【ドメスティックな彼女】似た者同士のルイと梶田?梶田の告白で二人の関係はどうなる?!

スポンサーリンク

大人気漫画「ドメスティックな彼女」。

ヒナとの破局後にルイと交際する事になったナツオは大学に進学します。

ルイは実の父親である幹本丈と同じ料理人を志し父の経営する店から料理の勉強の為にアメリカに留学する事になります。

そこで一緒に勉強する事になる梶田時弥

見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

【ドメスティックな彼女】ルイと夏生の破局

アメリカ留学したルイとナツオは遠距離恋愛になります。

その後、一旦帰国した日本でナツオに甘えている自分を成長させる為に別れを決意します

懇願するナツオにしっかりと別れを告げアメリカに戻ったルイはアルにナツオと別れた事を話します。

それをたまたま聞いた梶田時弥は動揺します

 

スポンサーリンク

【ドメスティックな彼女】梶田のルイへの思い

どこか似ているルイと梶田、当初は批判が多かったですがすっかり意気投合します

料理人としては一流の梶田にルイはアドバイスを求め互いに夢を追いかけます。

梶田はそんなルイに自分でも気がつかないうちに惹かれていきます

 

スポンサーリンク

【ドメスティックな彼女】ルイを海外に来るよう誘った梶田

お互いに夢を叶える為にルイを海外に来るように誘ったのは梶田です。

ルイには日本にと選択肢もありました。

責任と感じる梶田にルイはあたしは自分で決めて自分の為に海外に来たと答えます

 

スポンサーリンク

【ドメスティックな彼女】梶田の謹慎処分

blank

アメリカに戻って来たルイ、ナツオと破局し悩みを背負っている事に若干の責任を感じています

そんな梶田の耳に同僚がルイの悪口を言っている所に出くわします。

ルイの才能を良く思っていない同僚も多くいる事は感じていました。

梶田は頭に血が上り殴ってしまいます

その殴られた同僚も応戦し取っ組みあいになります。

結果、梶田は3日間の謹慎になります。

何も知らなかったルイですがルイの事が原因だと聞かされます。

梶田の所に向かったルイ、謹慎の事を話し出すと梶田は俺が手を出して 勝手に謹慎になっただけだ、お前が気にすることじゃないと言います。

その後、自身の経験を話す梶田ですがルイにあたしは自分で決めて海外に来たと言われます。

梶田はルイの芯の強さを実感しこれからもお互いに夢に向かって進むもうと握手を交わします

 

スポンサーリンク

【ドメスティックな彼女】梶田からルイに告白。結果は・・・

アメリカ留学で料理の腕を磨くルイ。

料理の師でありお店のオーナーで実の父親、幹本丈からこれから行われるコンテストで入賞すれば日本に戻すかもと伝えられます

梶田やその他の研修生もはりきります。

偶然にも同じ鶏肉での料理になったルイと梶田は協力してお互いを高め合うことを提案しコンテストへ向けて試行錯誤しながらお互いを高めあいます。

そして迎えたコンテスト当日、ルイはナツオも頑張っているからあたしも成長をと思いますがその場の雰囲気にちょっとずつ緊張していきます。

そんなルイに梶田は肩をポンと叩き大丈夫だ、俺らはここにいるヤツらに負けないだけの努力はしたし、最高の料理も用意できてる、落ち着いて練習通り、作ればいいと言います。

それを聞いたルイもだよね、頑張ろうと落ち着きを取り戻し料理を完成させます。

そして、審査を待つ2人。

ドキドキしている待つルイに梶田は自分がいつか店を持ちたいと話しを始めます。

あれはずっと前から考えてたんだ。一人自由に、いい食材で思うままの理想の料理を出す、いつからかそこにいて欲しいと思うようになった

橘、俺はお前が好きだと告白します

突然の告白、ルイが口を開こうとした時、入賞と梶田の名が呼ばれます。

一方、入賞者の中にはルイは含まれず激励賞を受賞します。

打ち上げに参加しそのまま別れる2人、梶田は後日またルイを呼び出します。

俺なら橘を寂しくも不安にさせないと告げる梶田、ルイは嬉しそうな表情を見せます。

似たもの同士だから上手くいくかもしれない、でも好きだって言ってくれたあたしを作ったのはナツオ、諦められないと梶田に返します

梶田は寂しげな表情を見せます。

 

スポンサーリンク

【ドメスティックな彼女】梶田は入賞して帰国、一方ルイは?

入賞を果たした梶田、入賞には及ばずながらも激励賞を受賞したルイ。

2人とも日本に帰国する権利を得ます。

帰国を決めた梶田、一方のルイは入賞出来ずにいた事でモヤモヤがありまだアメリカに残り勉強をすると決断します

お互いそれぞれのやり方で夢に向かって進んでいくことになります

 

スポンサーリンク

まとめ

blank

ルイが成長するためと一旦ナツオと破局した事で急激に距離を縮めた梶田。

不器用で人付き合いも苦手な似たもの同士、お互いを尊重し高めあいます。

そんな中、ルイの料理の才能をやっかみ悪く言う同僚を梶田は殴ってしまいます。

謹慎になった梶田は海外留学に誘った事、ナツオと別れたルイに若干の責任を感じていました

ですがルイは自分で決めた事と言いお互い夢に向かって進もうと言います。

それを聞いた梶田はそんなに弱くないかとルイの事を思います。

その後、入賞者は日本に帰国出来るというコンテストに2人は参加します。

同じ鶏肉料理で挑む2人は梶田の提案で協力し高めあいながらコンテストに挑みます。

コンテスト当日、ルイの緊張をほぐすように肩をたたく梶田。

料理を終え結果を待つ2人、梶田は自身の夢を話しルイと一緒に店をやりたい、お前が好きだと告白します

口を開こうとしたルイを遮るようにコンテストの結果アナウンスが流れ梶田は入賞しルイは健闘及ばず激励賞です。

日本に帰国することが出来る2人でしたがルイはアメリカに残り勉強をすると決めます。

そして、梶田への告白の答えは今のあたしを作ったのはナツオ、諦められないと告げます。

それを聞いて梶田は一緒悲しげな表情を見せますがルイの答えを受け入れます。

そして梶田は帰国しルイはアメリカに残りそれぞれの夢に進みます

似たもの同士の梶田とルイ。

付き合えば上手くいったかも知れませんが別れたとはいえナツオに対する想いがルイの中ではまだまだ大きいようです。

アメリカに残るという選択をしたルイ、これからどう活躍するのかまたナツオに対する未練は断ち切れるのか、はたまたアメリカで新しい恋か始まるのか楽しみにしたいですね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です