【ゴールデンカムイ】姉畑支遁までアニメ化!?放送ギリギリというよりアウト?姉畑のヤバすぎる性癖とは?

スポンサーリンク

「ゴールデンカムイ」アニメ3期の放送が2020年10月と迫り盛り上がってきましたね。

とその前に、なんとあの禁断のエピソードがまさかのアニメ化

ファンが「あれアニメ化できるの?」と心配になってしまうエピソードが多いことも「ゴールデンカムイ」の特徴ですが、そんな中でやはり放送されることのなかった、深夜アニメですら取り扱えなかった完全アウトなあのエピソードがついに解禁され話題となっています。

その名も『支遁動物記編』!!

姉畑支遁という刺青囚人のひとりが登場する重要なエピソードであり、原作ファンも多い人気エピソードです。

そこで今回、姉畑支遁とはどのような人物なのか、何故シリーズ中での放送枠をカットされてしまったのか、姉畑支遁との一連の騒動や禁断のアニメ化の詳細までたっぷりとまとめました!

 

スポンサーリンク

【ゴールデンカムイ】入れ墨囚人のひとり 姉畑支遁とは?

姉畑支遁は暗号の刺青をもつ囚人のひとり

北海道の動植物を調査している学者で、動植物をとにかく愛する男です。

容姿や名前のモデルは『シートン動物記』で有名なアーネスト・トンプソン・シートンであると思われます。

ムツゴロウさんのような優しい喋り方と動植物に関する豊富な知識で、チカパシにもすぐに懐かれたとても穏やかな人物。

しかし彼は「ゴールデンカムイ」史上最も読者を震撼させた囚人として名を刻むこととなったのです。

杉元たちは旭川の第七師団兵営から白石を奪還後、釧路方面へと向かった際に彼と出会いました。

 

スポンサーリンク

【ゴールデンカムイ】姉畑が登場したのは何巻?

姉畑が登場したのは11巻108話

釧路の湿原を彩る豊かな動植物を愛でながら、小綺麗な男性が目を潤ませていました。

世界は…こんなにも美しい。すべてが愛おしい…!

それはこちらの心も温かくなるような、北海道の雄大な自然を純粋に愛し尊敬している目でした。

しかしページをめくると、なんと男性は全裸で鹿とウコチャヌプコロしていたのです!

読者に戦慄が走りました。

 

スポンサーリンク

【ゴールデンカムイ】服役している姉畑が犯した罪とは?

姉畑は動植物を愛するあまり、野生動物と獣姦したり樹木で自慰行為を行うという特殊な性嗜好の持ち主でした。

しかも彼は行為をした後に「汚らわしい!」と断じて動物を殺す(木であれば切り刻む)あまりに身勝手な殺戮者だったのです。

釧路湿原で見せた常軌を逸した変態ぶりは鹿・木だけに留まらず、キタキツネやニワトリ、魚のイトウまで追う姿が描かれました。

彼の異常性、彼の愛がいかに深いかが分かりますよね。

姉畑が網走監獄に収監されていたのもそういった性癖が引き起こしたもの

牧場で飼われていた家畜にまで手を出した姉畑は、例によって家畜を殺して回っているうちに牧場主に見つかり、相手を大怪我させて捕まったのでした。

もっと裁きたい点はありますが、投獄理由は一応傷害罪ということですね。

 

スポンサーリンク

【ゴールデンカムイ】アイヌから追われる身となった理由は?

blank

姉畑が釧路で行っていた“動植物とウコチャヌプコロした挙げ句に命を奪う”という行為はすぐに地元アイヌの目に留まりました。

アイヌたちは家畜や野生の鹿を殺して粗末に扱う人間“カムイを穢す人間”として、血相を変えてその犯人を追い始めます

しかし犯人として追われていたのはなんと谷垣

谷垣・インカラマッ・チカパシと出会い一晩を共に過ごしていた姉畑が、彼らが寝ている間に谷垣の銃を盗み、谷垣に濡れ衣を着せたのです。

杉元たちは冤罪で捕まった谷垣を救うため、姉畑支遁を追うことになりました。

3日以内に真犯人である姉畑を見つけられなければ谷垣に刑罰が下されます

しかしそれ以上に杉元たちには急がなければならない理由がありました。

それは姉畑がヒグマに強い興味を示していたということ

姉畑の強い興味…それは即ちウコチャヌプコロ。

姉畑が暗号の刺青ごと食われてしまう前に、杉元たちは姉畑を見つけなければならなくなったのでした。

 

