最新ネタバレ『キングダム』795-796話!考察!秦軍撤退開始!番吾城へ向かったメラ族は!?

PR

スポンサーリンク

最新ネタバレ『キングダム』795-796話!考察!秦軍撤退開始!番吾城へ向かったメラ族は!?

スポンサーリンク
この記事を読むとわかること

  • 王翦敗走、関常と王賁が合流
  • 王賁の冷静な判断、飛信隊の撤退開始
  • メラ族が番吾城攻め開始の可能性

王翦軍の将たち、そして王賁の命で現れた亜花錦が、全てを懸けて繋ぐ王翦脱出の道。

彼らのおかげで何とか包囲の外へ出ることができましたが、果たしてその道を繋ぎきることはできるのでしょうか。

「復活の根(=王翦)」を託された倉央は初めて見る敗戦の光景の中を駆けていきます。

王翦の首はまだ取られていないとはいえ、中央戦場は王翦軍の敗北ですでに終戦モード。

趙は傅抵軍も投入しながら掃討戦に移行し、この戦いをもって王翦軍は壊滅したのでした…。

となると左右の戦場の運命は!?

第795話『勝つために』は中央が崩れた秦軍の動きが描かれていきます。

 

スポンサーリンク

 

『キングダム』795話!のネタバレ

それでは『キングダム』795話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

関常と王賁が合流

命からがら関常率いる玉鳳軍は中央戦場の乱戦場から脱出しました。

王翦が脱出し、それを司馬尚たちが追ったため何とか脱出する隙が出来たといったところです。

するとそこでちょうど、右翼からこちらへ走ってきていた王賁と出くわしました。

王賁たちはそこで王翦が敗走し、現在も追われている身であることを知ります。

あの王翦が敗北したと知り、皆一様に言葉を失いました。

 

スポンサーリンク

先を見据えた王賁の選択

王賁は100騎を連れて王翦を援けに行くことにし、玉鳳の本体を番陽と関常に任せることにしました。

今すぐ脱出できれば「玉鳳の根幹」を強く残せるので、冷静で素早い判断です。

が、王賁は番陽に飛信隊の脱出も援護するよう指示しました。

7万という倍以上の趙軍と対峙している飛信隊、敗走の流れに変われば脱出することは間違いなく困難になるからです。

しかしそれはつまり「飛信隊を逃がすために玉鳳に血を流せ」と言っているのでは?と関常が抗議しますが、王賁にはこんな考えがありました。

この敗北で秦軍が計り知れないほど力を落とすだろう中で、重要になってくるのは玉鳳・楽華・飛信隊の力!

なので秦が本気で中華統一するつもりなら飛信隊も欠けさせてはいけない!という考えです。

王賁はすでに軍総司令並みの視点、広い視野でこの戦況を見ていました。

 

スポンサーリンク

屈辱の二連敗

その頃、飛信隊のもとにも王翦敗走の報が届きました。

包囲戦になっていない今のうちにすぐ脱出しなければと河了貂。

しかし信は「飛信隊の力でどうにかできないのか」と、撤退の選択を受け入れられませんでした。

今回飛信隊は李牧を追って空振って戻ってきただけなので、挽回したいところなのです。

何せこのまま撤退すれば去年に続き二連敗。

李牧に対し、また何もできずに負けて逃げるということなのですから。

しかし次に繋げるため、勝つために今は逃げるのだと河了貂に説得され、屈辱を受け入れて飛信隊は撤退を開始しました。

 

スポンサーリンク

玉鳳と合流

当然趙軍左翼にも王翦敗走の報が届いたため、撤退の動きに移行した飛信隊に連動するように彼らも追撃戦を開始しました。

倍の兵力差だけに飛信隊はすぐに捕まり始めてしまいます。

するとそこへ関常&番陽率いる玉鳳軍が到着!

「我らと生き残って後で直接賁様に深く頭を下げよ!」という番陽の言葉に誓った上で、飛信隊&玉鳳の決死の撤退戦が始まりました。

 

スポンサーリンク

メラ族は番吾城攻めを開始?

もちろん趙左翼と秦右翼にも王翦敗走の報が届いていました。

こちらの動きも当然、秦軍が撤退、趙軍が追撃戦となります。

楊端和は殿をフィゴ族にと指示し、各軍に撤退命令を出しました。

気にかかるのはメラ族。

彼らの後を追った黒修馬族が途中で襲われているので、キタリたちが単独で番吾城に行った可能性に気づきます。

楊端和はキタリの元にも急いで撤退を知らせる早馬を送り、今すぐ逃げろと祈りました。

その頃キタリたちはすでに番吾城に到着していました。

秦軍敗北で終戦モードの中、メラ族の動きが注目されます!

 

スポンサーリンク
"
"

キングダム』ネタバレ795-796話のまとめ

王翦敗走を受けての各戦場の動きが描かれました。

当然秦軍は撤退へ、趙軍はそれを逃さんと追撃へ、という動きになり秦軍にとってキツイ展開となりました。

前回の趙北部攻略戦に続き秦軍が李牧に大敗北という結果、しかも今回は何もできなかった信の震えるほどの悔しさが伝わります。

そんな中、今回は終始王賁が心強かったですね。

撤退にあたっても、自軍が壊滅するかもしれないというこの極限の状況で、秦国の先を見据えて飛信隊が必要だという判断。

飛信隊がやる印象のそうした動きを玉鳳がやるのが熱い!

王賁の飛信隊に対する評価や絆が感じられましたね。

秦軍は何とか被害を最小限に収めながら撤退して欲しいです。

そして注目は番吾城。

番吾城の前で「そろそろ開くぞ」と言っているので、メラ族小隊はすでに番吾城に突入するところまで行けているっぽい?

ここまで来たら壁たちを救出して欲しいところですが、しかし秦軍が援軍に行ける状況ではない、むしろ趙軍がいくらでも押し寄せそうな状況となっているので不安です。

窮地にある秦軍と、その戦況を知らない番吾城のメラ族…それぞれの動きから目が離せません。

 

あいり
読者の皆さまがこの後に読んでいる記事はこちらです。

⇒『キングダム』796話!壁とキタリが再会!キタリの意思がかっ・・

⇒『キングダム』794話!亜花錦が王翦を立て直す!ただし王翦軍・・

⇒『キングダム』793話!田里弥まで…!王翦軍の崩壊が止まらな・・

 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA