スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】僧侶ハイターの謎に包まれた年齢と最期!英雄の隠された真実を徹底的に解明!

スポンサーリンク

複数で魔族や魔物と戦う冒険者たちの場合、ある種のフォーメーションが存在します。

前衛と後衛です。

ご存じのように前衛は戦士などが務め先端を切り拓きます。

ケガを治癒したり、防御魔法などで仲間を守るのは後衛の大事な役割です。

魔王討伐を成し遂げた英雄の一人であるハイター。

平和な世界をもたらした、生臭坊主の激動の生涯をこれから紹介していきます

 

スポンサーリンク

 

【葬送のフリーレン】ハイターのプロフィール

ハイターはフリーレンたちと魔王を討伐したパーティーの一員です。

作中には様々な種族が存在しますが、ハイターはヒンメルと同じ人間です。

名前の綴りはドイツ語で“heiter”。

「朗らかな」とかいう意味ですね。

お酒の飲み過ぎで、吐いた→はいた→ハイター、ではないので悪しからず。

討伐には僧侶として参加しました。

ハイターはヒンメルと同郷のよしみですが、2人とも戦災孤児でした。

10年にわたる長き戦いの末、魔王を倒した勇者一行は王都に凱旋。

その栄誉を称えて作られた彫像は、にこやかな笑みを浮かべています。

冒険が終わった後は、聖都シュトラールの司教に就きました。

晩年は戦災孤児のフェルンを引き取り、郊外で静かに過ごしたようです。

 

スポンサーリンク
"
"

【葬送のフリーレン】ハイターの特徴

ハイターはパーティーの中では一番の長身でした。

外見はメガネを常時かけていて髪型はオールバック。

毒舌ですが基本的には丁寧語で、幼少のフェルンにも敬語を使います。

その温和な口調により、司教時代は多くの人々からも慕われました。

「名は体を表す」とは言いますが、もっともそれは表立ってのこと。

実はハイターは部類の酒好きでした

とにかく、酒、酒、酒。

冒険時代は週イチで二日酔いになり、役に立たないこともありました。

あまつさえ、フェルンに「酒は百薬の長」だと教え込む始末。

フリーレンからは結構な頻度で“生臭坊主”と皮肉られます。

その一方、僧侶としてのハイターの実力は驚異的なものでした。

人類が未解析な魔族や魔物が使う魔法は、通常「呪い」と呼ばれています。

フリーレンたちの魔法では対処が困難です。

僧侶は回復や解毒など治癒効果の高い魔法を使います。

ハイターは高度な「女神様の魔法」も使いこなすハイスペックの持ち主でした。

冒険者の2割は毒で死亡しています。

そのため、ハイターの果たす役割がいかに重要か分かります。

また、ハイターは回復魔法だけでなく、攻撃魔法の一部も使えたようです。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】ハイターの年齢調査結果①魔王討伐時期

戦災孤児のハイターはヒンメルと同じ施設で過ごしました。

幼馴染という設定なので、年齢はヒンメルと同じか1~2歳前後と仮定します

身長差からハイターが年上とも考えましたが、冒険終了後もヒンメルとの差が縮んだ様子もないので、2人の成長曲線は同じ時期だと推測されます。

オッサン顔だと指摘された時、ハイターは「失礼な」と否定しました。

この様子から少なくとも年上の可能性は低そうです。

また、顔立ちからも年下とも考えにくいです。

以上から、ハイターはヒンメルと同年齢だと思われます。

女神の石像に触れて過去に遡ったフリーレン。

この時、冒険が始まり7年後の世界ではヒンメルが23歳だと判明しました。

ということで、冒険開始時のヒンメルの年齢は、23 – 7=16歳。

さらに、魔王討伐には10年の歳月を要しました。

したがって、凱旋時のヒンメルの年齢は、16 ∔ 10=26歳。

以上から、ハイターも26歳だったと推察されます。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】ハイターの年齢調査結果②ヒンメル死亡時期

パーティーが解散して、ヒンメルがフリーレンと再会を果たしたのは50年後でした。

背は半分ぐらいになり、すっかり年老いたヒンメル。

ハイター、アイゼンと合流した元勇者一行は、再び全員で半世紀流星を眺めます。

最後1週間の冒険を過ごして満ち足りたヒンメルは、その人生に幕を閉じるのでした。

①でヒンメルの年齢を26歳と仮定して50年後のエピソードです。

享年は、26 ∔ 50=76歳かと思われます。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】ハイターの年齢調査結果③フェルンとの老後生活時期

常人ならば10年を要する魔法の修行をフェルンは4年で越えました。

その直後に倒れるハイター。

病床に伏して生い先短いと自覚しており、ほどなくして亡くなったと思われます。

フリーレンがハイターを訪れてから最期を見届けるまで、最低4年は経過しています。

一方、不明なのはフェルンが何歳の時にハイターに引き取られたかです。

フェルンは卓越した魔力の操作技術の持ち主です。

魔力制限は血の滲むような努力の賜物であります。

間違いなく年単位での修行の成果によるものでしょう。

ハイターに蝶を出す魔法を教えられて嬉しそうなフェルン。

蝶に喜ぶ女の子って幼稚園児ぐらいかなぁと思いつつ、ハイターとの初対面時に見る幼さから、フェルンが引き取られたのは5~6歳児ごろかと想像します。

ヒンメルの死から27年後にフェルンは16歳の誕生日を迎えました。

フリーレンがハイターを訪問したのが、ヒンメルの死から20年後です。

したがって、フリーレンと初対面時のフェルンは、16 - 7 = 11歳となります。

その以前からフェルンがハイターと過ごした年月は逆算して、11 - 5~6 = 5~6年。

前述したように、フリーレンがフェルンに魔法を教えて4年間です。

ゆえに、ハイターがフェルンと死ぬまでに過ごした生活時期は、9~10年間と考えるのが妥当かと思われます。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】ハイターの年齢調査結果④ハイター死亡時期

勇者が連載1回目に亡くなりました。

次の2話からは毎回『勇者ヒンメルの死から○○年後』と但し書きが描かれます。

フリーレンがハイターを訪問したのは、ヒンメルが死亡して20年後の出来事です。

調査結果①から、ヒンメルが76歳で他界したと推測しました。

そのため、フリーレンと再会した時のハイターの年齢は、76 ∔ 20 = 96歳。

調査結果③でフリーレンは4年間ハイターたちと寝食を共に過ごし、その最後を見届けました。

したがって、ハイターの享年は、96 ∔ 4=100歳と思われます。

結論が分かっている魔導書の解読依頼でフリーレンを長期滞在させ、フェルンが一人前の魔法使いになるまで生に執着したハイター。

坊主の謀(はかりごと)とはいえ、100歳ならば相当の長生きをしたことになります。

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

ここまで単行本12巻までの情報を参考にした推察のため、今度は連載が進むにつれて新しい情報が明らかになるかもしれません。

どこか達観した感のあったハイター。

らしくないと自覚しながら最後はフェルンを引き取りました

そのフェルンを仲間のフリーレンに託すことが叶い、恐らく安堵したことでしょう。

死後は希望どおり女神に召されて、お酒三昧の日々かと思われます。

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒ハイターの化け物級の強さとは?驚くべき年齢秘話!フリーレン・・

⇒イケメンすぎるヒンメルのすべて!かっこいいだけじゃない彼の・・

⇒フェルンがますますかわいい!その秘密と年齢に迫る!声優は?・・

⇒フリーレンの年齢謎解き!不朽の強さと師匠フランメの影響とそ・・

⇒死亡キャラ一覧!今後死亡する可能性の高いキャラクターも併せ・・

 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA