【転生したらスライムだった件(転スラ)】リムルの秘書役のシオン!立ち塞がる敵は剛力丸でねじ伏せる!!

スポンサーリンク

今回は転生したらスライムだった件シオンについてです。

シオンはリムルの配下に加わってからテンペスト王国でたった一人の秘書に選ばれています

 

リムルの身の回りのお世話から各国との商談に代表として出席するなど幅広い活躍です。

愛国心が強くテンペスト王国が襲撃された際には命懸けで守りました。

 

リムルとシオンの出会いから現在に迫っていきます!

 

スポンサーリンク

【転生したらスライムだった件(転スラ)】シオンのプロフィール

シオンのプロフィール
  • 鬼族出身
  • 「暴虐之王」習得
  • 聖魔十二守護王

シオンは上位種族の鬼族出身です

鬼族は戦闘に優れた種族で知能も高く人間に近い見た目をしています。

 

オークロードの襲撃により里は滅ぼされ生き残った鬼族は現在6名だけです。

テンペスト王国を黒幕と勘違いした鬼族はリムルを奇襲しますが圧倒的な強さに何もできず敗北します。

 

リムルにとってもオークロードは倒すべき相手だった為6名を配下に加え名前を授けます

名前はベニマル(紅丸)ソウエイ(蒼影)シオン(紫苑)シュナ(朱菜)ハクロウ(白老)クロベエ(黒兵衛)でそれぞれ見た目と雰囲気から決まりました

 

クロベエは裏方として武具製造に励み他の鬼族はテンペスト王国を代表する戦力に成長しています。

シオンは究極能力「暴虐之王」を習得しています。

 

暴虐之王はスサノオと呼ばれ対象の魔素やエネルギーを吸収する事で自身の能力を底上げが可能です。

対象にした人物が強い程効果が大きい為自分より強い相手でも有利に戦う事ができます。

 

シオンは多くの功績が認められ聖魔十二守護王にも抜擢されました

テンペスト王国の核となる組織でメンバーには原初の悪魔を始めとした強者が集まっており全員究極能力を習得しています。

 

軍事強化や情報収集、戦況の管理など重要な役割を任されているエリート集団です。

 

スポンサーリンク
"
"

【転生したらスライムだった件(転スラ)】シオンの手料理の成長とは!?

シオンの料理の腕前は見違える程上達しました

 

最初は異常な匂いと禍々しいオーラを放つ料理で食べた者は失神するレベルの毒でしたが現在は料理で評判のシュナにも負けないクオリティです。

 

リムルから料理のダメ出しをされて以降必死に練習した事でスキル「料理人」を習得しています。

料理人は自分の想像した通りの味に変換する事が可能な上に料理以外にも事象の変換もできるため戦闘の際にも役立っています。

 

スポンサーリンク

【転生したらスライムだった件(転スラ)】シオンの強さは大剣剛力丸を使うことにある?

シオンは近距離に特化した鬼族です

大剣剛力丸は巨大な大剣でリムルから受け取って以来愛用しています。

 

剣の内部に妖気が入っている為常に属性の追加ダメージを与える事が可能です。

シオンの「暴虐之王」との相性も良く吸収したエネルギーを剣に込める事で規格外な威力を持ち広範囲に振動を起こします。

 

スポンサーリンク

【転生したらスライムだった件(転スラ)】シオンの死亡理由は?

シオンは一度死んでいます

魔王クレイマンの暗躍によってテンペスト王国はファルムス王国から襲撃されます。

 

リムル不在のタイミングを狙った奇襲だった為残ったメンバーで戦いますがシオンだけ戦死しました。

シオンはリムルと交わした「人間を襲わない」と言う約束を守った為に手を抜いた事が原因です。

 

スポンサーリンク

【転生したらスライムだった件(転スラ)】リムルの魔王化によってシオン蘇生?

帰還したリムルは倒れるシオンを見て蘇生方法を考えます。

自身が魔王になる事で蘇生能力を習得できる可能性がある事を聞いたリムルは魔王になる決意をします

 

魔王になる条件は1万人以上の魂が必要です。

そのためリムルはファルムス王国に単独で乗り込みファルムス王国兵1万5千兵を虐殺し魔王に覚醒します。

 

魔王になり蘇生能力を使った事でシオンは復活しました

 

スポンサーリンク

【転生したらスライムだった件(転スラ)】シオンが不死身の能力を手に入れる?

シオンは現在不死身です

リムルによって復活したシオンは鬼人から悪鬼に覚醒し不死身の体を手に入れました。

 

ファルムス戦争の際に戦死した100名のテンペスト民も蘇生されシオンと同様に不死身になっています。

 

シオンはリムルから蘇生した100名を託された事で「ヨミガエリ」と言われる不死身集団を作り自身がリーダーとして指揮を取っています。

 

スポンサーリンク

【転生したらスライムだった件(転スラ)】微笑ましいシュナとシオンのリムルの正妻争いの行方とは??

シオンとシュナはリムルを巡った恋敵です

シュナは家事や裁縫を得意とする鬼族の姫でテンペスト王国では衣装製作を担当しています。

 

料理も得意で性格も優しいため国内の男性陣にはモテモテです。

シオンは正反対に戦闘に特化しており性格も大雑把ですがリムルに対する忠誠心は非常に強いです。

 

リムル自身は2人の好意を配下と主の関係だと思っている為まだまだ結果は分かりません。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回はシオンについてまとめました。

 

シオンはリムルの配下に加わり秘書になってから多くの功績を残しています。

自分を蘇生したリムルに生涯尽くす事を誓っており日々実力を上げる事で多くの役職に付いています。

 

今後のシオンの活躍やリムルとの関係に注目です!

 

この記事の関連記事はこちらです⇩

⇒オーガ族長の息子・ベニマル!!リムルの側近としての活躍が凄・・

⇒物静かなソウエイ!隠密行動でリムルの役に立とうと奮闘する!・・

⇒可愛いキャラランキング!かつてない接戦の末1位のとなったの・・

⇒食えぬじいさんのハクロウ!その落ち着きと剣技はリムルの配下・・

⇒リムルの前に現れた鬼族!名付けられて頼もしい鬼人に!!・・

 

スポンサーリンク

関連記事



1 個のコメント

  • シオンの料理は、『料理人』の確定結果のお陰で味はまともになりましたが……見た目と食感はダメなままですよww
    Web版では、リムル様が30分掛けて説教したそうなので、少しはマシになった可能性もありますが……それに関する描写はなかった気がします。
    書籍版では、18巻時点でリムル様が触らぬ神になんとやらと言わんばかりに放置していますので……ディアブロのお陰でお茶だけは普通に淹れられるようになっただけで、料理の方はお察しですww
    ルミナスと一緒に料理をする約束をしていたようですから……ルミナスに叱られて変わるかも知れませんが……シュナとゴブイチが匙投げているものをどうにか出来るとは思えませんし……
    アニメと漫画版に到っては、最早、料理ではない動いて悲鳴を上げる何かに成り果ててますから……練習云々以前の問題のような気がします……

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です