【東京リベンジャーズ】本当の黒幕?ラスボス最新考察!きさき・半間の他にもいる黒幕候補!

スポンサーリンク

 

不良漫画でありながらタイムリープというSF要素を含んだ『東京リベンジャーズ』。

12年前の過去と未来(現代)をリープしながら「何故こうなってしまうのか」という謎に立ち向かっていくサスペンス漫画でもあります。

サスペンスに付き物なのが「黒幕」の存在です。

今回は『東京リベンジャーズ』の黒幕について。

これまであがった橘日向(ヒナ)死亡に関わる黒幕候補をきさきや半間・マイキーの他にも取り上げ、関東事変終結までの本当の黒幕や、最終章でのラスボスを考察します。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】黒幕がいる!?タイムリープを繰り返しても日向(ヒナ)が死亡!

2005年7月から「関東事変」が起きる2006年1月までの6ヵ月で、タケミチは8回ものタイムリープをしてきました。

その間に起きた3つの大きな出来事の中で、『東卍(トーマン)』(東京卍會の略称)を巨悪にさせたと推測される要因をタケミチは取り除いていきます。

取り除いた東卍巨悪化の要因
  • 「8・3抗争」:ドラケンの死の回避 → 現代でのドラケンが生存
  • 「血のハロウィン」:一虎の死の回避 → マイキーと一虎が和解
  • 「聖夜決戦」:大寿の死の回避 → 稀咲が『東卍』から追放

しかしタケミチがどんなに過去を変えても現代の『東卍』は極悪犯罪組織のまま。

それどころか橘日向(ヒナ)が死亡する運命は変わらずに、『東卍』メンバーが殺されてしまったり、最終的にはマイキーが死んでしまったりと事態は何故か最悪へと進んでしまうのでした。

日向(ヒナ)の死亡や、『東卍』の極悪犯罪組織化には黒幕がいると噂されるようになります。

 

スポンサーリンク
"
"

【東京リベンジャーズ】黒幕は現代にも登場するキャラ?関東事変までの黒幕候補

どうしても現代の『東卍』が最悪であり続けるということは、黒幕がいるとすればその者が最悪であることを望んでいると考えられます。

そしてその者の目的が果たされると推測される現代に当然存在しているはずです。

つまり黒幕は恐らく現代に登場している人物。

そのような予想のもと、「関東事変」編の開始時点までで過去にも現代にも登場しながら死亡していない主要人物から、次のキャラクターが黒幕候補に浮上しました。

スポンサーリンク

黒幕説・稀咲鉄太

稀咲が黒幕と考えられる理由は、今までの抗争の裏に稀咲の影がある事。

「血のハロウィン」で一虎を操作し、「聖夜決戦」の裏で柚葉が大寿を殺すよう仕向け、イザナに近づいて「関東事変」を起こしてきました。

自ら表に立つことはなく、計算高く人を操って事件を引き起こし、現代ではまんまと総長代理として『東卍』を意のままにしています。

一貫して自分にとって都合の良い『東卍』を創ろうとしているところを見ると、まさに黒幕と言えるでしょう。

しかも「佐野万次郎と稀咲鉄太が出会わなければ今の東京卍會は存在しなかった」と物語当初からキーマンとして登場している人物です。

タケミチが過去現代で出会った者たちは口々に

「稀咲が怖い」「稀咲を殺す」「敵は稀咲だ」

と、稀咲の名を出しており、タケミチは全ての抗争が稀咲によって仕組まれていることに気づいていきました。

これらのことから、稀咲の黒幕説はかなり有力視されるものでした。

 

スポンサーリンク

黒幕説・半間修二

半間修二が黒幕と考えられる理由は、いつも稀咲と一緒にいること。

半間の動きとしては、はじめは稀咲と同じ『愛美愛主(メビウス)』に所属しています。

そして「8・3抗争」後は『愛美愛主』のS63とH1年組を引き連れ『芭流覇羅(バルハラ)』を創設(稀咲は『東卍』にいるので所属は別々ですが、裏では手を組んでいます)。

「血のハロウィン」後は稀咲の手引きで同じく『東卍』に。

「聖夜決戦」など『東卍』時代は稀咲と共に行動。

稀咲が『東卍』をクビになった後は一緒に『天竺』に入隊しました。

このように半間は稀咲とずっと一緒にいるんですよね。

つまり目的は分かりませんが、半間も稀咲と同じく全ての抗争に関わっている黒幕と考えられました。

 

そして彼の一番注目すべきポイントが第32話。

タケミチが現代で初めてヒナに会った時のことです。

2人で公園を訪れていた際、一度タケミチがトイレに行った時に半間が現れるのです。

しかもその際に放った言葉が「あれ?車乗ってねーじゃん」。

これは予め状況を知っていなければ出てこない言葉ですよね。

これにより半間がタイムリーパー説も浮上してきます。

 

スポンサーリンク

黒幕説・橘直人

実はファンの間ではナオトが黒幕ではないかという説も浮上していました。

きっかけとなったのが、半間タイムリープ説を怪しまれた第32話。

半間は予め2人が公園に来ることを知っている口振りでしたが、この日ヒナとタケミチが会うことはナオトしか知らなかったはずなのです。

しかもこの時ナオトはヒナとタケミチが車から降りたことで、1人で車内で待機しているはずなのですが、敦が車に衝突した時には車には何故かヒナが1人で運転席に。

 

ナオトはどこにいたのか…という謎もあり、ナオトが半間に2人の居場所をリークした=黒幕ではないかという説が浮上したわけです。

しかしナオトがヒナを殺害する計画を立てる理由がないですし、この後のタケミチとの協力関係を見れば黒幕とは考えにくいでしょう。

ただし過去のナオトは「時間の無駄は嫌いなんだ」という風に稀咲と同じセリフを言っているため、12年前すでに稀咲がナオトに接触していた可能性があります。

この頃から何らかの関係を築いていたとすれば、ナオトが意図せず稀咲たちに利用されている可能性も考えられたのです。

ナオトはこの点で怪しさを残したままでした。

 

スポンサーリンク

黒幕説・千堂敦(あっくん)

アッくんはタケミチの中学時代の親友で『溝中五人衆』のリーダーです。

タケミチと近しい仲のアッくんですが、黒幕を疑われていました。

それはタケミチ2回目のタイムリープ。

ヒナが死亡する際に巻き込まれた抗争の原因である極悪犯罪組織『東京卍會』、そのトップに立つ佐野万次郎と稀咲鉄太を調べ始めた中での現代での出来事です。

現代で会ったアッくんは、タケミチを線路に突き落としたことを告白するのですが、その際にこんなことを口にするのです。

「オマエが来るのをずっと待っていたんだ」

「オマエ、過去に戻れるんじゃないのか?」

ここまでのことをズバリ言い当てるのは、「何か知っている⇒黒幕なのではないか?」というのが根拠です。

ただし、アッくんに関してはヒナを殺す実行犯であったことが複数回あり、黒幕に使われる側の人間となっていました。

アッくん自身が死ぬ現代を繰り返しており、黒幕であればそんなリスキーなことはしないだろうということから黒幕である可能性は低いともされています。

 

スポンサーリンク

黒幕説・松野千冬

千冬説についてはなんと、根拠がないのに浮上したようです!

一般的な2時間サスペンスドラマなどでよくある設定の「犯人は主人公の近しい人間」を適用した予想と思われます。

ストーリーの裏をかいた人物として、「千冬だったら面白いな」という想像から出てきたのではないでしょうか?

千冬はタケミチの協力者であり、場地圭介をこよなく信奉する忠実なキャラクターです。

場地が認めたタケミチを裏切るような真似はしないでしょう。

そして策略を練るにも作戦メモに「気合!」と書くようなおバカなところがあります。

根拠もなく、キャラクター設定的にも黒幕である可能性は「関東事変」の時点でも限りなく低いものでした。

 

スポンサーリンク

黒幕説・佐野万次郎(マイキー)

マイキーが兄である佐野真一郎の死を受け入れられず、タイムリープを繰り返した挙句に悪い方にばかり進んでしまっているという説もあがりました。

タケミチが何度未来を良いものに変えようとしてもマイキーは闇落ちをしてしまうというところから、マイキーに原因があると考えたものでしょう。

 

スポンサーリンク

タクヤ・真一郎・・・他にもあった黒幕説

他にも黒幕説として挙がったものがあります。

幼なじみのタクヤ説や、佐野真一郎が実は生きていて黒幕だという説、ヒナの父親説、過去のタケミチが暗躍している説・・・。

いずれも想像の域を出ない、物語で描かれていないので何とも言えない説でした。

このように「東京リベンジャーズ」はその謎を含んだストーリー展開から、読者の黒幕への想像力を大きく刺激してきたのです。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】黒幕はタイムリープしている?タケミチの予想は当たっているのか?

9回目のタイムリープで関東事変編に入り、最初の『天竺』奇襲のさなか発せられたタケミチのセリフ。

「もしもオレが未来を変えた後に、さらに未来を改ざんしている奴がいるとしたら?」

これにより、「もう一人のタイムリーパー説」が強まりました。

 

中でも最も怪しいのが稀咲鉄太

タケミチはすべての元凶と言える稀咲を『東卍』から追い出すことに成功したはずだったのです。

しかし現代の『東卍』は過去最悪の状態となり、過去では稀咲が『天竺』として再び『東卍』の前に現れたのでした。

過去を変えども変えども立ちはだかる稀咲と変わらない現代の『東卍』。

そこでタケミチはその理由をこう考えました。

「もしも稀咲もタイムリープしてるとしたら?」

 

稀咲はタケミチが何度過去を変えても最終的に『東卍』を手にしてしまうという点で、タイムリープし修正し続けているのではないかと推測できるのです。

稀咲は作中で「時間の無駄は嫌い」など時間を気にする発言をしていたり、「関東事変を始めようか」など、まるで「関東事変」という出来事をすでに知っているかのような発言をしたりしているんですよね。

その上“ここのポイントを押さえとけば”とでも言わんばかりに、エマを自らの手で確実に殺害しました。

さらには、タケミチが「オレの最後のリベンジだ」と言っているのと時を同じくして「オレなりのリベンジってトコですかね」なんて言ったことも。

稀咲本人か、近くにいる人間がタイムリーパーであれば説明がつきます。

これらのことから「稀咲がタイムリーパーで黒幕説」と「稀咲が黒幕で、それを助長するタイムリーパーがいる説」が有力視されるようになったのでした。

 

スポンサーリンク

関東事変に入って一時黒幕に浮上した黒川イザナ

一時黒川イザナも黒幕説が上がりました。

考えられる理由は、現代の『東卍』の実権を握っているということ。

イザナは真一郎への想いからマイキーに対して逆恨みのような嫉妬心を抱えていました。

そして日本の闇をすべて牛耳る最強の犯罪組織を創り、その真ん中にマイキーを立たせるつもりで、『天竺』を率いて『東卍』を潰しに「関東事変」を起こします。

「関東事変」を変える前の現代ではその目論見通り『東卍』は日本を代表する極悪犯罪組織となりました。

マイキーはその中心で苦しみ『元・東卍』メンバーを皆殺しにした上で亡くなり、稀咲を海外に逃がしてイザナが実質トップとなりました。

思い通りの未来を企て実行した点では黒幕といっても良いでしょう。

 

ただし『天竺』創設前、稀咲がイザナに接触してきた時はかなりやつれている姿だったので、どちらかと言えばイザナは稀咲に利用された形。

イザナ本人も利用されてやっている自覚があったので、“物語の黒幕”とは言いがたいでしょう。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】関東事変終結!きさきがトラックに○○れる!?

こうして数々の黒幕候補が上がる中、「関東事変」の終結を迎えます。

「関東事変」はまさかの稀咲死亡で幕切れしました。

 

稀咲は死の前に、ヒナを手に入れるために『東卍』を日本トップの不良集団にさせ、ヒナにフラれたためにヒナを殺害していたことを告白しています。

長内を操って「8・3抗争」のきっかけとなる出来事を起こし、その他の抗争についても自身で計画したことを話していました。

タケミチは稀咲もタイムリーパーだろうと疑問をぶつけますが、稀咲は「オマエ…まだオレがタイムリーパーだと思ってんのか?」と返してきました。

そして「オレは」と言いかけたところで、なんと稀咲はトラックに引かれて死んでしまったのです。

一体稀咲は何を言いかけたのでしょうか。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】関東事変終結までの本当の黒幕は稀咲だった!残された課題

稀咲の死の間際の告白から、「関東事変」終結までの黒幕は稀咲であったことがわかりました。

しかし、稀咲はタイムリーパーではなかったのです。

このことで、稀咲がタイムリープ出来る何者かの力を借りていた、つまりタイムリープが出来る真の黒幕がいる可能性が残されました。

 

稀咲の死後迎えた9回目の現代は、タケミチ・ヒナ・ナオトそして『東卍』メンバーが生存し、まっとうな未来を歩む幸せなものでした。

ひとり、マイキーをのぞいて。

マイキーだけがまたも新たな極悪犯罪組織『梵天』のトップとなり、日本の闇で暗躍していたのです。

マイキーは過去に用意したタイムカプセルにより、タケミチに自身の「黒い衝動」を告白しました。

これにより、これまでのマイキーの闇落ちの原因は稀咲の暗躍だけでなくマイキー自身にもあったということが発覚します。

8・3抗争の際にパーちんのために悪時に染まろうとするのも、血のハロウィンの際に一虎を殺しかけるのも。

関東事変を変える前には現代で『東卍』メンバーを殺害してしまうのも、すべてはこの「黒い衝動」によるものだったと思われます。

マイキーはヒナやナオトが死ぬ未来について、本人の意図しないところで黒幕だったとも言えるのです。

マイキーの最後の良心はタケミチに助けを求めていました。

こうして最終章では、良心を捨てて「黒い衝動」に身を任せたマイキーと、マイキーの良心を助けたいタケミチとの戦いが始まったのです。

 

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】最終章最新考察!黒幕とラスボスは誰だ!?

2008年を舞台に始まった最終章。

タケミチとマイキーとの最後の戦いとなるはずです。

そこに新たな黒幕がいるとすれば、マイキーの「黒い衝動」を良しとしてカリスマ性を利用して何かを企む者か、かつてのイザナのようにマイキーを苦しめたい者でしょう。

黒幕やラスボスとして怪しまれているキャラクターを考察します。

 

スポンサーリンク

半間修二・タイムリーパー説のある「きさきの刀」

半間は「関東事変」で亡くなった3人の死亡事件の関係者として追われる身となり、逃亡者として描写されたきり未だ登場していません(205話の番外編除く)。

半間が黒幕候補として残ったのは、次のことがあげられます。

  • 悪役側のキャラクターで生き残り続けたこと
  • タイムリーパーの可能性が残されていること
  • 単行本23巻の表紙裏の暗示

初期からのキャラクターで、数々の抗争を乗り越え生き残ったということは、それだけで黒幕候補であると考えうる事実です。

32話でのヒナ殺害現場での言動に加え、稀咲の死の間際のセリフから稀咲の近くにタイムリーパーがいた可能性が残されています。

稀咲のパートナーともいえる存在だった半間は、黒幕候補と言えるでしょう。

さらに単行本の表紙をはがすと、そこには線路上で優雅に椅子に座る半間の姿が描かれており、何かを暗示しているという噂もあるのです。

ただし半間の場合、動機は「マイキーを利用して何かを企む」という線は薄いと思われます。

稀咲といた時も、稀咲に与えられたイベントを楽しむ立場だったということが205話から推察できるからです。

また、半間が稀咲に求めたような「色のある世界でサーカスみたいに楽しみたい」という欲求が「黒い衝動」全開のマイキーで満たされるのかはわかりません。

動機として強いのは、稀咲の刀であった半間が「稀咲を失った恨み」が考えられる線ではないでしょうか。

半間は220話まで登場していないので、徐々に黒幕の線が薄くなっていると考えられます。

もしも再登場を果たし、黒幕やラスボスとして暗躍するのであれば、ストーリーとしてはかなりの飛び道具的なキャラクターの使われ方となることでしょう。

 

スポンサーリンク

三途春千代・トリッキーな「忠犬にして狂犬」

関東事変終息後の現代で突如トリッキーな行動をして注目を集めたのが三途春千代です。

三途春千代は『東卍』時代は伍番隊副隊長として、武藤泰宏(ムーチョ)の元で特務隊を務めていたキャラクターで、そのころはチョイ役と見られていました。

しかし、関東事変の責任を取って少年院に入ったムーチョの出所時に、迎えに行って惨殺するのです。

理由は「マイキーを裏切って天竺に行ったから」。

2008年には『関東卍會』というマイキートップの組織で側近をし、マイキーの無双ぶりを称えていました。

現代では『梵天』の施設の中で、怪しい薬を口にした後、マイキーの命に従って「うっす」と答えるなり三人を銃殺してもいるのです。

これだけのマイキーへの忠誠心と残忍さを合わせ持った三途春千代は、黒幕候補として注目されています。

ただし、忠誠心が強いがゆえにマイキーを操るタイプの黒幕ではなく、マイキーの行動を助長するタイプだと思われます。

動機があるとすれば、「黒い衝動に身を任せるマイキーの無双ぶりを見ていたい」など、少々変態的なものになるのではないでしょうか。

黒幕やラスボスとしては少々弱い動機に思えます。

 

明司武臣・元初代『黒龍』副総長にして『梵天』相談役

黒幕・ラスボス候補として今一推しなのが明司武臣です。

明司は関東事変後の現代の『梵天』でいきなり登場した新キャラクターで、役柄も「相談役」というトップに近しいもの。

そして最終章が進むにつれて最新情報として明らかになったのが、明司は2008年では『梵(ブラフマン)』No.2であり、かつて元初代『黒龍(ブラックドラゴン)』副総長であったのです。

ここにきて浮上したマイキーの兄・佐野真一郎とのつながりであるというのが怪しさの要因の1つです。

『梵』は暴走族よりももっと大人の闇社会に近い集団だと言われています。

その中で明司は、金持ちの後ろ盾を引き受けたり、金持ち相手に「B-1」という喧嘩賭博を開催したりして『梵』を主導しているようです。

これは現代の『梵天』に続く組織の姿のように思えます。

この組織の在り方が黒幕候補の要因の2つ目。

そして、3つ目はタケミチを『梵』に勧誘した事。

『東卍』の志を捨てて『関東卍會』で暴走するマイキーを止めたいといいながら、明司の上記の組織運営は闇への方向を向いています。

明司がタケミチを、「マイキーを手ごまにするための一手」ととらえているように見えるのです。

明司は三途と、『梵』のトップである瓦城千咒(かぶらぎせんじゅ)の兄でもあり、重要なキャラクターと位置付けられるでしょう。

組織の運営やタケミチの勧誘など、何かを企む能力も高そうです。

明司は黒幕・ラスボス候補として目が離せない存在になるかと考えます。

 

黒幕なしでラスボス・無敵のマイキー

明司も三途も従えて、マイキーがラスボスとして独走ということもありえなくはないでしょう。

これまで負けなしの「無敵のマイキー」です。

タケミチ以外に耳を傾けることはないかもしれません。

 

スポンサーリンク

まとめ

先が読めない上に不良漫画としての熱さも兼ね備えた「東京リベンジャーズ」。

第一の黒幕・稀咲の死亡により、後はマイキーとの戦いを控えるのみかと思いきや、怪しげなキャラクターの登場で黒幕議論が熱くなっています。

誰が黒幕なのか、ラスボスとして最後にタケミチに立ちはだかるのは誰なのか、予想するのも「東京リベンジャーズ」の楽しみと言えるでしょう。

最終章とはいえ、『梵』や『六波羅単代』にも気になるキャラクターがたくさんいる状況で、まだまだ何があるかわかりません。

今後もタケミチの奮闘を期待しながら、「東京リベンジャーズ」を満喫しましょう。

 

この記事の関連記事はこちらです⇩

⇒本当に稀咲鉄太(きさき てつた)が黒幕!?なぜ東卍にこだわ・・

⇒ナオトは黒幕なのか?死亡しているのに疑いが消えないのはなぜ・・

⇒主人公タケミチが奮闘する!過去と現代を行き来しヒナを救える・・

⇒あっくん(千堂敦)の未来は変わらない!?果たしてタケミチは・・

⇒佐野万次郎がカッコ良すぎる!その強さや魅力に迫る!マイキー・・

⇒東京リベンジャーズ一覧に戻る

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です