【チェンソーマン】レゼの気持ちは本物だった?デンジの淡い恋心!読者の心を打つレゼ編の結末とは?

スポンサーリンク

レゼはデンジが出会い恋に落ちた少女です。

美しい顔立ちと赤らむ頬が印象的です。

デンジとレゼは普通の若者がするであろうデートを楽しみました。

若い2人の甘い恋…。

ノスタルジックな雰囲気が漂う切ないレゼとの恋は読者の間でも人気です。

でもこの恋には大人の事情が大きく絡んでいました

レゼの本当の気持ちは?2人の恋の行方は?

レゼ編についてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】チョーカーをつけた謎の美女レゼ

レゼは色白で華奢、頬を赤らめている美女として登場しました。

黒髪をいつも後ろで束ねていて、雨に濡れると顔がわからなくなるほど前髪が長めです。

“田舎のネズミと都会のネズミ”の寓話では、田舎のネズミに憧れを持っています。

レゼは首に黒のチョーカーをつけているのが特徴です。

このチョーカーにはレゼの重要な秘密が隠されていました

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】レゼとデンジの出会いは?

レゼとデンジの出会いは電話ボックスです。

デンジが突然降り出した雨を避けるために入った電話ボックスに後から入ってきたのがレゼでした

前髪も雨で濡れていて、デンジからはレゼの顔がよく見えていません。

レゼはデンジの顔を見て「死んだウチの犬に似てる」と笑いながら泣き出します。

デンジはレゼのために先に摘んでいた花を手品のように見せます。

ありがとう

レゼは花を受け取った時、初めて顔を見せました。

デンジはこの時に恋に落ちてしまったようです。

レゼが初めて会った時に泣いたのは、悲しい宿命を知っていたからかもしれませんね…。

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】レゼの性格は?

よく笑い、よく触れてくれる。

レゼは距離感が近く、デンジはレゼのこの行動だけで自分を好きなのでは?と考えました。

夜の学校ではプールで泳ぐ為に裸になるなど、大胆な行動が目立ちます。

縁日では花火をバックにキスをするなど、シチュエーションには計算高さが現れていますね。

ただ、このレゼの性格は作られたものである可能性が高いです。

レゼは訓練を受けており、目的のために一番最適な自分を演じている節があります。

本当のレゼは、平和で自由な世界を生きたい”田舎のネズミ”に憧れている少女に過ぎません

レゼは最後、デンジの誘いに乗らず1人で旅に出ます。

ここに本当のレゼの性格が現れているのではないでしょうか。

レゼは”これ以上デンジを巻き込みたくない”という優しさを持った少女でした。

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】デンジに逃げようと誘ったレゼ

blank

縁日にデートに出かけたデンジとレゼ。

そこには美味しい屋台、金魚すくい…普通の若者がすることを普通に楽しむ2人がいました。

レゼはデンジをカフェのマスターに教えてもらったとっておきの場所に案内します。

縁日会場から少し離れた場所で、花火が一番綺麗に見えるマル秘スポットなのです。

この場所で、レゼはデンジに「仕事やめて…私と一緒に逃げない?」と誘いました。

デンジはなんでそんなことを言うのかと問いました。

だって私…デンジ君が好きだから

レゼはデンジに告白しました。

デンジはよく考えました。

最近では、ちょうど仕事にも慣れ、パワーの扱いも気難しいアキとの関係も築きつつあり楽しいと感じることも多くなってきていました。

何より、公安を辞めて逃げたらもうマキマとも会えなくなります。

結局、デンジはレゼの誘いを断わります

ここで仕事続けながらレゼと…会うのじゃダメなの?

レゼはデンジの気持ちを見透かしていました

デンジ君、私の他に好きな人いるでしょ?

2人のバックで花火が打ち上げられた瞬間、レゼはデンジにキスをします。

映画のような美しいシーンなのですが、ここが戦いの始まりになってしまうのです…。

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】レゼは悪魔と融合した人間だった?

blank

デンジにキスをしたレゼは、デンジの舌を噛み切っていました…。

レゼは続けて咄嗟にチェンソーを出そうとするデンジの腕をナイフで切り飛ばし「デンジ君の心臓もらうね?」と囁きました。

ビームがデンジを助けに入り間一髪逃げ出しますが、レゼは首に常につけてあった黒いチョーカーに付いている金具を引き、自らの首を爆発させました

その爆発音は花火の音に紛れ、現れたのは禍々しい姿のレゼでした。

レゼの正体は、ソ連の「秘密の部屋」で作られたモルモットと呼ばれる子供でした。

レゼは実験に利用され、銃の悪魔の仲間として悪魔と融合した魔人・ボムとなっていたのです。

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】レゼVSデンジの結末は?

blank

天使の悪魔の血を飲みデンジは復活!

ついにレゼと対決することになります。

俺が知り合う女がさあ!! 全員オレん事殺そうとしてんだけど!!

私がデンジ君を好きなのは本当だよ

デンジは自分を好きだと言ってくれる人を好きになってしまう為、アキに「チョロすぎだ!」と叱られてしまいます。

デンジは恋心を封印、レゼと凄まじい戦いを繰り広げることになります。

レゼは魔人の力の使い方が巧みで、単純なデンジは押されてしまいます。

デンジも戦いの中でチェーンの使い方を覚え、レゼと自分を縛り海の中へ落ちていきました。

レゼのボムの力は水の中では使えません

…2人の戦いの結末は、夜の学校で泳いだ時のように水の中でした。

レゼが目を覚ますと、そこは海辺で隣にはデンジがいました。

殺されるなら美人にってのが俺の座右の銘

デンジはレゼを殺すことはできませんでした。

レゼは今までの表情や頬を赤らめていたのも全部演技だったとデンジに告げました。

一緒に逃げねぇ?

レゼの告白を聞いても、デンジは「まだ俺ぁ好きだし」とレゼとの逃避行を望みました。

去っていくレゼにデンジは「今日の昼に…!あのカフェで待ってるから!!」と声をかけました。

でもついにレゼが来ることはありませんでした

デンジとレゼの関係はここで終わりを迎えたのです。

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】行く手を阻むマキマと天使の悪魔

blank

レゼは1人、新幹線に乗り山形を目指していました

レゼが憧れていた”平和な田舎”に向かっていたのです。

そこに大量のネズミが現れます。

そのネズミは人の形を作り、マキマが現れました。

マキマはレゼに「私も田舎のネズミが好き」と言いました。

なぜなら、駆除するために殺されるネズミを見ていると安心するから…。

それはもちろんレゼに向けられた言葉でした。

レゼは抵抗しましたが、マキマと天使の悪魔の攻撃で命を落とすことになります

レゼは最期の瞬間、デンジに心でつぶやきました。

(デンジ君 ホントはね 私も学校行った事なかったの)

レゼがデンジに言った「16歳で学校にも行かせないで悪魔と殺し合いさせるなんて国が許していいことじゃない」というセリフは、自分の置かれた境遇に対しての怒りでもあったのかもしれません。

激しい戦いを繰り広げたデンジとレゼですが、もっと違う出会い方があればお互いを理解し、想い合うことのできる本物の恋人になれたかもしれません

普通に学校に行って普通に生きていける環境であれば…そう思うと、切ない最期です。

デンジがレゼの死を知らないことは、せめてもの救いなのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】レゼとの戦いでデンジの存在が世界にバレた?

blank

レゼとの激闘は公安がかけた報道規制も及ばず、テレビで大々的に放送され、世間に知れ渡ることになってしまいます。

この報道がきっかけで、デンジ(チェンソーの悪魔)が日本にいることが世界中にバレてしまったのです。

レゼ(ソ連)の目的はデンジを奪うことだけではなかったようです。

デンジ君が私の手にさえいなければいいって事だろうね…

マキマは意味深なことをつぶやきました。

デンジはこの報道がきっかけで世界中から狙われることになっていくのです。

 

スポンサーリンク

まとめ

blank

チェンソーマンの中でも人気の高いレゼ編は、切ないラストとなっています

最初はデンジがレゼの誘いを断り、デンジの誘いを今度はレゼは断り、2人の想いはすれ違ってしまいました。

まだ若い2人が生きてきたこれまでの辛さを思うと苦しくさえなりますね。

レゼは憧れていた田舎を目指していましたが、その途中でマキマたちの手で命を落とすことになります。

デンジに「逃げよう」と言った言葉は本心だったのではないでしょうか。

レゼの本当の願いは、自由で平和な世界を生きることだったのでしょう。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です