スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】デンケンの殴り合いで明かされる!過去とマハトの深い関係性を徹底解説!

スポンサーリンク

「大陸魔法協会」が認定する「一級魔法使い」の試験を受ける為に初登場したのが、デンケンです。

受験する年齢といい雰囲気といい何か特別なものを感じさせていますが、その通りにデンケンはとんでもない人物でした。

今回は登場した中でも異色な存在の魔法使いデンケンとは一体何者なのかを詳しく見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

【葬送のフリーレン】デンケンのプロフィール

デンケンは北部高原の奥地出身の老齢の魔法使いです。

「一級魔法使い」の選抜試験に現れた中では、1番のお爺さんですが、「宮廷魔法使い」として名を馳せた魔法使いでもあります。

現在は「二級魔法使い」でしたが、ある目的を果たす為に「一級魔法使い」の試験を受ける事を決意しています。

 

スポンサーリンク
"
"

【葬送のフリーレン】デンケンの特徴

「宮廷魔法使い」のデンケンは、長い髭に単眼鏡をした貫禄のある小柄な容姿が特徴です。

肩書きの割には権力欲など感じさせず、優しい好好爺というのも特徴で、若者の世話焼きをしているのが確認できます。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】デンケンの年齢とは?

「一級魔法使い」を受ける為に現れた老齢のデンケンは78歳になります。

20代半ばに妻を亡くしてからは、ずっと1人で暮らしており子や孫もいません

これが原因か上述したように若者の世話をするのが好きなようです。

特に一次試験でチームになったリヒターとラオフェンは気にかけており、試験が終わった後も一緒に食事をしている様子があります。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】デンケンの性格とは?

世話好きなお爺さんデンケンですが、「宮廷魔法使い」として権力の欲に塗れていそうですが、全く逆で誠実で実直な性格です。

また、権力者にしてはかなり社交的な性格で自分を殺し仲間を生かすなども協力的な性格でもあります。

一方で、決して諦めない性格の持ち主でもあり、泥臭い選択を選ぶ事もあります

実際、魔力がつき一次試験に落ちそうな時は、殴り合いの喧嘩を選ぶなどしています。

因みにこの時、同じチームのリヒターは「おい。冗談だろ。」と漏らし、「イカれた爺さんに殴り合いの喧嘩をやらされた」と愚痴っていました。

そんな無茶もしますが、総じて冷静沈着で仲間思いな優しいお爺さんといえます。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】デンケンの強さとは?

実直で冷静ながらも泥臭い選択もできるデンケンは「二級魔法使い」でした。

理由はあまり昇級に魅力を感じていなかったからです。

デンケンは一兵卒からの叩き上げの実践派の魔法使いです

結婚して「宮廷魔法使い」になりましたが、権力争いにはほとほと疲れていたと言います。

なので「一級魔法使い」には興味を見せず、「二級魔法使い」に甘んじていました。

ですが、デンケンの実力は人類でもトップクラスの魔法使いです

それは長い経験や実績から積み上げたものです。

その為、魔力探知や精神魔法など難しい魔法も簡単にこなしています。

そんなデンケンですが、やはり特筆するのが「精神力」「忍耐力」「諦めない」という気持ちの強さです

大魔法使いゼーリエを前にしても「どう戦うか」を考えたくらいでした。

この気持ちは若い時から変わっておらず、その強さはやがて自らの「師」を打ち取る事になります。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】デンケンの目的とは?

デンケンが老齢でありながら「一級魔法使い」を目指したのには、理由があります。

それが「北部高原にある故郷に戻り亡くなった妻の墓参りをするため」です。

ですが勇者ヒンメルが死亡した後、北側では生き残りの魔族が活発な動きを見せており、立ち入るには「一級魔法使い」の同行者が必要だったのです。

そこでデンケンが考えたのが、自らが「一級魔法使い」となることで要件を満たし「故郷」に帰ろうという事でした。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】デンケンの過去とは?

「故郷」に帰る為に「一級魔法使い」になると決意したデンケンですが、実は家族を「魔族」に殺されています

その後、親戚であった城塞都市ヴァイゼの領主、グリュックに引き取られます。

その時に心惹かれ結婚したのが、グリュックの娘レクテューレでした。

レクテューレは元々、病弱で治療をするには多額の費用と権力が必要だったのです。

魔法使いを目指していたデンケンは、軍に志願し権力を得る為に組織の頂点を目指します。

ですが、デンケンに待っていたのは辛い現実でした。

妻レクテューレは懸命の努力も実らず、亡くなってしまったのです

更に追い討ちをかけるような出来事がデンケンを襲います。

「大陸魔法協会」が設立され創始者のゼーリエが「一級魔法使い」には「特権」を与えると発表したのです。

この一連の出来事にデンケンはこれまで感じた事のない無力感を経験する事になります。

そして、この経験が「宮廷魔法使い」という立場にありながら、手に入れた「権力」や「富」、「名声」も使わないまま過ごす事になります。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】デンケンとマハトの関係性とは?

「一級魔法使い」になり故郷に帰る事を決意したデンケンが、魔法使いを目指したのは「勇者パーティー」で活躍していたフリーレンの影響です。

デンケンは北部高原でフリーレンに憧れ魔法をはじめました。

ですが、両親が殺された事で城塞都市ヴァイゼの領主グリュックに引き取られる事になります。

そして、ここで魔法使いを目指すデンケンの師として従事させたのが「魔族」である黄金郷のマハトでした。

マハト曰く「人類魔法の歴史そのもの」と高い評価をしている弟子でした

そして、50年以上の時が経ち2人は「黄金郷」となった故郷で師弟対決を繰り広げることになるのです。

 

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】アニメ・デンケン役の声優は誰? 

デンケン役には、斉藤次郎さんが起用されました

斉藤次郎さんは、多岐にわたるアニメ作品で声優として活躍しており、「GANTZ」のネギ星人や「BLEACH」の浦挺隊の白、「ケロロ軍曹」のヘラクレスオオカブなどに出演。また、ナレーションやゲームの声も担当しています。

34歳で声優の道に進んだ斉藤次郎さんは、バイプレーヤーとして声優界で長く活躍してきた経験を持ちます。これらの豊かな経験を活かし、デンケン役の演技に期待が高まりますし、楽しみですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

「一級魔法使い」の選抜試験で初登場したのが「宮廷魔法使い」という肩書きを持つデンケンです。

デンケンは長い髭に小柄な老齢の魔法使いで、「宮廷魔法使い」という肩書きから堅物っぽい感じがします。

ですが、そんな権力欲など微塵も感じさせない誠実で実直な性格な上、若者の面倒を見るのが好きな性格をしています。

特に「一級魔法使い」の試験で同じチームになったラオフェンは孫のように可愛がっています。

そんな優しい顔を持つ一方で、デンケンは「宮廷魔法使い」という肩書きに相応しい強さを持っています。

師であるマハトも「人類魔法の歴史そのもの」と言い、大魔法使いゼーリエもその強さを見抜き「一級魔法使い」の試験合格を与えます

これだけ強いデンケンが長らく「二級魔法使い」だったのは「一級魔法使い」への昇格に興味がなかったからです。

ですが、亡き妻レクテューレの墓参りをする為に、黄金郷に行くには「一級魔法使い」への昇格が必要になったのです。

そして、その黄金郷となった故郷でデンケンは自らの師であるマハトを大苦戦のうちに打ち取り、墓参りの目標を叶えます。

フリーレン一行と共に思わぬ活躍を見せたデンケン。

今後も登場の可能性が高いので、どんな活躍を見せるのか楽しみにしたいですね。

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒黄金郷編が面白い!マハトの秘密とデンケンの戦いを徹底解説!・・

⇒マハトの最期と人間との壮絶な対決!誰も知らない真実がここに・・

⇒グリュックとマハト!裏切りか同盟か?デンケンとの因縁を解き・・

⇒修理屋リヒターの過去が明らかに!隠された魔法の才能とは?・・

⇒ゼーリエの性別や声優が知りたい!史上最強の大魔法使いゼーリ・・

 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA