スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】オルデン卿!強引な性格が息子たちにどう影響する?遺伝なの?

スポンサーリンク

「魔王」が討伐された後も、生き残りの「魔族」は人類を支配しようと略奪を繰り返し、各地で戦争を引き起こしています。

その中の1つがオルデン卿が領主として君臨する要塞都市フォーリヒです。

オルデン卿は軍を率い進行してくる「魔族」と戦いますが、厳しい現実に直面していました。

そして、オルデン卿はその状況を立て直す為にシュタルクに無理なお願いを依頼する事になります。

今回は強引な印象のあるオルデン卿とは一体どんな人物なのか、詳しく見てみようと思います。

 

スポンサーリンク

 

【葬送のフリーレン】オルデン卿のプロフィール

オルデン卿は「要塞都市フォーリヒ」の領主であり、「魔族」の侵攻を食い止める為に戦う騎士です。

オルデン家は元々、「要塞都市フォーリヒ」を統治する一族でフリーレンはオルデン卿の祖父を知っていました。

北側諸国でオルデン家は三大騎士の1つに数えられており、代々「要塞都市フォーリヒ」を守る貴族として名の知れた一族という事になります。

 

スポンサーリンク
"
"

【葬送のフリーレン】オルデン卿の特徴

「要塞都市フォーリヒ」の領主ながら騎士でもあるオルデン卿は、「魔族」との戦いで右目を失っているのが特徴です。

普段は黒い眼帯をつけており、あまり感情を出さないのも特徴的となっています。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】オルデン家とは?

オルデン卿は北側諸国で三大騎士の1つと呼ばれる「オルデン家」の領主です。

「オルデン家」は元々、「要塞都市フォーリヒ」を守る役割を持つ北側諸国では重要な騎士として活躍していました。 

1000年以上生きる「エルフ族」のフリーレンもオルデン卿の祖父と面識があり、強引な一族だと愚痴っています。

この事から「オルデン家」はかなり優秀な騎士を生む家系だという事が分かり、オルデン卿だけでなく息子も騎士として活躍しているのも納得といえます。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】北側諸国の三大騎士とは?

「葬送のフリーレン」作中で、謎に包まれながらも最も注目されているのが北側諸国の三大騎士です。

現在、作中で言及されているのがオルデン家、ヴァールハイト家の2家です。

フリーレンともかなり深い関わりがあると噂されており、残りの1つが何家なのかも話題になっています。

因みにもう一家はシュタルクの故郷である「戦士の村」や戦士アイゼンの故郷が噂されています。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】オルデン卿の性格とは?

北側諸国の三代騎士の1人であるオルデン卿は、フリーレン曰くかなり強引な血筋を持つ性格をしています。

その為、あまり感情を顔に出す事はありませんが、内面はかなり人情味溢れる性格です。

特にヴィルトとムートの2人には厳しくも暖かい目で見守っていました。

そして、この息子への想いがシュタルクへの依頼へと繋がる事になります。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】オルデン卿は何話に登場した?

オルデン卿が初登場したのが、「葬送のフリーレン」原作第32話「オルデン家」です。

魔法都市オイサーストに向かう途中、物資を調達する為にフリーレン達が立ち寄ったのが「要塞都市フォーリヒ」でした。

その時、シュタルクに話しかける貴族として登場したのがオルデン卿でした。

そして、オルデン卿はシュタルクに息子の変わりを演じるように依頼します。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】オルデン卿の息子とは?

オルデン卿には長男ヴィルトと次男ムートという2人の息子がいます。

次男のムートはまだ少年で「兄ほどの才は無い」と言いながら、強い騎士になるよう見守っています。

一方、才覚ある長男ヴィルトは死亡しています。

死因は「魔族」の大規模侵攻の際に将軍と相打ちとなってしまったからです。

この戦いの前、オルデン卿はヴィルトと激しい言い合いをしたまま「和解」する事なく死に別れてしまいます。

この事を深く後悔していたオルデン卿でしたが、死の間際ヴィルトから

「自分が死んだと分かれば兵が動揺する。軍の再編が終わるまでは自分が死んだことを隠してほしい」

と伝えられます。

オルデン卿はヴィルトの最後の望みを叶えることを誓い、「魔族との戦いで負傷して療養中」という声明を出します。

そして、軍の再編を急ぐなど対応していく事になります。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】オルデン卿の依頼とは?

ヴィルトの死を隠し、軍の再編を急ぐオルデン卿でしたが、1番苦慮していたのが4ヶ月後に行われる社交界でした。

地方の貴族が集まる社交界に、優れた剣士であったヴィルトが姿を見せないわけにはいきません。

そんな時、オルデン卿の前に現れたのが物資を調達中だったフリーレン一行のシュタルクでした。

ヴィルトと瓜二つのシュタルクを見て、オルデン卿は、「息子が自分にこの窮地を切り抜ける機会を与えてくれたのでは」と喜びます。

オルデン卿は強引に館に招き入れると社交界が終わるまでヴィルトの替え玉になってほしいと依頼したのです。

シュタルクは「貴族の替え玉なんて無理だ」と断ろうとします。

ですが、シュトラール金貨10枚と魔導書をつけるという報酬に釣られたフリーレンが承諾してしまい、シュタルクはヴィルトの替え玉をする事になります。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】アニメ・オルデン卿役の声優は誰?

息子想いのオルデン卿をアニメ「葬送のフリーレン」で演じているのは、内田夕夜さんです。

内田夕夜さんは海外ドラマや映画の吹き替えをメインにしている声優で、「タイタニック」でディカプリオが演じたジャックにも起用されています。

また、アニメやゲームなどにも多く起用されており、ベテランながらもフットワークが軽い人気声優です。

 

スポンサーリンク

まとめ

北側諸国・三大騎士の1つ「オルデン家」の領主で「要塞都市フォーリヒ」を守る騎士として活躍しているのがオルデン卿です。

右目を戦争で失い眼帯をしているオルデン卿は、かなり強い騎士として「魔族」から国を守っていました。

そのオルデン卿には期待する2人の息子がいましたが、優秀な騎士だった長男ヴィルトを「魔族」との戦争で失っています。

そのヴィルトの死はオルデン卿にとって大きな後悔を残す事になりました。

オルデン卿はヴィルトの死の直前、激しい言い合いをし、「和解」しないままだったのです。

オルデン卿はヴィルトが死の直前に残した「自分の死を隠して欲しい」という願いを叶える為に苦慮する事になります。

そんな時、オルデン卿の前に現れたのがシュタルクでした。

そして、シュタルクにヴィルトの替え玉を依頼する事になりました。

この出会いがキッカケになり、息子の最後の願いを叶える為に苦慮したオルデン卿は救われる事になりました。

最終的にシュタルクを気に入り、この地に残るように勧誘したオルデン卿。

まだ、作中で北側諸国・三大騎士について詳しく明かされていない為に再登場の可能性が高くあります。

今後、どんな展開で再登場を果たすのか、楽しみにしたいですね。

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒シュタルク!年齢は?でも驚異の強さ!その理由を探る!意外な・・

⇒フェルンとシュタルクの恋愛進展!結婚の可能性は?関係性を徹・・

⇒フェルンがますますかわいい!その秘密と年齢に迫る!声優は?・・

⇒主人公フリーレンについて徹底解説!フリーレンって一体何歳?・・

⇒エルフ寿命の謎!フリーレンは何歳まで生きる?・・

 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA