【進撃の巨人】地下室にあった1枚の家族写真!グリシャは壁の外から来ていた!?地下室に眠っていた情報とは?

スポンサーリンク

地下室にあった1枚の家族写真

グリシャは壁の外から来ていた!?

エレン家の地下室に眠っていた重要な情報とはなんだったのでしょうか。

この情報を知ったエレンは今度どのような行動にでるのでしょうか。

 

スポンサーリンク

【進撃の巨人】父から受け継いだ地下室の鍵

エレン・イェーガーは父親であるグリシャ・イェーガーから受け継いだ地下室のカギを肌身離さず持っていました

そしてそのカギは地下室の扉のカギではなく、重要な情報が閉まってある引き出しのカギでした。

 

スポンサーリンク

【進撃の巨人】ウォールマリア奪還後に地下室へ

エレン・イェーガー、ミカサ・アッカーマン、リヴァイ・アッカーマン、ハンジはウォールマリア奪還後に地下室を訪れました。

第一話から登場した地下室ですが、ここまでずっと謎に包まれたままでした

エレン一行は地下室に入り、謎を解明することになります。

 

スポンサーリンク

【進撃の巨人】地下室にあった3冊の本と写真

地下室には鍵穴がある引き出しがありました。

エレンが持っていた鍵で引き出しを開けると中から3冊の本と写真がでてきました

 

スポンサーリンク

【進撃の巨人】①グリシャ・イェーガーの半生

blank

グリシャ・イェーガーが生まれたのはマーレという国で、エレンたちのいるパラディ島とは海を隔てた国でした。

そこで初めてエレン達はパラディ島が海に囲まれた島であることを知ります。

グリシャ・イェーガーはマーレで生まれましたが、エルディア人であったため、迫害を受けていました

エルディア人はエルディア人収容区に住むというきまりがあり、グリシャ・イェーガーはエルディア人収容区に住んでいました。

グリシャ・イェーガーには妹のフェイがいました。

ある時エルディア人収容区の壁の外に許可無く出たグリシャとフェイでしたが、そこでフェイがマーレ人に殺されてしまいます

グリシャ・イェーガーはこの事件をきっかけにマーレ人を恨むようになります

そのあと18歳になったときにグライスという人物に出会いエルディア復権派となります。

エルディア復権派として活動していたグリシャ達のところにある日、フクロウと呼ばれるエルディア復権派を裏から支えているマーレ側の内通者からダイナ・フリッツが送り込まれます。

ダイナ・フリッツはフリッツ王家の血を引く人物で、ダイナ・フリッツがエルディア復権派に入ることにより、「始祖の巨人」に関する計画が動き始めます

グリシャとダイナは結婚し、ダイナ・フリッツはジーク・イェーガーを産みました

グリシャとダイナはジーク・イェーガーをエルディア復権派のマーレ戦士に仕立てようとしていました。

しかしジークがグリシャとダイナがエルディア復権派であることを密告し、ダイナは巨人化されました。

グリシャにも危険が及びそうなところで、フクロウことエレン・クルーガーが巨人化しグリシャの命を救います。

そのあとグリシャは注射で巨人化しクルーガーを食べることによって進撃の巨人の力を継承しました。

進撃の巨人の力を継承したグリシャは、壁の中の王までたどり着き、フリーダ・レイスを食べることで始祖の巨人の力も継承しました。

そのあと息子であるエレンを注射で巨人化させ自分を食べさせることによって、進撃の巨人と始祖の巨人の力をグリシャからエレンに継承しました

 

スポンサーリンク

【進撃の巨人】②巨人と知りうる歴史の全て

blank

巨人についての謎は、パラディ島になぜ巨人がいるのかという謎です。

パラディ島に巨人がいるのは、マーレ国が送り込んでいたからでした。

マーレ国はパラディ島にエルディア人を送り、注射を打つことによりエルディア人を巨人化させていました。

マーレ国は巨人を兵器として利用していたのです。

およそ1800年前に、エルディア人の始祖「ユミル・フリッツ」が大地の悪魔と契約を結び、巨人の力を得ました。

巨人の力は絶大で、敵対関係にあったマレーを圧倒し、エルディア国が世界最強になり、ユミルが死んだ後、巨人の魂は九つに分けられました

 

スポンサーリンク

【進撃の巨人】③壁外世界の情報

壁内の人間は、王の始祖の巨人の力により記憶を改ざんされていました

壁内の人間は、壁外の人類が滅んでいるという間違った記憶にされていましたが実際は壁外の人類は滅んでいませんでした

 

スポンサーリンク

【進撃の巨人】敵の正体は世界?

blank

エレン達にとっての敵はマーレ国だけだと思われていましたが、そうではなくバラディ島の外の世界はすべて敵だということが分かりました

世界の人々にエルディア人は恐れられており、悪魔と呼ばれています

 

スポンサーリンク

【進撃の巨人】「不戦の契り」とは?

始祖ユミルが死んだあと、九つの巨人が各地に散らばり戦争が絶えなくなってしまいました。

戦争に疲弊したエルディア帝国は、壁の中に国をつくり、逃げ込みました

それ以来始祖の巨人を持つレイス家は不戦の契りという、戦争をしないという約束を守っていました

 

スポンサーリンク

【進撃の巨人】巨人の力で記憶を改ざんしていた?

王家は巨人の力で壁の中の人々の記憶を改ざんしていました

壁の中の人類は、壁の外の人類は滅んだという記憶に改ざんされていました

 

スポンサーリンク

まとめ

blank

今回は進撃の巨人に登場するエレン家の地下室について紹介させていただきました。

地下室には多くの謎を解き明かす答えが隠されていましたね。

この真実を知ったエレン達はどのような未来を歩んでいくのでしょうか。

進撃の巨人の今後の展開が気になりますね。

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒最期にもらしたケニーの本音!リヴァイを育てた理由は?ウーリと・・

⇒ハンジは巨人が大好き!研究熱心な理由は?団長を任されたハンジ・・

⇒立体起動装置の仕組みを解説!使いこなすのは難しい?立体起動・・

⇒回収された伏線・未回収の伏線を再確認!怒涛のクライマックス・・

⇒ピクシス司令のあっけない最期!司令死亡で駐屯兵団は消失!?・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です