PR

スポンサーリンク

【リゼロ】作者公認のチート野郎の祖先・レイド!初代剣聖の名は伊達じゃなかった!!

スポンサーリンク
この記事を読むとわかること
  • 最強クラスの初代剣聖・レイドの力と活躍
  • レイドは剣聖の家系を作り、ラインハルトの祖先
  • 400年前に嫉妬の魔女を封印し、三英傑の一人

今回はレイドに関する情報について紹介していきます。

初代剣聖と謳われているレイドの実力はどのようなものなのでしょうか??

 

スポンサーリンク

 

【リゼロ】レイドのプロフィール

レイドは伝説的に語り継がれている人物です。

初代剣聖の名を持ち、作中では最強クラスの位置に座っています。

あのラインハルトやヴィルヘルムの祖先にあたる人物で、とにかく化け物じみた力を持っていたようです。

作中では既に死亡が確認されていて、いろいろと謎の多い人物です。

活躍としては、嫉妬の魔女と同等に戦えるほどの力を持っていたと言われており、三英傑の一人です。

横並びに位置しているのが、賢者のシャウラ神龍のボルカニカということからも相当に破格のステータスをほこっていることが分かります。

これほどの人物がなぜ死亡したのかは現在判明していません。

誰かに滅ぼされたとは考えにくいために、寿命が来たのか急にマナを使えるだけ使って体の意地が出来なくなったかのどちらかだと思います。

 

スポンサーリンク
"
"

【リゼロ】レイドはラインハルトの祖先にあたる人物

上記でも少し紹介しましたが、レイドは剣聖の家系を作った張本人です。

力があったから剣聖の名に残っているのか、剣聖になるきっかけが先だったのかは分かりませんが、現在のヴィルヘルムやラインハルトが剣聖として騎士を名乗っていられるのはレイドのおかげに他なりません。

ですが、外向きの騎士の姿とは違い、剣聖の一族は常に家族関係に悩まされています。

一番わかりやすいのはラインハルトヴィルヘルムになります。

二人は孫子の関係になっていますが、ヴィルヘルムの妻のテレシアのことをきっかけに仲を違えています

理由としてはどちらが悪いとか言うことではなく、思い違いや信じがたい事件をきっかけに行き違いが起きています。

魔女・パンドラが起こしたテレシア死亡事件はテレシア本人だけでなく、ラインハルトとヴィルヘルムにも影響を起こしていると考えて良いと思います。

そして、剣聖の一家というのは魔女教や魔女からも脅威と見られているだけに何かしらの厄介ごとが度々舞い込んでいるようです。

 

スポンサーリンク

【リゼロ】レイドは伝説の始まり初代剣聖

レイドという人物自体は、スバルが転生した世界では有名な人物です。

一部、知らない人もいますが普通に生活していたら知っているというほどに有名です。

それもそのはずで、レイドは初代剣聖だからです。

現在登場している剣聖といえば、レイドの他にテレシアとヴィルヘルム、それに現在の剣聖のラインハルトになります。

これらの超大物人物の始祖に当たります。

どのようにして子孫を残したのか、だれと成就したのかということは一切不明ですが素行はとても不良だったようです。

後で紹介しますが、復活した際もヤンキーのような話し方をしますし、セクハラ的発言も多いために英雄とは思えません。

 

スポンサーリンク

【リゼロ】レイドは400年前にサテラを封印した三英傑の内の1人

レイドが有名になった理由は初代剣聖だからというだけではありません。

一番大きな要因は400年前に嫉妬の魔女のサテラを封印したことに関係している一人だからです。

嫉妬の魔女というと、他の魔女を全員滅ぼして世界を混沌の渦に巻き込もうとしたことで恐れられている魔女です。

当時、国の傭兵や騎士団も応戦しましたが、全く歯が立ちませんでした。

そもそも強力な権能を持つ他の魔女が勝てないのから、生身の人間では無理があります。

そんな中、サテラに挑んだ三方がいます。

後に三英傑と言われることにはなりますが、その一人がこのレイドだったのです。

嫉妬の魔女との戦闘シーンは描かれていませんが、壮絶な戦いだったことは間違いないです。

 

スポンサーリンク

【リゼロ】レイドは剣聖の加護を受けていない??

レイドは、初代剣聖として剣聖の名を作った人物ですがなんと「剣聖の加護」を持っていません。

剣聖の加護は加護の中でも、依り代にする人間をすごく選ぶと言われています。

剣聖の加護が剣聖の一家に憑き始めたのはテレシアからです。

なので、レイドは剣聖の加護を持たずにサテラとの勝負に挑んだということになります。

レイド自身が他にも加護を持っていないのかは判明していませんが、現在は加護の詳細は出ていません。

 

スポンサーリンク

【リゼロ】レイドの剣技は空間をも切り裂く!?

レイドは初代剣聖だけあって、剣技が破格です。

何かの物体を切るということは当たり前で、何の準備も行うことなく空間を切り裂いてみせます

もはや太刀筋という概念はなく、武器も剣ではなく長い物だったらなんでもいいということで最初の一太刀は箸でした。

 

スポンサーリンク

【リゼロ】レイドがロイの肉体を乗っ取って自由に歩き回る??

レイドが現代で登場したのは、第五章です。

暴食担当のライに記憶や名前を食われてしまったレムとクルシュを元に戻す手がかりを見つけるためにスバルは冒険します。

着いた場所は大図書館プレイアデスという場所です。

この場所の二層に居座り、試験官として登場したのがレイドです。

当初は自我がありませんでしたが、意識を取り戻すとスバルに立ちふさがります。

同じく、暴食担当のロイもレイドを目当てに登場します。

一時は体を食らって、レイドの精神を抜き取ったはずでしたが器の大きさが桁違いだったためにレイドに逆に食われてしまって体を奪われる結果となってしまいました。

このことにより、レイドは自由気ままに闊歩できるという最悪な状況が生まれてしまいます。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回はレイドに関する情報について紹介していきました、

レイドがアニメに登場するとしたら三期になると思いますので、楽しみですね!!

 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA