スポンサーリンク

【キングダム】信が目指す大将軍までの階級について徹底解説!将軍と大将軍の違いは何??

スポンサーリンク

奴隷のような生活から抜け出す為に親友の漂とともに剣の腕を磨いた信。

その信の夢は「中華全土に響き渡る大将軍」です。

その後、「秦国」国王・嬴政との出会いを経て「大将軍」に近づいている信。

現在の階級と「大将軍」とは何なのかを、詳しく見てみたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

【キングダム】階級一覧

信が目指す「大将軍」までには多くの階級があります。

伍兵→ 伍長→ 百人将→三百人将→ 千人将→ 三千人将→ 四千人将→ 五千人将→ 将軍→大将軍という階級があり、例外はありながらも一つずつ階級を上げていく必要があります。

 

スポンサーリンク
"
"

【キングダム】階級を上げる為の条件とは?

「大将軍」まで多くの階級を上げる必要がありますが、その条件とはやはり「戦場における功績」です。

敵将の首はもちろん、戦場に於ける存在感や貢献度など、如何に勝ち続けるのも重要な要素といえます。

 

スポンサーリンク

【キングダム】大将軍になる為の条件とは?

「キングダム」主人公・信が目指す「大将軍」になるのに明確な定義はありません

そんな中で、「趙国」三大天の1人・廉頗は「大将軍」になる為の条件を百の〝精神力〟百の腕力 さらに百の知恵 あと百の経験 百の幸運っ…」と語っています。

そして、「それら全てを兼ね備えた「趙国」三大天と「秦国」六大将軍はかつて、正に完璧な時代を築き上げた」と続けます。

上記の言葉を聞くと「大将軍」になる為にはやはり全てを兼ね備えていなければならないというのが分かります

因みにこの廉頗の言葉を聞いた信は「〝史上最強〟の天下の大将軍」と言います。

これを聞いた廉頗は「無理だ」と言いますが、一つあるならば「中華の統一じゃ」と答えました。

そして、それを達成するには「凄まじい程の武の力と、またそれをふるう器」

「血の大業の〝業〟を受け止める器を持つ王が出現せねばならん」と説明します。

この廉頗の言葉から信が「大将軍」になるには「秦国」国王・嬴政も大きく関わってくるのが分かります。

 

スポンサーリンク

【キングダム】信の現在の階級とは?

現在、「キングダム」作中における信は「五千人将」です。

「趙国」鄴を攻めた際には右軍の大将代理を務めた上、攻略した後で「李」という姓を授かっています。

また、現在の李信が率いる「飛信隊」は構成員一万人、副将羌瘣が率いる「羌瘣隊」を併せると何と一万五千人の大部隊となっています。

そして、李信はこの後、間もなくライバルである王賁や蒙恬と共に「将軍」に昇格します

 

スポンサーリンク

【キングダム】大将軍を目指す信のこれまでの道のり

信は元々は戦争孤児で下僕と働いていました

この時に一緒に下僕だったのが漂で、2人は大将軍になる事を夢見ていました。

そんなおり、偶然通りかかった「秦国」家臣・昌文君に見そめられた漂は「王宮」に仕える事になります。

将軍への第一歩と思われましたが、漂が仕える理由は影武者としてであり、「国王」嬴政の身代わりでした

そして、成蟜が起こした反乱に巻き込まれた漂は命を落とす寸前に信を訪れ後を託しました。

こうして、漂に想いを託された信は嬴政を助け「将軍」への第一歩を歩む事になります

その後、「秦国」の兵士となった信は伍兵として参加した初めての戦いで武功を挙げるといきなり百人将に抜擢されます。

この後も数々の武功を挙げる信はかつての「秦国」六大将軍・王騎に弟子入りし、矛を託され「将軍」への道を託されます

また、「趙国」龐煖を一騎打ちで討ち取るなど功績を作り着実に階級を上げていきます。

余談ですが、李信は死と仰ぐ王騎のような「知略型」ではなく、信に同じく影響を与えた将軍・麃公のような「本能型」の武将として開花しつつあります。

 

スポンサーリンク

【キングダム】秦の将軍一覧

国王・嬴政が目論む「中華統一」を支える「秦国」の将軍は故人も含め以下になります。

 

将軍・李信

「キングダム」主人公で「天下の大将軍」を目指す信は将軍・王騎の矛、将軍・麃公の盾を受け継いでいます。

「本能型」の才能が開花しつつある、「秦国」の要の武将に成長しています。

 

将軍・王賁

王翦を父に持つ名家出身の若き将軍・王賁は李信とライバル関係にある若き武将です。

槍の名手で自ら「玉鳳隊」を率いていました。

クールでプライドの高い人物ですが、鍛錬を怠る事ない秦を支える1人です。

 

将軍・蒙恬

蒙驁の孫で蒙武の子というサラブレッドな血筋の将軍が蒙恬です。

李信や王賁のライバル関係で自らも「楽華隊」を率いています。

非常に知力に長けた人物で、相手を出し抜いたり、自ら汚れ役を買ってでたりする事のできる優秀な将軍です。

 

将軍・壁

「キングダム」初期より登場する武将で将軍に成り上がったのが壁です。

信を認める1人で、自らは基本に忠実な戦術を得意としています。

昌文君が最も信頼する武将の1人で、「大将軍」になる事を夢見ています。

 

