【ワールドトリガー】チカに恋する少年のユズル!師匠は失踪したけど遠征は目標にしていない??

スポンサーリンク

この記事では『ワールドトリガー』に登場する絵馬ユズルをピックアップ!

絵馬ユズルはB級影浦隊スナイパーの中学生で、中学生らしからぬ狙撃技術と中学生らしい可愛らしさを持ち合わせた見どころいっぱいの少年です。

それでは絵馬ユズルについてプロフィールはもちろん、師匠や二宮隊や雨取千佳との関係、今後の活躍などご紹介していきます!

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】ユズルのプロフィール

プロフィール
  • 絵馬 ユズル(CV.三瓶 由布子)
  • 12月9日生まれ、14歳の中学生
  • くじら座、O型
  • 身長156㎝
  • 好きなもの:カレー、クリームシチュー、チームメイト、師匠
  • 影山隊のスナイパー

目にかかる長めの前髪と伏し目がちな目が特徴。

口数少なくおとなしめな印象ですが、はっきり自分の意見を言ったり、感情が顔や行動に出やすかったりするため、年上の隊員たちにも可愛がられているようです。

好きなものに「チームメイト」と挙げているように影浦隊の面々とは仲が良く、また当真の荷物をどかしてまで千佳と出穂に場所を譲ってあげるなど気遣いや優しさも持っています

トリガーはアイビス・イーグレット・ライトニングのスナイパー用トリガーを全てセット。

他チームの記録はあまり見ないタイプのようです。

 

スポンサーリンク
"
"

【ワールドトリガー】ユズルは中学組トップスナイパー

ユズルはボーダー中学生隊員の中でトップの個人ポイントを保有しています

ボーダーの中学生と言えば緑川駿や黒江双葉、木虎藍、巴虎太郎、日浦茜などの実力者が名を連ねていますが、ユズルはその中で一番ということ。

緑川が10000点弱を保有していることが作中で判明していますから、それよりも高いとなると10000点以上取っていそうですよね。

スナイパーは個人戦がないので訓練や防衛任務やランク戦でポイントを獲得することが考えられますが、もし10000点以上を保有しているならば中学生隊員だけでなくボーダー内でもトップクラスだと言えます。

その実力は、アイビスを中心にした高い攻撃力、天井越しでも仕留められる高い技術、状況ごとに射撃トリガーを使い分けながらガンナー・アタッカーを適切に援護したり敵を足止めしたりできる高い対応力など、攻撃・サポート両面で発揮されます。

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】ユズルの師匠は失踪した??

中学生トップの個人ポイントを保有しているユズルの師匠は鳩原未来です。

鳩原は“人が撃てない”という欠点をカバーするために、“相手の武器のみを破壊する”という技術を身に付けた超技巧派スナイパー。

ユズルの精確な狙撃技術は彼女譲りですね。

しかし鳩原は現在ボーダーにはいません。

鳩原は二宮隊のスナイパーでしたが、半年前にトリガーを民間人に横流しし、そのまま協力者たちと共に門の向こうへと行方を晦ましてしまいました。

鳩原は元々近界民に攫われた弟を探すために遠征部隊を目指していましたが、“人を撃てない”ことが問題視され遠征部隊から外されてしまったようで、ボーダーからの正規の遠征を諦め強硬手段に出たのでしょう。

そして現在鳩原は、ボーダー規定の中で最高レベルの違反行為を犯したということで除隊扱いになっています

失踪した今でもユズルは鳩原を慕っており、師匠面する当真に「オレの師匠は鳩原先輩だけだ」という姿勢を見せていました

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】ユズルは二宮隊のことを嫌っている?

ユズルはランク戦ROUND4で二宮隊から玉狛第二を庇うような動きを見せたのですが、その様子に「お前が玉狛贔屓だとは」と言った二宮に対し、ユズルは「…別にそんなんじゃない。二宮隊(あんたたち)が嫌いなだけだ」と言い返しました。

このようにユズルは二宮隊に嫌悪感を抱いているようです。

その理由は二宮隊がかつて師匠の鳩原が所属していた部隊であり、ユズルは鳩原が失踪した本当の理由を知らないから

実は鳩原の件の真相は上層部と一部の隊員しか知らされておらず、表向きには“隊務規定違反を犯してクビ”ということになっています

なので鳩原の苦悩を知っていたユズルとしては、鳩原がボーダーから姿を消した理由を“人が撃てないことを理由に干されて辞めた”のだと考えていました。

ユズルは二宮隊に対し、何で庇ってやれなかったんだ、何で寄り添ってやれなかったんだと恨む気持ちを持っているのかもしれません。

二宮は鳩原のことを独自に調査するなど今でも誰よりも鳩原を気にかけてはいるのですが、そういったこともユズルは知らないので、鳩原の件に対する苛立ちを二宮隊にぶつけるしかないのでしょう。

そんなユズルの心情を察してか、「嫌いだ」と言われた二宮は「…なるほど」と納得し受け止めていました。

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】ユズルはチカのことが好きになった?

ユズルに関して気になるのが雨取千佳との関係です。

影浦が遊真に言った言葉を借りれば「こいつ、おめーんとこのチビスナイパー(チカ)に気ィあるみたいなんだわ」ってこと。

ユズルは知り合って以来チカに好意を抱いており、ランク戦でチカを助けるような行動をしたり、人が撃てないチカに鳩原が考案した狙撃スタイルを教えたり、大人しいユズルにしては積極的な行動を見せています

その理由には“鳩原みたいになって欲しくない”という気持ちがありました

しかし話している時に頬を赤らめていたり、玉狛第二のログを見ようとしたりと、上記の理由だけに収まらない好意を抱いていることも窺えます。

というか感情受信体質の影浦に言われているのですから、気があるというのは間違いないのでしょう。

それに影浦にバラされた時ユズルは水を吹き出しながらも否定しようとはしませんでしたし、その後の遠征選抜第1試験の時にはチカと同じチームになれるよう祈るなど、その気持ちはもはや隠せなくなってきている様子。

密かに展開する彼の恋愛模様は「ワールドトリガー」イチの青春です。

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】ユズルは遠征を全く目指していなかった

ユズルの所属する影浦隊は遠征を目指していなかったため、ユズルはランク戦ROUND7で遠征部隊入りを目指す玉狛にわざと勝ちを譲るつもりでした。(ユズルだけにbyゾエさん)

チカは単体でも遠征に行くことは決まっていたのですが、「チームで行く方が安心できるに決まってる」とやはり勝ちを譲る姿勢でいました。

しかし荒船に「絵馬が個人で遠征メンバー目指して、玉狛のチビちゃんについて行けばいいだけ」「自分で言って自分で守れ」とアドバイスされたことと、遊真に「どっちにしろ勝つのはうちだ」と宣言されたことでやる気を出し、ユズルも遠征部隊入りを意識するようになりました

そんなユズルは遠征選抜第1試験で、チカと一緒に二宮の隊に組まれました。(チカが二宮隊に選ばれていたため、二宮に「採れ採れオレを採れ」と念を送っていた)

これを機にチカや二宮との関係も何か進展があるかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

【ワールドトリガー】ユズルは射撃訓練で遊んでいる?

ユズルはスナイパーの合同訓練に出席してはいますが、ほどほどに手を抜いています。

「通常狙撃訓練」は直径50㎝の的を撃つ訓練なのですが、ど真ん中のみを撃ち抜いていた奈良坂に対し、ユズルと当真は一緒に的にイラストを描いて遊んでいました。

ユズルの師匠はあくまで鳩原だとは言いますが、こういった手抜き・遊び心は当真から影響を受けていそうですよね。

彼らの実力を奈良坂は「型にはまらない“自由な才能”」と評していました。

個人総合4位の当真はもちろん、ユズルも訓練で手を抜いているわりにトップクラスの個人ポイントを持っているのですから、天性の射撃センスの持ち主なのでしょう。

実際に作者のキャラ評でも「数少ない天才型」と評されています。

 

スポンサーリンク

まとめ

絵馬ユズルは中学生隊員の中でトップの個人ポイントを誇っている天才スナイパー

その実力は師匠の鳩原譲りであり、鳩原がいなくなった今でも慕い続けています。

ユズルは鳩原が近界に渡ったことはまだ知らないですが、もし遠征部隊に選ばれたら近界で再会してしまうなんてこともあるのかなと期待してしまいますね。

そして黙々と任務をこなしている一方で、中学生らしいウブな片想いをしている姿が可愛い!

影浦隊のスナイパーとしてのユズル…恋する中学生としてのユズル…見どころいっぱいの絵馬ユズルの活躍に今後も注目です!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です