スポンサーリンク

【ゴールデンカムイ】念願のヒグマと遭遇できた姉畑の結末は?

blank

もしもヒグマと交われたなら…醜い私はこの世界とひとつになれる気がする

壮大な目標を掲げた姉畑は、ヒグマとウコチャヌプコロするために鹿を殺したりヒグマの糞を体中に塗りたくったりバッタを食べたりと愛をもって奮闘し、ついにヒグマとの対面を果たします。

姉畑は優しく言葉をかけ交流をはかるも、しかし当然ヒグマには通じませんでした。

そうして姉畑がヒグマに襲われて始めていたところ、ギリギリで杉元たちが到着。

杉元たちは姉畑が食われないよう命がけでヒグマに立ち向かいます。

しかしその横で…「手の力が…もう限界だッ

姉畑はヒグマの腹にしがみついていたのです。

そしてアシリパがヒグマの苦手とする蛇を投げたことでヒグマが取り乱したその時―!

なんと姉畑が見事ウコチャヌプコロを遂げていたのです。

その姿に杉元は「やりやがった!マジかよあの野郎!姉畑支遁すげえッ!」と称賛し、次の話のタイトルすら「さよなら姉畑先生」と“先生”を付ける始末、そして読者もまた妙な感動を覚えたのでした。

しかし杉元が助けに行こうとしたその時には、すでに姉畑は腹上死していたのです。

安らかな死に顔でした。

 

スポンサーリンク

【ゴールデンカムイ】谷垣の誤解は解けた?

blank

その衝撃的な光景はアイヌの村から逃走していた谷垣と尾形、そして彼らを追ってきていたアイヌたちも目撃していました。

なんてこった」「信じられん

一同言葉を失いながらも、おかげで谷垣の誤解は無事解けました

姉畑は杉元によって刺青を剥がされた後に埋葬され、件のヒグマはアイヌたちによって送られた後に汁物に調理されたのでした。

 

スポンサーリンク

【ゴールデンカムイ】「支遁動物記」編がまさかのアニメ化!?

blank

以上がテレビアニメでカットされた「支遁動物記」編。

内容を知れば納得かと思いますが、当時難波日登志アニメ監督から「動物を強姦したり虐殺する描写によってアニメ化当初からNGと言われていた」とTwitterで説明があったほど、原作での人気の高い注目エピソードなのです。

それがこの度ファンの期待に応えついに禁断のアニメ化!

「親分と姫」同様、アニメDVD同梱版という形となりました。

「ゴールデンカムイ」史上最悪の変態、姉畑支遁を演じるのはなんと堀秀行さん

『聖闘士星矢』フェニックス一輝や『ダイの大冒険』ヒュンケルを演じたイケボベテラン声優さんです。

堀さんが姉畑を演じることでもかなりファンを震撼させましたが、姉畑というキャラクターについて堀さんも「えっ!何それ?…いくら放送用ではないにしても、それ大丈夫?ありなの?」とかなり困惑した様子。

監督から「決して変態にはしないでね」と難しい注文を受けつつ楽しみながら演じたそうなので、一体どのような姉畑支遁になったのかも楽しみですね。

DVDは2020年9月18日発売予定の「ゴールデンカムイ」コミックス23巻に付属される形となっています。(予約締切済)

 

スポンサーリンク

まとめ

blank

正直姉畑は、人に聞かれても色んな意味で一番説明しづらい囚人です。

カットされるのも当然の、人によってはとても不快なエピソードだとは思います。

それでも多くのファンの心を掴んでいるのが姉畑支遁の人柄。

堀さんに「変態にしないで」と監督が言ったように、姉畑先生はいたって大真面目に生き物を愛しているだけなのです。

そこが厄介なのですが、目的を成すためにはなりふり構わず、命すら顧みずに突き進み、そして目的を達してしまう姿にはつい尊敬の念をも抱いてしまうのです。

決して許されるべきではない犯罪者ですが、姉畑は「ゴールデンカムイ」の愛すべき囚人のひとり

映像化されるのはとても喜ばしいことですね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です