スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】タオはあっさり死亡した?戦闘経験豊富なタオもさすがに相手が悪かった!?

スポンサーリンク

「魔王」が討伐された後も、人類にとり脅威となっているのが「魔族」です。

その中でも、「魔王」配下で最強と呼ばれる「黄金郷のマハト」は城塞都市ヴァイゼを民ごと「黄金化」しているかなり厄介な「魔族」です。

その「黄金郷のマハト」を討伐する為に内部調査を行なっていたのが「一級魔法使い」のタオです。

今回はこのタオとは一体どんなキャラクターなのか、詳しく見てみたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

【葬送のフリーレン】タオのプロフィール

タオは「大陸魔法協会」に所属している「一級魔法使い」です。

詳しいプロフィールは明かされていませんが、2000人の内45人しかなれない「一級魔法使い」として大魔法使いゼーリエに仕えていました。

出身や年齢など明かされていませんが、レルネン曰く「若い」というのが分かっています。

「一級魔法使い」同行でしか入れない、北部高原を中心に任務にあたっている精鋭だとされており、レルネンの言葉からも「大陸魔法協会」でも期待されている魔法使いです。

 

スポンサーリンク
"
"

【葬送のフリーレン】タオの特徴

「一級魔法使い」タオは長い金色の髪を後ろで束ねたのが特徴の魔法使いです。

また、タレ目っぽいのも特徴的で見た目はとても精鋭には見えない魔法使いといえます。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】タオの性格とは?

「一級魔法使い」タオの詳しい性格は分かっていません。

ですが、同じく「一級魔法使い」レルネンの要請によりマハトに「黄金化」された城塞都市ヴァイゼの調査を行なっていました。

この様子からタオは使命感が強く、責任感のある性格だと推測されます。

また、レルネンはタオに指揮を任せている事から、周囲の状況もしっかり把握する優秀な魔法使いだとわかります。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】タオの強さとは?

「一級魔法使い」のタオが任務にあたっていたのは、北部高原です。

この北部高原は生き残りの「魔族」も多く、更に強いために「一級魔法使い」の同行が義務付けられています。

その中でタオは「一級魔法使い」として北部高原の戦闘が豊富だったとされています。

この事からもあまりタオの戦闘シーンは描かれていませんが、かなり強い「魔法使い」だというのが分かります。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】タオは何話に登場した?

「一級魔法使い」タオが登場したのは「葬送のフリーレン」原作第83話「支配の石環」です。

この時、「一級魔法使い」であるタオは「大陸魔法協会」に所属するタオ以上に場数を踏んでいる「二級魔法使い」と行動を共にしていました。 

ですが、その「一級魔法使い」タオや精鋭の「二級魔法使い」の前に現れたのは、あの「黄金郷のマハト」でした。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】タオの目的とは?

「黄金郷のマハト」と鉢合わせしてしまった「一級魔法使い」タオ達の目的は「黄金郷」となった城塞都市ヴァイゼの調査でした。

その指示を出したのが「一級魔法使い」レルネンです。

レルネンはデンケンに恩を返す為に「黄金郷のマハト」を討伐する決意を固めていました。

ですが、相手はかつて「一級魔法使い」が数人がかりで結界に封じ込めるしかなかった「黄金郷のマハト」です。

その為、レルネンは「黄金郷のマハト」を完全に討ち取る為の事前調査をタオに支持したのでした。

そして、「一級魔法使い」のタオが指揮を取り「二級魔法使い」を連れて「黄金郷」の調査に乗り出していたのです。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】タオは死亡した?

「一級魔法使い」レルネンから指示を受けた「一級魔法使い」タオは「黄金郷」となった城塞都市ヴァイゼの調査に乗り出します。

ですが、そこで遭遇したのが「黄金郷のマハト」でした。

そして、「一級魔法使い」であるタオや精鋭揃ろいの「二級魔法使い」が揃っているにも関わらず、魔法を使う間もなく一緒で殺されてしまいます。

 

スポンサーリンク

まとめ

タオは長い金色の髪を後ろで束ねたのが特徴の「一級魔法使い」です。

同じく「一級魔法使い」で群を抜く実力の持ち主であるレルネンも「若いが経験豊富な精鋭」と評価する実力者です。

その「一級魔法使い」タオがレルネンより依頼されたのが「黄金郷」となってしまったかつての城塞都市ヴァイゼの調査でした。

レルネンはかつてデンケンに受けた恩を返そうと、デンケンの故郷を「黄金郷」に変えた「黄金郷のマハト」を討ち取ろうとしていました。

相手は「一級魔法使い」が数人がかりで結界に封じ込めるしかなかったマハトです。

その為、レルネンは確実なマハトの情報を得るために「一級魔法使い」のタオに事前調査を依頼したのです。

ですが、その事前調査の最中、偶然なのか運悪く遭遇してしまったのが「黄金郷のマハト」でした。

そして、タオ達は精鋭が揃っていたにも関わらず、一瞬で殺されてしまいました。

あのレルネンでさえ、認めた実力の持ち主だった「一級魔法使い」のタオ。

一体どんな強さだったのか分からないのが、悔やまれます。

「一級魔法使い」としてまだまだ活躍するのを見たかったですね。

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒ブルグの秘密!不動の外套の力は何故敗れた!一級魔法使いの謎・・

⇒ゲナウと黒金の翼を操る魔法!意外な優しさが隠されたいいヤツ・・

⇒一級魔法使いの一人ファルシュについて解説!ファルシュの登場・・

⇒レルネンはゼーリエも一目置く魔法使い?孫も恐れるその強さと・・

⇒一級は特別?これまで登場した一級魔法使いと新たに合格した一・・

 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA