【東京リベンジャーズ】巨体と圧倒的な攻撃力!ムーチョこと武藤

スポンサーリンク

 

ムーチョこと武藤泰宏は「関東事変」から活躍が描かれた『東卍(トーマン)』の伍番隊隊長。

『東卍』から『天竺(テンジク)』に移籍した裏切り者にも関わらず、そこから見えた忠誠心の高い性格やパワフルな喧嘩スタイルにファンになる人が続出しているんです。

そこで今回は密かに人気上昇中の武藤をピックアップ!

喧嘩の強さや『東卍』を裏切った理由、『天竺』・黒川イザナとの関係や「極悪の世代」について、などなど武藤について詳しくご紹介していきます!

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】武藤泰宏(ムーチョ)のプロフィール

武藤泰宏はトップだけを残したツーブロックヘアに太眉と重めのまぶたが特徴。

皆からは「ムーチョ」と呼ばれています。

1987年4月28日生まれで、タケミチよりも4つも上の世代。

『東卍』の中では大人なだけあって比較的落ち着いている印象ですね。

マイキーに誘われ『東卍』に入りましたが、「関東事変」で『東卍』から『天竺』に移籍しました。

 

スポンサーリンク
"
"

【東京リベンジャーズ】武藤泰宏(ムーチョ)の経歴と『東卍』での地位

武藤泰宏(ムーチョ)の各チームでの役割や現代での状況をまとめます。

 

スポンサーリンク

『東卍』での武藤泰宏(ムーチョ)

武藤泰宏(ムーチョ)『東卍』の伍番隊隊長。

副隊長に三途(さんず)春千代をもちます。

この伍番隊は『東卍』の風紀委員としての役割を持った特別な部隊「特務隊」。

伍番隊は裏切りそうな人物を調べ上げ、場合によってはマイキーの合意なしで粛清を実行することができるのです。

信用が試される役目だと思いますので、ムーチョがいかにマイキーにとって信頼に足る人物だったか分かりますね。

実際にムーチョは『東卍』を厳しく監視し、怪しい動きを感じたら逐一マイキーに報告していたので、真面目で忠誠心の高い性格だと言えます。

「聖夜決戦」前、『黒龍(ブラックドラゴン)』に移ると言い出した八戒(はっかい)に誰よりも怒りを見せていたのもムーチョでした。

 

スポンサーリンク

『天竺』での武藤泰宏(ムーチョ)

そんな武藤泰宏(ムーチョ)でしたが、「関東事変」で『東卍』を裏切り、『天竺』に加入してしまいました。

突如タケミチ・乾(イヌピー)・九井(ココ)を拉致した上で、“金をつくる天才”である九井を手土産として黒川イザナの元に行ってしまったのです。

 

『東卍』裏切りの理由は、元々『天竺』の創設メンバーだったから。

『天竺』でのムーチョは幹部に名を連ね、「関東事変」後は他幹部と共に逮捕されました。

そして出所後、「関東事変」での裏切りを理由に三途に斬殺されてしまいます。

 

スポンサーリンク

現代でのムーチョ(武藤泰宏)

現代での武藤泰宏(ムーチョ)はタケミチが『東卍』の幹部になっていた「血のハロウィン」後だけに描かれていますが、『東卍』の最高幹部に名を連ねていました。

「関東事変」後の現代では、上記の理由で死亡しているようです。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】武藤泰宏(ムーチョ)は隊長クラスでケンカトップ?

武藤泰宏(ムーチョ)『東卍』でトップクラスの実力の持ち主。

実は特務隊を任されたのには「隊長の中で一番喧嘩が強い」という理由がありました。

三ツ谷、パーちん、スマイリー、そして場地もいる中でマイキーが一番強いと認めたということですね。

強さの秘訣は、持ち前の巨体で柔道技を使う派手な喧嘩スタイルです。

過去には相手をコンクリートに投げつけ下半身不随にさせてしまったことも!

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】皆から恐れられた「極悪の世代」とは?

武藤泰宏(ムーチョ)「極悪の世代」のひとり。

「極悪の世代」とは、「関東事変」の5年前に少年院で出会った黒川イザナ、望月莞爾(かんじ)、灰谷兄弟、班目獅音(まだらめしおん)、ムーチョの6人のことで「S62世代」とも言われています。

全員『天竺』の幹部です。

少年院に入った罪状はそれぞれかなり極悪。

「極悪の世代」の罪状
  • イザナ → リンチにしてきた暴走族を返り討ちにし主犯格の少年を自殺に追い込む
  • 望月 → 喧嘩を止めに入った警察官をボコボコにする
  • 灰谷兄弟 → 当時都内最大級の暴走族『狂極(キョウゴク)』の副総長を病院送りにし死亡させる
  • 班目 → 不明
  • 武藤 → 相手をコンクリートに投げつけ脊髄損傷で下半身不随にさせる

そんな彼らをイザナが圧倒的な暴力で支配しました。

王となったイザナは、彼らに

「いつかみんなで集まろう。その時までもっと極悪(きわめ)ろ」と告げます。

その言葉通り、極悪の世代は出所後それぞれチームを創るなどして名を上げ恐れられていき、『天竺』創設を機に再びイザナの元に集結したのでした。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】少年院からの付き合い!武藤泰宏(ムーチョ)とイザナの関係性

つまり武藤泰宏(ムーチョ)とイザナは少年院からの付き合いであり、『東卍』を裏切る以前からムーチョの主君はイザナだったのです。

2人は強盗・傷害・麻薬など悪いことは何でも一緒にやってきました。

そしてお互い違うチームを創り「極悪の世代」として名を馳せていましたが、ある日突如イザナが一線を退きます。

 

その後ムーチョはマイキーと対戦し敗北。

イザナという絶対的な王がいることを伝えましたが、マイキーに「それでもオレにはオマエが必要だ」と言葉を掛けられ『東卍』に入りました。

『東卍』に入ってからのムーチョはご紹介した通り「特務隊」としてマイキーのために尽くしていたわけですが、それでも裏切ってイザナの元に参じたのはムーチョの義理堅さ故なのでしょう。

 

タケミチの前で呟いた「マイキーと先に出会っていれば違ったのかもしれないな・・・」という言葉に、イザナとマイキーの間で揺らぐムーチョの葛藤が感じられます。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】大決戦!「関東事変」での武藤泰宏(ムーチョ)の暴れっぷり!

武藤泰宏(ムーチョ)は「関東事変」最終決戦では乾(イヌピー)と対峙。

すると勢いよく突っ込んできた乾を、パワフルな背負い投げで一撃でノシてしまったのです。

これがマイキーにも認められた強さ!

ムーチョの数少ない喧嘩シーンが描かれた第160話、豪快なスタイルがかっこいいので要チェックです!

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】『天竺』へと移籍した武藤泰宏(ムーチョ)の真の目的とは?

武藤泰宏(ムーチョ)が『天竺』に移籍して目指したものについてまとめます。

 

スポンサーリンク

『天竺』としての目的

武藤泰宏(ムーチョ)が移籍した『天竺』の目的は「九井一(ココ)の財力」「稀咲(きさき)鉄太のブレーン」「マイキーのカリスマ性」を駆使して最強の犯罪組織を創ること。

『東卍』に勝利し東京中の不良を抱え、日本の闇をすべて牛耳る最強の犯罪組織を創ることでした。

 

『天竺』の中心である「極悪の世代」はこの時すでに18歳。

「関東事変」は暴走族としての勝利ではなく、すぐ先に待つ大人としての未来を見据えた戦いだったということです。

 

スポンサーリンク

武藤泰宏(ムーチョ)の真の目的

ただし「関東事変」の中で武藤泰宏(ムーチョ)は

「天竺(オレら)は何を目指してるんだろうな・・・」

とイザナに心の中で語り掛けることになりました。

それは『東卍』の絆に心震えたから。

タケミチが諦めずに戦い続ける姿を受け、満身創痍だった『東卍』メンバーも奮起しました。

信じたもの、背負ったもののために立ち上がる彼らの姿に、ムーチョは『東卍』と『天竺』の違いを感じたのです。

 

ムーチョが求めていたのは最強の犯罪組織を創るという目的よりも、その組織をみんなでどう創っていくかという気持ちの在り方だったのかもしれません。

心を大事にするという点で、ムーチョも紛れもなく『東卍』にいるべきメンバーだったということです。

 

スポンサーリンク

まとめ

武藤泰宏(ムーチョ)は『東卍』を裏切り『天竺』に行ってしまいましたが、マイキーにもイザナにも忠誠心を持つ義理堅い男だということ。

そして少年院にいた過去を持ち「極悪の世代」という凶悪な枠に分類されていましたが、『東卍』の絆に涙するなどとても人間味のある性格だということです。

イザナと出会いマイキーと出会い、『東卍』に入り『天竺』に入りという彼の経歴を考えると、「関東事変」での動きや心情がツラいほど伝わってきます。

出番は少なくとも十分に魅力を感じられる人物ですので、第206話の番外編も含めてぜひムーチョの活躍に注目してください!

 

この記事の関連記事はこちらです⇩

⇒三途春千夜(さんずはるちよ)について徹底解説!性別や黒幕と・・

⇒人気キャラクターランキングベスト10!1番好きなキャラクター・・

⇒ドラケンのタトゥーにはどんな意味がある?双龍と三ツ谷との関・・

⇒主人公・花垣武道(はながきたけみち)の魅力について徹底解説・・

⇒苦難の道を歩むキヨマサとは?彼に明るい未来はあるのか?・・

⇒東京リベンジャーズ一覧に戻る

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です