【東京リベンジャーズ】8・3抗争とは?なぜ勃発したのか?その結末は!?

スポンサーリンク

 

8・3抗争」はタケミチが『東卍(トーマン)』に関わり始めて以来最初に起こった大きな抗争です。

「8・3抗争」は現代においてあのドラケンがいなくなるかどうかの大事な事件であり、稀咲(きさき)鉄太の暗躍が始まった、物語においても大事な要素。

 

ただしこの一件は原因が複雑に絡んでおり、タケミチも終始探りながら迎えた抗争なので流れが把握しづらい方も多いと思います。

そこでこの記事では、「8・3抗争」の流れについて原因から結末までわかりやすく解説していきます!

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】8・3抗争はなぜ勃発した?ドラケンが殺される!?

まず「8・3抗争」が起こる前、7月の現代の話。

『東京卍會』(『東卍』の正式名称)はマイキーと稀咲鉄太が仕切っているという極悪組織になっていたのですが、過去でマイキーと知り合ったタケミチは「マイキーは信用できる人間だ」と感じたため、現代の彼について調べることにしました。

そしてその過程で再会した千堂敦(あっくん)がこのようなことを言ったのです。

「マイキーが変わったのはドラケンが死んでからだ」

 

実際にナオトが調べると、

2005年8月3日に東京都渋谷区の駐車場で暴走族グループ50人が乱闘し、そこでドラケンがナイフで腹を刺されるなどの暴行を受け死亡したとのこと。

原因は『東卍』のマイキー派とドラケン派の内部抗争ということでした。

それは当時のマイキーとドラケンを知るタケミチにとって絶対にありえない話であったため、再びタイムリープし調べることになりました。

 

スポンサーリンク
"
"

【東京リベンジャーズ】8・3抗争でのタケミチのミッションとは!?

ドラケンが死ぬことを知った7月19日から8月3日まで約2週間の猶予でタケミチがやるべきことは、「8・3抗争」の原因を突き止め、抗争を止めること。

最大のミッションはドラケンを救うことです。

しかしタケミチが過去に戻ると、『東卍』は『愛美愛主(メビウス)』との抗争※をしようとしていました。

その抗争の予定日が、ドラケンが死ぬという8月3日

 

タケミチは内部抗争ではなく『愛美愛主』との抗争だということに疑問を抱きますが、答えを出すことができないため、とにかく『東卍』と『愛美愛主』の抗争を起こさせないようマイキーを説得することにしました。

 

※【捕捉】

『愛美愛主(メビウス)』は『東卍』の2つ上の世代で、新宿を仕切っている暴走族。

『東卍』参番隊隊長パーちんの親友が『愛美愛主』総長・長内とモメ、袋叩きにされたあげく目の前で彼女をレイプされ、親兄弟を吊るされ金を巻き上げられるなど胸糞悪い被害に遭いました。

その親友がパーちんに相談してきたことを受け、マイキーを始めとする『東卍』は『愛美愛主』を潰すために動き出しました。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】『愛美愛主(メビウス)』が『東卍(トーマン)』を奇襲!

タケミチがさっそくマイキーを説得しに行くと、マイキーとドラケン、パーちんと参番隊副隊長ペーやんの4人が話し合いをしていました。

タケミチは『愛美愛主』との抗争を起こさせまいと必死に説得しますが、パーちんを想うマイキーの心は固く、タケミチの話は一蹴されてしまいます。

 

そんな時、なんと『愛美愛主』が突然襲来。

8月3日より前に『愛美愛主』との戦いが始まったのです。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】パーちんの自首とマイキーvsドラケン!

8・3抗争のきっかけとなったパーちんの自首と『東卍』の内部抗争について紹介します。

 

スポンサーリンク

パーちんの自首

『愛美愛主』の襲来に憤激したパーちんが長内とのタイマンに挑みますが、パーちんは一方的にボコボコにされてしまいます。

その後パーちんの想いを受けたマイキーが、長内をハイキック一撃で撃破。

長内が立ち上がるも難なくドラケンに押さえつけられ、『愛美愛主』が『東卍』の傘下となることで事態は終結しました。

 

しかしその時、怒りが収まらなかったパーちんが長内をナイフで刺してしまうのです。

「ゴメン…マイキー。ペーやん…参番隊を頼む。オレ自首する」

パトカーが近づく中、マイキーたちがパーちんを必死に連れて行こうとしますが、パーちんは自らの意志でその場に留まったのでした。

 

スポンサーリンク

『東卍』内部抗争の発生

『愛美愛主』との抗争は終幕しますが、パーちんの逮捕を原因として『東卍』の内部抗争が発生してしまいます。

それは「何としてもパーちんを無罪にし助けたいマイキー」を支持するマイキー派と「パーちんの自首した覚悟を大事にしたいドラケン」を支持するドラケン派の仲違いでした。

しかしタケミチが介入したことでマイキーとドラケンが仲直り。

これで内部抗争の懸念は解決され、タケミチのミッションは成功したはずでした。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】勃発してしまった「8・3抗争」!

ところが8月3日、事態は急変。

 

一部のマイキー派が『愛美愛主』と手を組み「ドラケン狩り」を決行しようとしていたのです。

中心となっていたのは、喧嘩賭博の一件でドラケンに恨みを持っていたキヨマサと、『東卍』が“パーちんが捕まったのはしょうがない事だ”とまとまったことで「東卍がパーちんを見捨てた」と思い込んだペーやんでした。

 

ドラケンはペーやんと『愛美愛主』に襲撃されるも、ひとりで20人を倒し奮闘。

そこへマイキーと『東卍』メンバーが駆けつけ、半間修二率いる『愛美愛主』100人と全面対決になりました。

そう!これこそがドラケンが死ぬ抗争だったのです。

タケミチはこの抗争でドラケンはキヨマサに殺されるのだと気づき、焦りながら必死にドラケンを捜し始めました。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】ドラケン刺される!ドラケンの生死は!?

抗争の最中、ドラケンはどうなったのでしょうか。

スポンサーリンク

タケミチ人生のリベンジ

ペーやんがマイキーと和解する一方で、タケミチはキヨマサの姿を見つけます。

しかしその手には血の付いたドス。

 

なんとドラケンはすでに刺されていました。

タケミチはマイキーに託されドラケンを病院に運ぼうとしますが、キヨマサらに阻まれてしまいます。

これまで逃げの人生を送ることになった原因、因縁の相手であるキヨマサに怯むタケミチ。

 

しかし瀕死になりながらも「ヒナちゃんとエマを連れて逃げろ」と言うドラケンの姿を受け、タケミチは「オレは何しに過去に来たんだ!?」と奮起します。

そしてタケミチは人生のリベンジを懸けてキヨマサに立ち向かい、見事勝利をつかみ取ったのでした。

 

スポンサーリンク

ドラケンの生死は!?

キヨマサを倒したものの、相手はまだ5人残っていました。

腹を刺されボロボロのドラケンと左手を刺されボロボロのタケミチ。

どちらも立つのがやっとの状態で、タケミチは「結局未来は変えられなかった」と諦めながらではありましたが、それでも最後まで力を振り絞りました。

 

するとそこに溝中5人衆が参戦!

以前(第3話)キヨマサに反抗したタケミチの姿が彼らの心を変え、今回の増援に繋がったのです。

 

そうこうしている間に救急車とパトカーが到着したことで抗争は終幕し、ドラケンは間一髪で病院に運ばれました。

ドラケンの緊急手術成功とともに8月3日が終わり、タケミチはドラケンを守るミッションを達成。

ドラケンが生存する未来へと繋げたのでした。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】「8・3抗争」には黒幕がいた!?

8・3抗争」は『東卍』の内部抗争とそれに便乗した『愛美愛主』との戦いに見えましたが、実は抗争の裏にはこの流れを作り出していた黒幕がいました。

それが稀咲鉄太です。

実は「8・3抗争」のきっかけ(パーちんの親友への非道な事件)が起きたのは稀咲の仕業。

 

そもそも長内が総長になったのも、稀咲がこの抗争を経てマイキーに取り入るため(パーちん逮捕の裏で稀咲がマイキーに金でパーちんを救おうと声を掛けていました)、捨て駒にする目的で彼をのし上げたからでした。

そうして長内を踏み台にした稀咲は、次の駒・半間修二を通じてパーちんやキヨマサらを唆し「8・3抗争」を起こしたのです。

 

すべてはドラケンを排除し、自身が『東卍』No.2の座に座るため。

タケミチの介入によりドラケン生存となったものの、稀咲はこの後まんまと『東卍』の参番隊隊長となり、着々と『東卍』へと入り込んでいくことになります。

 

スポンサーリンク

まとめ

8・3抗争」は、参番隊隊長パーちんが『愛美愛主』総長・長内を刺し捕まったことで発生した『東卍』の内部抗争が火種となり起こった『東卍』と『愛美愛主』の全面抗争。

ドラケンが死亡する抗争であり、ドラケンの命を救うことがタケミチのミッションとなりました。

タケミチのミッションは成功しますが、すべては稀咲の仕組んだことであり、ここから稀咲が『東卍』に深く関わっていくことになります。

 

理解できるとこの先の展開もより楽しめるので、ぜひ「8・3抗争」じっくり読んでみてくださいね!

 

この記事の関連記事はこちらです⇩

⇒佐野万次郎(マイキー)の魅力とは?無敵の異名も未来では○○・・

⇒龍宮寺堅(ドラケン)の魅力とは?優しさのヒミツが分かる!?・・

⇒『東京卍會』とは?成り立ちやメンバーについて徹底解説!・・

⇒苦難の道を歩むキヨマサとは?彼に明るい未来はあるのか?・・

⇒主人公タケミチが奮闘する!過去と現代を行き来しヒナを救える・・

⇒東京リベンジャーズ一覧に戻る

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です