スポンサーリンク

【キングダム】宜安(ぎあん)の戦いは史実に基づく?宜安攻略戦の結末を史実から徹底解説!!

スポンサーリンク

中華統一を公言する「秦国」嬴政が、狙いを定めたのが「趙国」の王都である邯鄲より遥か北の地「宜安」でした。

史実では「肥下の戦い」とも呼ばれる「宜安の戦い」がどんな結末だったのか、「キングダム」の内容と併せて見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

【キングダム】宜安の戦いのあらすじ

「趙国」の重要拠点・鄴を侵略した「秦国」が次に目指したのは「趙国」の拠点である平陽と武城、そして宜安でした。

その宜安を狙う「秦国」は大将軍・桓騎と王翦が大軍を率い侵攻を開始する事になります。

 

スポンサーリンク
"
"

【キングダム】宜安の戦いは何巻?

「趙国」と「秦国」による最大規模の決戦となる「宜安の戦い」は原作「キングダム」単行本65巻〜から描かれています

最大の見どころはやはり「趙国」名軍師・李牧と「秦国」六大将軍・桓騎との正面衝突で「キングダム」作中でも最大の山場になると思われます。

 

スポンサーリンク

【キングダム】秦軍総大将とは?

「キングダム」作中でも最大の山場となりそうな「趙国」侵略は、総大将に「六大将軍」の王翦副将は桓騎、末将は楊端和となっています。

この戦いでは難攻不落といわれた鄴を含む周辺の9城を落としています。

そして、その後、宜安に侵攻する「秦軍」を指揮したのは桓騎でこの中には「飛信隊」の信も含まれています

 

スポンサーリンク

【キングダム】趙軍総大将とは?

「趙国」の主要部を制圧された「趙国」が、新たに大将軍として任命したのが、一度失脚した名将・李牧でした。

そして、李牧を大将にした「趙国」はこの宜安の戦いで「秦国」の度肝を抜かすような戦いぶりを見せます。

 

スポンサーリンク

【キングダム】秦軍の戦略とは?

難攻不落と言われた鄴を制圧した「秦国」はそのまま平陽の侵略にも成功します。

この時、「秦国」副将だった桓騎は平陽で趙兵の首を斬首する残虐さを見せつけた後、その勢いのまま宜安を制圧します

そして、その桓騎が目指したのは「趙国」の更なる侵略でした。

 

スポンサーリンク

【キングダム】趙軍の戦略とは?

宜安を含む主要部を制圧した「趙国」は李牧を筆頭に桓騎軍と対峙する事になります。

李牧は「天才」と呼ばれる桓騎の弱点を見つけており、その桓騎の誘いには乗らないようにしていました

そして、李牧はその桓騎の弱点を突き「正攻法」の戦いに挑む事になります

 

スポンサーリンク

【キングダム】宜安の戦いは史実に存在する?

「秦国」桓騎と「趙国」李牧が対峙した「宜安の戦い」は実際の史実に存在しています

秦趙の戦いの中でもあの桓騎が大敗し、李牧が「趙国」の領土を奪還するという有名な戦いとして知られています。

 

スポンサーリンク

【キングダム】宜安の戦いで死亡した武将とは?

史実にもある「宜安の戦い」では、多くの武将が死亡しています。

その中でもやはりショッキングなのは、「秦国」六大将軍の1人で元野盗の首領という経歴を持つ天才・桓騎の死亡です。

この桓騎の敗北は李牧が「弱点」を見抜いた凄さにあり、桓騎はこれまでの戦い方をやり返されたような展開となってしまいました。

 

スポンサーリンク

【キングダム】史実での宜安の戦いの結末

2人の天才・李牧と桓騎が対峙した「宜安の戦い」は籠城作戦をとる李牧と「肥下城」を襲い、民衆や兵を斬殺し誘い出す桓騎という構図になります。

この桓騎の誘い出すというものこそ「弱点」であり、守りに弱いと見抜いていた李牧は誘いに乗らず、逆に手薄になっていた宜安を強襲したのです。

これで完全に虚を突かれた桓騎は、宜安に戻り無謀な戦いを行いますが奮闘虚しく大敗し死亡する事になります

 

スポンサーリンク

【キングダム】宜安の戦いは史実通り?

史実にもある「宜安の戦い」ですが、「キングダム」作中では桓騎が死亡するという結末となっています。

ですが、史実では李牧に大敗した後の桓騎の足取りは不明となっています

死亡したという説、怒った始皇帝の指示で庶民に落とされたという説、「燕国」に亡命し「樊於期」と名を変え荊軻の「始皇帝暗殺計画」に協力した説もありますが、真意は不明となっています。

 

スポンサーリンク

まとめ

秦趙の激しい攻防の中でも有名な戦いが李牧が桓騎に勝利した「宜安の戦い」です。

この戦いではあの天才・桓騎に勝利するだけでなく李牧は奪われていた「趙国」の領土を奪還するという功績を挙げます。

実際、史実でも李牧は桓騎に勝利し、「趙国」に勝利をもたらしていますが、違うのが桓騎が死亡したという点です。

大敗したのは事実ですが、実はその後の桓騎の消息は不明です。

死亡した説はもちろん、庶民に落とされた説、「燕国」に亡命し「樊於期」と名を変えた説などあり、その後に「始皇帝暗殺計画」に協力したという説もあります。

真意は不明ですが、李牧が「秦国」桓騎に勝利したのは間違いなく、その後の李牧の大活躍に繋がっていきます。

ある意味、分岐点となっている「宜安の戦い」を桓騎の死亡で終わらせた「キングダム」。

この先に続くであろう「番吾の戦い」がどうやって描かれるのか、楽しみにしたいですね。

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒冷酷で残虐!!無敗の秦の将軍、桓騎(かんき)の弱点とは!?・・

⇒秦に立ちはだかる趙三大天の李牧!史実での李牧の強さは?李牧・・

⇒樊於期(はんおき)は実在した?はんおきの最後とは?気になる・・

⇒著雍編で王翦軍の援軍は不要?王翦と王賁の確執?その理由を徹・・

⇒楊端和(ようたんわ)の強さの秘密を徹底解剖!実在していたの・・

 

スポンサーリンク

 

 
 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA