件が終わり、人格を取り戻したランギルスは、その後負い目を感じて副団長の座を降りることになります

 

スポンサーリンク

まとめ

ランギルスはもともと登場人物としてあまり良いポジションではなく、同じ魔法騎士団という味方ながらも、イヤなキャラクターでしたが、一連の事件のあとはどこか改心した様子もあり、徐々に好感が持てるキャラクターになりました

彼はとっても優秀なのできちんと成長して戻ってきてくれることに乞うご期待です。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA