スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】ヒンメルの指輪は実在する鏡蓮華!愛の証としてのアクセサリーの謎を解明!

スポンサーリンク

1000年以上生きる「エルフ族」の魔法使いフリーレンを「勇者パーティー」に勧誘したのが勇者ヒンメルです。

勇者ヒンメルはフリーレンの事を今まで出会った魔法使いの中で1番強いと感じ勧誘する事になりますが、それとは別の理由もありました。

それがフリーレンへの「想い」です。

そして、そんなフリーレンへの「想い」が生んだ名シーンが「指輪」を渡す場面でした

今回は人間である勇者ヒンメルがフリーレンへ贈った「指輪」に込めて想いについて詳しく見てみようと思います。

 

スポンサーリンク

 

【葬送のフリーレン】第30話「鏡蓮華」

魔法使いフリーレン、フェルン、戦士シュタルク、僧侶ザインとなったフリーレン一行は、北側諸国バンデ森林を商人の馬車で進んでいました。

この時、フェルンがシュタルクにプレゼントして貰ったブレスレットがヒンメルから貰った指輪と同じプレゼントだと気がつきます。

「多分、フェルンとお揃いだよ」とフリーレンはカバンを探しますが、中々出てきません。

そして、やっと出てきた指輪を取り出すと同時に、乗っていた馬車が鳥型の魔物に襲撃されてしまいます。

この衝撃で指輪を何処かに紛失してしまったフリーレンは、馬車の修理で足止めしている間、毎晩探していました。

フェルンはシュタルクから貰った同じデザインの花言葉をザインから聞き知っていました。

それをフリーレンに教えると知らなかったと言い、「きっとヒンメルも知らなかった、無くしものには慣れている」とフェルンに言います。

ですが、フェルンは「きっと大事な物」ですとフリーレンにいうと「皆で一緒に探しましょう」と提案しました。

この事を商人に伝えると、「早く言ってくだされば良かったのに」と「失くした装飾品を探す魔法」をフリーレンに差し出します。

この魔法は「鳥型の魔物」を討伐した報酬に渡すつもりだったと商人は言います。

そして、フリーレンはこの「失くした装飾品を探す魔法」を使い「指輪」を見つけるとヒンメルから貰った時の事を思い出します。

フリーレンはヒンメルから討伐依頼を頑張ったから好きな物を買っていいと告げられます。

それを聞いたフリーレンが適当に選んだのが、「指輪」でした。

「ありがとう」と言うフリーレン。

それを聞いたヒンメルはフリーレンの左手を取ると恋人にプロポーズするように膝まづきフリーレンの指に「指輪」をはめます

 

スポンサーリンク
"
"

【葬送のフリーレン】ヒンメルがフリーレンに贈った指輪とは?

まるで恋人のようにヒンメルがフリーレンにはめた「指輪」は「鏡蓮華」でした。

フリーレンは適当に選びましたが、シュタルクがフェルンに同じデザインのものを送り、ザインが花言葉を知っていた事で非常に意味のある贈り物になりました。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】指輪のデザインについて

勇者ヒンメルがフリーレンに送った「鏡蓮華」ですが、「葬送のフリーレン」作中だけのオリジナルになります

「蓮華」という実在する花をイメージしていると推測され、形などもよく似ているのが確認できます。 

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】指輪の意味について

勇者ヒンメルがフリーレンに送った「鏡蓮華」の花言葉は、「久遠の愛」です

これはシュタルクから貰ったフェルンのブレスレットを見たザインから明かされます。

ザイン曰く「あの意匠は鏡蓮華。花言葉は久遠の愛情だ。あれは恋人に贈る物だぜ。」でした。 

フリーレンはもちろん、シュタルクやフェルンも知りませんでした。

そして、フリーレンは「ヒンメルも知らない」はずだと言っています。

人類であるヒンメルからすれば先に死んでしまい、1000年以上生きる「エルフ族」のフリーレンへ「愛」を送るにはピッタリの意味になります。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】ヒンメルは指輪の意味を知っていた?

「久遠の愛」という花言葉を持つ指輪を送った勇者ヒンメルに、フリーレンは「意味」は知らなかったと発言しています。

ですが、適当とはいえフリーレンが選んだ「指輪」を手にした勇者ヒンメルは「指輪」を見つめながら意味深な顔をしていました。

憶測ながらも勇者ヒンメルはおそらく「鏡蓮華」の花言葉を知っていたと思います。

なので、この先、長く生きるフリーレンがいつか知る事を分かって、膝をつき「指輪」をはめたのではないかと思われます。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】フリーレンにとって指輪の価値とは?

「久遠の愛」という意味のある「指輪」を貰ったフリーレンですが、その意味を知りませんでした。

ですが、「無くす物」に慣れているフリーレンは隙間時間を見つけ探したり、整理整頓出来ないながらもずっとカバンの中に保管していました。

この事からもフリーレン自身も大切に扱っていたのが分かります。

そして、フェルンからその「指輪」の意味を教えて貰いました。

森の中でやっと見つけた「指輪」はフリーレンにとり、「人間を知る」意味ではかなり価値の高い物となっていると推測されます。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】ヒンメルとフリーレンの関係性とは?

「エルフ族」で長く生きるフリーレンにとり、ヒンメルは代わりの効かない存在となります。

「魔王」討伐に誘われた時、50年後の再会を約束した時、再会を果たした後、亡くなった時とヒンメルはフリーレンにとり重要な事を与えています。

感情に乏しいフリーレンは気づいていませんでしたが、ヒンメルは「友情」や「愛情」などかけがえのないものを教えてくれました。

それがヒンメルの葬儀の時に流した涙に繋がっていきます。

ヒンメルはフリーレンにとり、光を灯すかけがえのない存在で関係性だったというのが分かります

 

スポンサーリンク

まとめ

勇者ヒンメルが討伐依頼のご褒美に送った「鏡蓮華」の「指輪」には特別な意味がありました。

それが「久遠の愛」という人間であるヒンメルが1000年以上生きる「エルフ族」のフリーレンに対しての想いを伝えるには充分な意味でした

そして、この意味を知っていたからこそヒンメルは片膝をつき結婚を誓うように「指輪」をフリーレンにはめたのです。

フリーレンは知らなかったのではと言います。

それでも重要なキッカケを与え続けるヒンメルだけにいつかフリーレンに知って欲しかったのかも知れません

この「指輪」をはめる場面は「葬送のフリーレン」作中でも屈指の名シーンとなります。

いつかフリーレンは「人間を知り」、ヒンメルの事が理解できるのか、この先の展開を楽しみにしたいですね。

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒指輪物語の結末は?ヒンメルとフリーレンの未完の物語!・・

⇒ヒンメル生まれ変わりの可能性を徹底解剖!死亡から復活への疑・・

⇒ヒンメルの強さは本物か?伝説の勇者の秘密!・・

⇒イケメンすぎるヒンメルのすべて!かっこいいだけじゃない彼の・・

⇒フリーレンの年齢謎解き!不朽の強さと師匠フランメの影響とそ・・

 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA