PR

スポンサーリンク

最新ネタバレ『キングダム』762-763話!考察!韓非子はスパイなのか!?咸陽に蠢く間者たち!

スポンサーリンク

韓非子を連れ、使節団は早々に秦への帰路につきます。

その頃、趙では李牧が桓騎を討ち倒した功で武安君となり、秦に対する邯鄲防衛の最後の砦といえる武安に入城していました。

李牧曰く桓騎の敗北はあの一戦だけでなく、黒羊の戦いを自分が見ていたことから始まっていたと言います。

この桓騎を葬った趙北部戦、そして以前の王騎を葬った馬陽など、“情報”を巧みに使うことによって勝利を掴んできた李牧。

「情報戦の化物」と言われる李牧の次の策は一体何でしょうか。

そしてその頃、趙内部で動いている李斯指揮下の諜報員・姚賈が不審な様子を見せていました。

第762話『普通の法家』はもはやミステリーと言えるほど咸陽内に色々蠢いてきました。

 

スポンサーリンク

 

『キングダム』762話!のネタバレ

それでは『キングダム』762話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

韓非子一行が咸陽に到着

韓非子を連れた一行が咸陽に到着。

嬴政をはじめとする秦側はこれを大いに歓迎しました。

韓非子はすぐに秦の朝廷に席を設けられ、李斯とともに法の強化・改正に尽力し、秦の強国化が一層進んでいくかに思われました。

が、『史記』によればそうはならなかった様子。

果たして何が起きたというのでしょうか…。

 

スポンサーリンク

韓非子と話が進まない…

2人きりで意見を交わし合う嬴政と韓非子。

すでに何日もそうしているようですが、どうもうまく進んでいないようです。

嬴政の「人の本質は光」という言葉が気に入らないのか、やはり最終的には性悪説の話になって終わってしまうと嬴政は言います。

韓非子は信との問答の時に「性善説の者が性悪説から生まれた法で国を治めようとするとクソ以下のものが生まれる」というようなことを言っていましたが、同じようなことを嬴政に言っているようですね。

李斯に「人の根は悪だと言ってみては」と言われるも、やはり嬴政が考えを曲げられるわけがありません。

このままでは一向に話が進みそうにないので、嬴政は韓非子にひとまず咸陽の暮らしに慣れてもらうことにしました。

 

スポンサーリンク

韓非子の狙いは?

嬴政との問答はひとまず中止し、その間は李斯と新法の研究にとりかかってもらうことにしました。

そして後に昌文君が韓非子の様子を尋ねると、李斯は「普通だ」と回答。

いわゆる“ごく普通の法家”であり、李斯が知るかつての迫力はないと言います。

言っていることは全て的確で正しいものの、今の韓非子には「芯」がないという李斯。

李斯曰く、芯とは「新世界への思い」。

今の秦の朝廷は、嬴政を信じているからこそ嬴政の掲げる夢の実現のために本気で立ち向かう一枚岩となっています。

ここに韓非子が入ることで新しい反応が生まれるかと思いきやそうではない…。

「芯」の部分が違うのならばぶつけ合えればいいが、どうもそういうことでもないらしい…。

韓非子が、相手が誰であろうと自分の意志はぶつける男だと知っている李斯だからこそ「謎だ」と思うばかりでした。

そもそもどうしても“そぐわない”と感じたのなら、帰国願いを出すなどそれなりの態度に示すこともできるのに、韓非子はのらりくらりと過ごしているのです。

韓非子は一体何をしに来たのかと李斯は考えます。

 

スポンサーリンク

イケメン間者が韓非子の一団に?

場面が変わり、咸陽内の一角=韓非子一団にあてがわれた屋敷では、韓非子の随員である紀月というイケメンが、案内役の宝朱という女性をたらし込んでいました。

紀月は自分の母が宝朱と同じ緑巴出身なのだと言いながら距離を縮め、最終的に肉体関係にまで持ち込みます。

宝朱が戻らなければならない時間になると、紀月は「夜に屋敷を抜け出して会いに行く」と言い、屋敷から抜け出られる道を聞き出したのでした。

そして夜、外には複数の人影が…?

また、韓非子のもとに何かを報告する人影が…?

 

スポンサーリンク

韓非子は姚賈を知っている?

先週怪しげな雰囲気が描かれた姚賈が咸陽に到着。

姚賈は李斯のもとに向かいながら、屋敷内に間者が2人もいることに気づきます。

訓練でもしているのならいいのだが、身内でなければ物騒だと心配する姚賈。

あとで李斯に報告しようと思いながら歩いている時、姚賈は韓非子とすれ違いました。

しかしそのすれ違う一瞬の視線で、姚賈は戦慄します。

何故なら気配が明らかに間者ではないその者が“姚賈に気づいて、一瞬で気づかないふりをした”ような視線をしたから。

いや気づいたというよりは、“姚賈が何者かを知っていた”目だったのです。

一体何者なのか…と危ぶむ姚賈の耳に、その者を「韓非子様」と呼ぶ声が飛び込んできたのでした。

 

スポンサーリンク
"
"

キングダム』ネタバレ762-763話のまとめ

前回とは一転、姚賈よりも韓非子が怪しく描かれていました。

今回の描写を見ると韓非子が間者…とは少しニュアンスが違う?諜報員?ぽいですよね。

のらりくらり過ごしているのも諜報活動するための時間稼ぎとしか思えないという感じに描かれています。

前回騰が、韓非子には“別の顔”があるのでは…なんて寧に聞いていましたが、そういった怪しい部分を感じさせた1話でした。

もし韓非子の目的が諜報活動だとすれば、韓としての意志なのでしょうか。(知恵で戦う韓の、国を生存させ続けるための戦略?)

そしてもし諜報活動が目的なのであれば、信との問答は必要だったのでしょうか。(あの時の韓非子にこそ少し「芯」が感じられた気がするんですけどね)

この後は姚賈の李斯への報告を発端に大きな展開がありそうですね。

姚賈の怪しさもまだ拭いきれていませんし、「情報は最大の武器」とされた今エピソードで何が(誰が)どのような展開に繋がっていくのか、色々想像しながら楽しみにしていきましょう!

 

読者の皆さまがこの後に読んでいる記事はこちらです。

⇒『キングダム』764話!韓非子が自殺!?李斯と韓非子の熱い・・

⇒『キングダム』763話!韓非子と姚賈の情報戦!咸陽内は間者・・

⇒『キングダム』761話!次は趙との情報戦!?韓非子を迎えた秦・・

⇒『キングダム』760話!韓非子の秦行きが決定!信の語る人の本・・

 

スポンサーリンク

 

関連記事