【ブラッククローバー】ダークドライアドのリーダ格・ダンテ!悪意のままに行動した結果スペード王国を牛耳ることになった!?

スポンサーリンク

週刊少年ジャンプ大人気連載のブラッククローバー作中、最強の悪と呼ばれるのがスペード王国のダンテ・ゾグラティスです。

「黒の暴牛」にとっても厄介な敵になります。

ダンテ・ゾグラティスは一体どんな敵なのか見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

【ブラッククローバー】ダンテのプロフィール

三人の悪魔憑きの魔導士「漆黒の三極性」の一人、緑色の目と黒髪の色白な肌に額に一文字に縫い目のような痣があります

王冠とローブを着用し国王のような振る舞いが特徴になります。

「人間の本質は悪である」を公言する典型的な性悪説の持ち主とされており誰に何を言われても聞こえない程に自分の考えを信じています

また、冷徹で狂気的な上に女好きと正にサイコパスを体現したような性格をしているとされています。

漆黒の三極性の1人です。

 

スポンサーリンク
"
"

【ブラッククローバー】ダンテはダークドライアドのリーダ格

スペード王国の悪魔のような強さと恐ろしさを持つ3人のチームを漆黒の三極性(ダークドライアド)と読んでいます。

ダンテ、ゼノン、ヴァニカのゾグラティス兄弟が悪魔の力を得てから急速に名前が広がっており、ルチフェロと言う最上位の悪魔と契約して使用する「重力魔法」と本人が持つ「肉体魔法」を使用するダンテがリーダー格となっています。

 

スポンサーリンク

【ブラッククローバー】ダンテは自分の悪意のままに行動してスペード王国を牛耳った

元々はスペード王国の兵士だったダンテ・ゾグラティスですが平和な日々に退屈します。

「人間の本質は悪である」を信じ性悪説を崇拝するダンテは自分の悪意が満たされることを望みゼノンやヴァニカと共に反乱を起こします

そして、王族を皆殺しにして国を乗っ取る事に成功したダンテは実質的にスペード王国の支配者となります

 

スポンサーリンク

【ブラッククローバー】ダンテは最上位の悪魔のお陰で重力魔法を操る

3人の悪魔憑きの魔導士「漆黒の三極性」の1人であるダンテに憑いているのは最上位の悪魔と言われるルチフェロです。

ルチフェロは重力魔法を操る悪魔で相手や周囲を押し潰したりする事が可能です。

また肉体や武器の一部に重力を乗せて攻撃力を上げたり、自身や物を宙に浮かせて動かしたり岩石を特定の形にくり貫いたりするなどかなり応用が効き、更に50%以上の解放でダンテは両側頭部から牛のような角と背中に悪魔を模した翼が生え最大のパワーを発揮します。

 

スポンサーリンク

【ブラッククローバー】ダンテは元々持っていた魔法で老いることの無い体を手に入れた?

悪魔憑きの魔導士であるダンテ・ゾグラティスは最上位の悪魔を通した魔法だけでなく本来持つ魔法の肉体魔法も強力になります。

肉体魔法はその名の通り、ダンテ自身の肉体を自在に操る魔法となっています。

これにより自己再生機能の強化や巨大化、肉体強化などが可能になります。

また悪魔憑きとなった事で肉体魔法の能力、特に自己再生機能が大幅に強化され死ぬことも老いることも衰えることもないとされある意味で無敵の存在になっています

 

スポンサーリンク

【ブラッククローバー】ダンテが肉体魔法を使うと容姿に著しい醜さが現れる??

ダンテ自身の肉体魔法と最上位ルチフェロを悪魔憑きとした事で覚醒したと言われるダンテ。

ダンテは悪魔の力を開放すればするほど体を抉られる程のダメージを受けても再生するスピードが早く、巨大化や別の腕を生やす事も可能になっており機動力の高さもそのままで戦闘を行うこ事が出来ます

このとてつもない魔法ですがダンテは「再生と変化時の容姿が醜くなる」と言います。

更には「これを使わなければいけないときは追い込まれてる証拠」と本気を出す時以外は使用するのを嫌っている魔法です。

使うのを嫌っていながらもダンテは喜びも感じており、サイコパスを感じさせます。

このダンテ最大の力をみた「黒の暴牛」団長ヤミは「こいつはもう 人間じゃねーよ」と戦慄するほどです。

 

スポンサーリンク

まとめ

三人の悪魔憑きの魔導士「漆黒の三極性」の1人であるダンテ・ゾグラティスは「人間の本質は悪である」と典型的な性悪説の持ち主で全ての負の感情を悪意と捉えています。

その思考や態度はまさしくサイコパスで更には女好きな一面も持ちます。

そのダンテの本質からスペード王国の兵士でありながら退屈な平和から抜け出す為にゼノンやヴァニカと共に反乱を起こし王族を皆殺し後、恐怖政治でスペード王国を乗っ取ります。

この時にダンテが使った力は最上位の悪魔と言われるルチフェロが憑いた事で得た「重力魔法」と自身が持っていた「肉体魔法」です。

悪魔が憑いた事により更に強化された肉体魔法は無敵ではないかと思わせます。

「黒の暴牛」団長のヤミでさえ戦慄するダンテですが自身と似ているからと興味を抱いていたアスタは「悪い力を正しいことに使えるのも人間だ」と真っ向から対立しています。

こいつはもう、人間じゃねーよと言われるダンテはこの先、どうやって動くのか楽しみにしたいですね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です