将軍「白老」蒙驁

蒙武の父親で蒙恬の祖父である蒙驁は、「凡庸型」と評価される「秦国」の将軍です。

武将としての才覚は並ながらも人を見る目は作中No.1で野心を隠さない王翦や野盗の桓騎という異才の才能を見抜いて副将に抜擢しています。

最後は蒙恬と李信に見守られながら息を引き取っています。

 

将軍・張唐

「秦国」の中でも蒙驁に並ぶ最古参で、15歳から戦場に立っている将軍です。

真面目な性格で、リーダーシップのある将軍らしい将軍でした。

野盗上がりの桓騎をよく思っていませんでしたが、実力を知ると「秦一の武将になれ」という言葉を残しています。

函谷関の戦いで敵将・成恢を討ち取った後、戦死しています。

 

スポンサーリンク

【キングダム】秦の大将軍一覧

昭王時代に戦争の自由を与えられた「六大将軍」が、嬴政の時代に「新六大将軍」として復活します

どの将軍も中華全土に響き渡る強さを持つ武将ばかりです。

 

「秦国」新六大将軍 

 

第一将 蒙武

蒙驁の息子で蒙恬の父である蒙武は、中華でも最強クラスの武力を誇っています。

その強さは「楚国」の将軍で武力の象徴でもあった汗明を討ち取ってしまうほどです。

武力に頼るあまり細かい作戦は苦手ながらも、それを打ち消すくらいに強い将軍です。

 

第二将 騰

騰は旧「王騎軍」の副官で、あの王騎からも「私に引けをとらない」といわせる実力の持ち主です。

ファルファルという独特な剣の技術とユニークな性格で掴み所はないですが、武力、知力共に高いバランスが取れた名武将です。

李信とも付き合いがあり、録嗚未をよくイジっています。

 

第三将 王翦

「王家」の当主であり王賁の父でもある王翦は、第三将を務める将軍で李牧とも互角に渡り合える頭脳の持ち主です。

その才能は旧「六大将軍」胡傷が「軍略の才だけで六将の席に割り込んでこれる逸材」と評しているほどです。

その反面、自身が王になる事を望んでいる思想の持ち主でいつ裏切るか分からない危険人物でもあります。

 

第四将 楊端和

「山の民の王」ながら、「大上造」の位を貰い「秦国」六大将軍まで上り詰めたのが楊端和です。 

容姿端麗な女性で複数の山の民の部族をまとめ上げているカリスマ性を持っています。 

個の力も山の民トップクラスな上、知力も充分な欠点の少ない将軍といえます。

 

第五将 桓騎

野盗上がりという異色の経歴ながら、「戦の天才」と言われる戦術で無敗を誇るのが桓騎です。

荒くれ者だらけの部下に慕われるカリスマがあり、「首斬り桓騎」と呼ばれる残虐な性格が特徴となっています。 

蒙驁に見出された1人で、口が悪いながらも慕っている様子を見せていました。

 

第六将 空席

 

旧「六大将軍」王騎

李信の目指す「天下の大将軍」に1番近いのが王騎です。

実際、李信に大きな影響を与えており、その実力は「キングダム」作中でも屈指の強さを誇っています。

最後は因縁のある「趙国」三大天・龐煖との一騎打ちに敗れ、死亡してしまいます。

死の間際、王騎は李信に自らの矛を受け継がせています。

 

旧「六大将軍」摎

昭王の娘であり、王騎の許嫁でしたが龐煖との戦いに敗れ命を落としてしまいます。

 

「秦国」大将軍 麃公

作戦よりも「直感」や「戦の流れ」を大事にし、豪華な性格で強烈なリーダーシップを誇るのが麃公です。

地位や名誉にはまるで興味はない様子があり、あくまでも戦場に生きる事を信条にしています。

龐煖との戦いで敗れ死亡しますが、李信に自らの盾を託している人物となっています。

 

スポンサーリンク

【キングダム】将軍と大将軍の違いは何?

「秦国」で名を売る武将は多く存在しますが、将軍と大将軍の違いは見えている景色がまるで違うという所です。

「将軍」にもある程度の権限がありますが、「大将軍」には更にそれ以上の権限が与えられています。

一つの城より武将というようにその時々の判断が素晴らしく優れている武将が「大将軍」となる由縁だと思われます。

 

スポンサーリンク

【キングダム】信は大将軍になることができる?

王騎の矛、麃公の盾を受け継いだ李信は「秦国」大将軍にかなり近づけると思われます。

理由は「中華統一」を目指す王・嬴政と思いが共通しているからです。

「キングダム」作中で、李信はまだ道半ばながらも「大将軍」になれる要素と環境が備わっていると思われます。

 

スポンサーリンク

まとめ

中華全土に響き渡る「天下の大将軍」を目指す信は、数々の武功をあげ「李信」と名乗るようになっています。

現在も「将軍」と呼ばれる階級にいる李信ですが、王騎の矛、麃公の盾を受け継いでいるだけに「大将軍」になれる可能性はかなり高いと推測されます。

「秦国」の大将軍達にも負けず劣らずの成長を見せている李信。

「キングダム」作中で「大将軍」になった姿を見せてくれるのか、楽しみにしたいですね。

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒李信は実在した?史実をもとに今後の展開を徹底考察!!・・

⇒黒羊丘の戦いで信と桓騎が一触即発?天下の大将軍を目指す信!・・

⇒信にはモデルがいた?その人物の名前と概要は?作中への影響は・・

⇒キングダム信の嫁は誰!?歴史上では〇が嫁であると…・・

⇒先に出世するのは誰!?王賁・信・蒙恬の大将軍候補3人!武力・・

 

スポンサーリンク

 

 
 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA