【七つの大罪】番人として700年間生命の泉を守った孤独の妖精エレイン!彼女の兄弟は?恋人はいる?

スポンサーリンク

七つの大罪で出てくる「エレイン」。

彼女は妖精族で、泉を守っている女の子です。

約1000歳ということです。

見えないですよね。

そんな妖精エレインについて紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

【七つの大罪】泉を守る聖女

人生の半分以上である700年妖精王の森を守り続けています。

人間では実感できない長さですね。

1人でいたという事になりますが、なにをしていたんでしょう。

さぞ退屈だったでしょうね。

 

スポンサーリンク

【七つの大罪】エレインの能力は風

エレインの技は「神風(ミラクルウインドウ)」です。

これは風邪属性の魔力で相手を状態異常にさせるなどの行為かあります。

他にも「そよ風の逆鱗(そよかぜのげきりん)は手を払った先に突風を巻き起こして相手を遠くに飛ばす技。

「金風の逆鱗(まんぷうのげきりん)」は強力を発生させる技です。

大多数の相手を吹き飛ばすほどの威力があります。

「追撃のつむじ風」は名前通り、追撃するつむじ風を飛ばし、敵を襲う技です。

「嵐瀑布(テンペスト・フォールス)」は 覚醒したエレインの必殺技で、巨大な竜巻を複数出現させる技です。

可愛い顔してかなり強いですね。

 

スポンサーリンク

【七つの大罪】兄は妖精王ハーレクインとなったキング

エレインの兄は妖精王であり、「七つの大罪」のキングです。

始めはキングが泉と森を守っていましたが、「七つの大罪」に加入後、エレインが泉を守ることになりました。

 

スポンサーリンク

【七つの大罪】キング亡き後の泉を700年間守る

キングがいなくなってから700年間泉と妖精王の森を守っていました。

そんなときそれを奪うために妖精王の森を目指しました。

しかし、バンが泉の水を飲もうとする前に生命の泉にむかって魔神族が襲ってきました。

バンは急いで魔神族の心臓を取りますが、実は魔神族は心臓が7つあり、1つだけでは意味がありません。

そしてエレインはバンに口移しで水を飲ませ、不死にします。

 

スポンサーリンク

【七つの大罪】至福だったバンとのふれあい

エレインが、森を出て行った兄・妖精王ハーレクイン(キング)に代わり、700年も森を守っていると知ったバン。

エレインの退屈を紛らわせようと、バンは好きなエールラベルコレクションを見せるなどして、二人きりで過ごす間にエレインは、どんどんバンに惹かれていくのでした。

 

そして、7日が過ぎ、バンのエールラベルコレクションの残りも半分になった頃。

「バンが奪いにきたのが『生命の泉』じゃなくて私だったら…良かったのに」

独り言のつもりでエレインの呟いた言葉を聞き、

「んじゃ、そうするか?」「いや~~~本気だぜ♪」

と答えるバン。

更に、エレインの兄・妖精王を連れ戻して自由に身にしてやる、との言葉にエレインはバンに抱きつきます。

 

スポンサーリンク

【七つの大罪】バンの不死の力とエレインの死

blank

バンは魔神族にやられそうになり、エレインが「泉の水を飲んだら傷は治るから」というのをききませんでした。

そんなとき、バンをかばいエレインが殺されてしまいます。

そこでエレインはバンに口移しで水をのませます。

そして不死になったバンは、魔神族と戦い泉と森を守りました。

そして先日、エレインをよみがえらせ、「贈与(ギフト)」でバンは不死なくなりました。

そして2人は仲良く抱き合いよろこびあいました。

 

スポンサーリンク

【七つの大罪】死者の都での再会

blank

いきなり、死者の都で槍で貫かれるバン。

犯人はキングでした。

このときすでに不死だったバンにはききません。

キングはエレインが死んでしまったのはバンが殺したからだと思っていたようです。

実際、バンは否定しませんでした。

きっとバンはエレインを守りきれなかったのは自分のせいだと思っていたんでしょうね。

事実をしったとき2人は仲直りできるのでしょうか?

バンは自分がエレインを殺したと思っているので、その誤解をといてあげたいです。

その役目はキングにしか出来ないと思います。

きっと仲直りできると思います。

そう信じたいです。

 

スポンサーリンク

【七つの大罪】メラスキュラの魔力でこの世へ

blank

蘇った原因は、『十戒』メンバーの『信仰のメラスキュラ』の『怨反魂の法』になります。

『怨反魂の法』は、亡くなった人の未練を増幅させ、やり場のない怒りを生命力として、魂をこの世に呼び戻す禁呪です。

そのため、怒りに抗ったり、未練が消えてしまえば、魂は再び眠りについてしまうそうです。

 

スポンサーリンク

【七つの大罪】愛とエリザベスの力で完全復活

blank

エレインがよみがえった時、バンが「贈与(ギフト)」でエレインに元の力をあげて、バンは不死身ではなくなりました。

エレインは不死身ではなくなったバンを心配するが、バンは「大丈夫、死ななきゃいい話だ」といいます。

 

スポンサーリンク

【七つの大罪】相思相愛でハッピーエンド

blank

「約束どおり奪いにきたぜ」とバン。

その胸に飛び込むエレイン。

もうラブラブですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

blank

バンはエレインを「ギフト」で生き返らせてハッピーエンド!

これから2人はいつまでも一緒にいるでしょう。

これからも仲良くして欲しいですね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です