【ドメスティックな彼女】ドメスティックな彼女ってどういう意味か考えて、そこからの結末を予想してみた!

スポンサーリンク

大人気漫画「ドメスティックな彼女」、その意味深なタイトルにドメスティックバイオレンス作品だと誤解しないように「DOME×KANO」とタイトルと一緒に表記したり単行本には「バイオレンスな物語ではない」と説明文も書かれています

ドメスティックな意味を考えながら見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

【ドメスティックな彼女】「ドメスティック」(domestic)の意味とは

ドメスティックには2つの意味があり家庭の、家庭的と国内の国政とあります

馴染み深く良く聞く言葉としてはあまり良くありませんがドメスティックバイオレンス通称DVがあります。

ドメスティックな彼女のタイトルから家庭な彼女と見ることが出来ます

またドメスティックは空港でよく見られ国内線という意味で使われています。

その他にも異性同性問わず同棲しなんらかの形で婚姻状態にあることにドメスティックパートナーという言葉があります。

 

スポンサーリンク

【ドメスティックな彼女】過激な彼女?家庭的な彼女?家庭内の彼女?

一見暴力的なイメージがあるドメスティックと言う言葉ですが様々な意味があり「ドメスティックな彼女」では家庭内彼女が当てはまるかと思います。

ナツオ、ヒナ、ルイの両親、藤井昭人と橘都樹子が再婚した事により特殊な環境だからこそ成り立つ恋愛だと思われます。

 

スポンサーリンク

【ドメスティックな彼女】実際のドメカノのストーリー(あらすじ)は?

主人公赤福高校の生徒、藤井夏生(ナツオ)が恋をするのは英語教師の橘陽奈(ヒナ)に想いを寄せるナツオですが同級生から誘われた合コンで出会い処女として見下されるのは嫌だとの理由で名前も知らずにナツオと関係を持った橘瑠衣(ルイ)。

その後、ナツオの父である藤井昭人が橘都樹子と再婚し義理の家族になったのは憧れのヒナ、初体験の相手ルイでした。

1つ屋根の下に暮らす事になったナツオ、ヒナ、ルイの禁断とも言える三角関係を中心に描いた恋愛作品です。

 

スポンサーリンク

【ドメスティックな彼女】「家庭内」の二人の彼女はどんな子?

ナツオの想いを寄せる相手であるヒナは天真爛漫な性格で社交性がありしかも巨乳の持ち主で男子からは絶大な人気があります。

また無類の酒好きで飲み過ぎにより開放的になりトラブルを起こす事も多々あります。

学生時代はヒナの性格が仇になり浮いてしまった所を気にかけていた教師、萩原柊と卒業後に不倫関係に発展してしまいますが家族として心配したナツオとルイの姿を見て別れます。

その後、ナツオに真剣に告白され交際に発展しますが学校に発覚し全ての責任を被りナツオの前から姿を消すことで破局します。

破局後、偶然出会ったナツオに不遜な態度をし、冷たく突き放しますが実際はまだまだナツオに未練があります

一方の妹のルイは姉ヒナとは真逆でクールな性格と物怖じしない発言、そして不器用で周りと上手くいくまで時間がかかる性格です。

ナツオが姉であるヒナに好意がある事を知っており一定の距離を置いていましたがお節介に近いナツオの優しさに惹かれて段々と好きになっていきます。

その事を素直にナツオに知らせるルイ。

ヒナと破局した後もナツオを想い続けそれに気づいたことにより封印した恋愛を解きナツオがルイに告白する事によって交際が始まります

ヒナ、ルイと共に恨みっこなしと発言しておりどちらもナツオを中心に考えている事が分かります。

 

スポンサーリンク

【ドメスティックな彼女】どちらかの彼女と結ばれる?

blank

当初はヒナに憧れプロポーズに近い告白をし、交際する事になったナツオでしたがヒナと破局後に影で支えてくれたルイに気づき交際します。

ヒナは別れた後にルイとナツオが付き合っている事をしり2人を支えると決心しましたが酒を飲み酔うとナツオに対する本音が出るなど未練がありありです。

一方でルイとナツオはルイのアメリカ留学で遠距離恋愛になり上手くいってるようでしたがルイが自身の成長の為と別れを切り出し別れる事になります

留学先では同僚の梶田から告白されますがナツオがと言いアルには運命があるならと嫌いになった訳ではありません。

成長する為と料理の勉強をしているルイでしたが突然味覚障害になります。

原因は同僚によるモラハラによるストレス、梶田からこの事を聞かされたナツオはアメリカに行く事を決意し偶然、アパートに訪ねてきたヒナを振り切りルイの元へ出発します

 

スポンサーリンク

まとめ

blank

大人気漫画「ドメスティックな彼女」。

ドメスティックにも色々と意味があります。

よく聞く言葉はドメスティックバイオレンスとドメスティック自体に暴力を感じさせますが実際は家庭のなどの意味になります

そうするとナツオの置かれた特殊な環境でのドメスティックな彼女はヒナとルイのどちらかになりますね。

破局後もナツオに未練のあるヒナ、アメリカ留学で一旦別れたものの窮地を救われたルイ。

ナツオの未来のシーンからは恐らくこの2人のどちらかで間違いないのでこの先の物語、ナツオがどう判断するか楽しみに待ちたいですね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です