最新ネタバレ『ヒロアカ』419-420話!考察!AFO復活!死柄木消滅?両手欠損のデクに援軍到着!【オマケ】は人気投票の新十傑!

PR

スポンサーリンク

【ヒロアカ】419話ネタバレ最新!AFO復活で死柄木消滅?両手欠損のデクに援軍が到着し、驚愕の展開へ!オマケは新十傑の人気投票結果!

スポンサーリンク
この記事を読むとわかること

  • AFOがデクたちの足元から出現し、死柄木を乗っ取る。
  • デクは両手を失い、深層世界でのダメージが現実世界に反映される。
  • クラスメイトたちがデクのピンチに駆け付け、相澤が復活する。

深層意識の中、体育座りで小さく縮こまる転孤。

みんな嫌いだと思う気持ちが強まり、抱きしめていた愛犬モンを崩壊させてしまいます。

転孤の個性が発現する場面に遭遇するデク。

ここが核心だと転孤の両手を無我夢中に掴ます。

お互いの感情が流れ込んでくる中、転孤は手を繋ぐことで安心感を覚えます。

子供心にオールマイト役にはなるつもりはありませんでした。

自分は悪意を持って破壊するヴィランだからです。

スピナーらヴィランの仲間たちのヒーローになろうとした死柄木。

デクの心が死柄木に通じたかに見えた矢先です。

突如としてAFO(オール・フォー・ワン)がデクたちの足元から出現してきました!

 

スポンサーリンク

 

『僕のヒーローアカデミア』419話のネタバレ

 

それでは僕のヒーローアカデミア第419話『DESIGN』の要点をまとめてみました。

内なる世界で出づるAFO。

死柄木を説き伏せて、最終決戦も終わりかと思った瞬間のラスボスです。

既に表紙もデクとAFOの対立構造のレイアウト。

転孤に対して相当ご立腹のAFOを見る限り、どうやら死柄木の個性に一枚絡んでいたと思われます。

両腕を失ったままのデク。

“先生”と呼ばれていたAFOの壮大な計画が明らかになります。

時間のない場合は目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

仕組まれた家族計画

 

死柄木を説得したデクに恨みつらみのAFO。

その一方、転孤の心が押し負けたことで再び意識を取り戻すができました。

AFOは恩着せがましく折角導いてきたのにと転孤を見下します。

精神世界で肉体が崩壊している死柄木には、言っている意味が分かりません。

自らの選択を主張する死柄木ですが、これを否定するAFO。

死柄木に意志力を生じさず、自由意思を逆向けにする事が肝要だったのです。

OFA(ワン・フォー・オール)五代目の万縄と六代目の煙に接触した際、AFOは確信しました。

OFA奪還のためには、OFAを上回る意志力が必要である事をです。

オールマイトの意思力を削ぎうる魂は、最も強き感情にして原始の欲求でもあります。

憎しみを醸成する苗床をOFAは孤太朗に仕込んでいたのです。

死柄木の中に父親の記憶が混濁してきます。

ヒーローを信じきれないご時世において、助け合う兄弟は必要だと話す孤太朗。

死柄木の姉である華はOFAにとって成長し過ぎていました。

AFOは目立つことなく孤太朗を後押しするだけでした。

 

スポンサーリンク

乗っ取り

 

やがて志村家に転孤が誕生します。

生まれた転孤の頭を撫でるAFO。

と同時に両親から授かったまだ見ぬ因子を転孤から抜き取っていたのです。

弧太朗には抑圧を増進させ、転孤にはヒーローへの憧憬を与えつつ、頃合いを見て老人の姿で転孤に声をかけるAFO。

車通りが多くて危ないからと転孤に手を繋いでもらいます。

ドクターの施設にあった個性の中には、破滅のみに進む粗悪な複製品がありました。

AFOはこのタイミングでコピーを転孤に与えていたのです。

真実を知った死柄木は自我が崩壊していきます。

息遣いは荒くなり、身体にも亀裂が生じます。

悲劇も、否定も、試練も、肯定も、全てAFOが死柄木に与えたものだったのです。

変わらない信念を持っていた死柄木でしたが、恥を知れと容赦ないAFO。

死柄木は完全に粉々になります。

本来OFA奪還後に切るカードでしたが、最早OFAにも余裕がありません。

僕の身体から消えろと死柄木の心を殺し消去にかかります。

 

スポンサーリンク

両腕を失うデク

 

現実世界に戻りました。

死柄木の身体を乗っ取ったAFOですが、不満げな様子がありありです。

弟の与一はもう存在しません。

自らの中期目標が途絶えてしまいました。

AFOの口には死柄木の余韻である手の形が生えてきました。

しかし怒りや悲しみの感情は消え去っています。

死柄木が死んだとAFOは判断します。

何年もかけて捜した器は喪いました。

弟も喪いました。

残るは虚しき最終目標へ移行するAFO。

即ち世界へ打って出るつもりです。

そうはさせないデクでしたが、現実世界でも両腕が欠損していました。

深層世界でのダメージが肉体に反映されたのです。

まだだと抗おうとするデク。

人は喪う事で強くなり、その物語性を確立していきます。

最初から喪うものがないデクの末路は必然だと思うAFOがトドメを刺そうとします。

 

スポンサーリンク

復活の相澤

 

デクのピンチに颯爽と登場した瀬呂が駆け付けました。

助けに来たクラスメイトは他にもいます。

シュガーナックルと尻空旋舞の同時攻撃。

砂藤と尾白です。

皆の無事を知ったデクに対して、さらに声をかける人物がいました。

待たせてゴメンと言いながら、ワープゲートより現れた希望。

イレイザー・ヘッドこと相澤消太です。

 

スポンサーリンク
"
"

『僕のヒーローアカデミア』419-420話の考察まとめ

自分が決めつもりの人生が、実は他人から用意されていたものだとしたら?

釈迦の掌で弄ばれていた感のある死柄木。

これが今までの悪行に対する罰とは思えませんが、ショックな真実には間違いありません。

また「崩壊」の個性の正体も明らかになりました。

結論からいえば「崩壊」とは、治崎廻の個性である「オーバーホール」の劣化版です。

AFOの説明にあった“可逆性”とはオバホの“修復”を指し、要は“分解”に特化した複製品ともいえるでしょう。

かくして死柄木を乗っ取りに成功したAFO。

外見から判断すると30~40代ごろとみるべきでしょうか。

「あ~あ」と嘆いている単語を重ねた吹き出しの表現が面白い。

オールマイトとの戦いでは全盛期の10代に若返り、最後は赤ん坊に退行したりと目まぐるしく変化したAFOでしたが、この姿が恐らく最終形態のようです。

一方、両腕を失ったまま現実世界に帰還したデク。

ここまでボロボロの主人公とは酷すぎる。

ロケットパンチがなくなったマジンガーみたいです。

デクの両手が復活する場合、エリちゃんの「巻き戻し」、またはオーバーホール。

発目による義手の可能性もありますが、それは少し可哀想ですね。

クライマックスはA組で見せ場のなかったクラスメイトたちが参戦しました。

そして相澤の復活です。

ワープゲートが黒一色ではなく、白い部分も描かれていることに注目。

白雲の人格が相澤を手助けしているとも解釈できます。

 

スポンサーリンク

【オマケ】ヒロアカ第9回キャラクター人気投票結果

 

お馴染みの人気投票も既に9回目を数えることになりました。

これはスゴイ。

投票数も過去最高の10万票超と盛り上がりを見せたようです。

 

まずはベスト3の発表です。

第1位:かっちゃん

第2位:デク

第3位:焦凍

もうね、これは様式美というかデフォ状態です。

爆豪が今回も盤石でした。

かっちゃんは第2回以降ずーっと首位をキープしています。

おめでとうV8。

というか復活して対AFOの掲載が投票期間中とか反則でしょうに…

面白いのが31位以降のノミネートですね。

第75位:堀越先生が岡本信彦さんの誕生日に贈った爆豪勝己

第100位:爆豪勝己の球の汗

ほかにも、爆豪勝己の籠手、爆破の個性など、出てくる出てくる。

ネタ成分含めての愛されキャラです。

ちなみに2~3位も固定メンバーでした。

 

次はベスト10まで一気に紹介していきます。

第4位:荼毘(燈矢としては別枠で152位)

第5位:ホークス

第6位:エンデヴァー

第7位:切島

第8位:飯田

第9位:お茶子

第10位:障子

お茶子が返り咲きして、オールマイトがベスト10圏外でした。

障子は同じ異形でありながらスピナーと戦うエピソードが熱かったので、ランクインも納得の結果です。

そして新十傑が一堂に会した恒例の扉絵。

前回はスチームパンク風でしたが、今回はドラゴンとの空中散策でした。

ジャケットに身を包んだコスチューム。

服装に記載された順位を示すナンバリング。

そしてドラゴン。

もしかして鳥山明先生リスペクトかなぁと勝手に想像したり。

エンデヴァーと荼毘が同じドラゴンに乗っている構図にニヤリとさせられます。

 

あいり
読者の皆さまがこの後に読んでいる記事はこちらです。

⇒『ヒロアカ』421話!頑張れデク!ヒーロー全員集合で最終決・・

⇒ヒロアカ420話!白雲の意識が蘇る?エリちゃんの巻き戻し発・・

⇒ヒロアカ418話!死柄木はヴィランのヒーロー!?AFOが真・・

⇒『ヒロアカ』417話!死柄木の深層心理に辿り着いたデク!崩・・

 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA