【名探偵コナン】警察学校組の1人!佐藤刑事の心の中で生き続ける松田陣平とはどんな人物?

スポンサーリンク

捜査一課強行犯三係にわずか7日間だけ所属していた刑事、松田陣平。

彼は爆弾の解体中に爆発に巻き込まれ殉職してしまいました。

「まるで木枯らしみたいなやつだった」という佐藤刑事の心の中で今も生き続ける松田刑事とはどんな人物だったのでしょうか?

 

スポンサーリンク

【名探偵コナン】イケメンで孤高の松田刑事

爆発物処理班のエースとして活躍していましたが、爆弾の解体中に殉職した親友萩原刑事の仇を取るため、爆弾事件を担当する特殊犯係への移動を希望します。

しかし上から頭を冷やすためにと同じ捜査一課の強行犯三係に配属されます。

皆の前で希望の係へ配属されなかった不満を口にしたり、4年前の爆弾事件を調べるために勝手に単独行動を取ったりと、周りの反感を買います。

モデルは松田優作で、サングラスにタバコとワイルドでハードボイルドなイケメンです。

 

スポンサーリンク

【名探偵コナン】警察学校組で生き残っているのは安室だけ

後に登場する安室透こと降谷零と松田刑事、萩原刑事、伊達刑事、そして降谷と同じく黒の組織に潜入していた諸伏景光は警察学校時代の同期でした。

松田刑事、萩原刑事は爆弾解体中に殉職、伊達刑事は車にはねられて事故死、景光はNOCであることが組織にバレたため、仲間の情報が入った携帯ごと心臓を打ち抜き、自ら命を絶ちました。

ゼロに所属し同じ警察官にさえその存在を隠している降谷にとって、同期の4人は数少ない大切な友人だったようで、人目を盗んでお墓参りをしたり、名前を伏せて親族へ遺品を送ったりしています。

 

スポンサーリンク

【名探偵コナン】爆弾処理班の親友萩原の死

7年前に発生した事件で、2カ所に設置された爆弾をそれぞれ解体することになった松田刑事と萩原刑事。

松田刑事は時間内に解体出来ましたが、萩原刑事は間に合わず、犯人の要求を飲むことで爆弾のタイマーは止まりました。

しかし爆弾解体中に止まっていたはずのタイマーが再び動き出してしまったため、爆発に巻き込まれ萩原刑事は殉職しました。

ラジオから流れて来た、「まだタイマーが止まっていない」というニュースを聞いた犯人の1人が爆弾の止め方を電話で警察に伝えようとしましたが、逆探知で警察に居場所を知られ逃走中に運悪く事故死してしまいます。

その様子を見ていたもう1人の犯人が爆弾のタイマーを再び起動させてしまったのです。

親友萩原の仇を取るため、爆弾事件を担当する特殊犯係への移動を希望しますが、頭を冷まさせるために同じ捜査一課の強行犯三係への配属となりました。

 

スポンサーリンク

【名探偵コナン】親友の仇を討つため1人奮闘

3年前から毎年11月7日に警視庁に送られてくる数字だけが書かれたファックス。

それは4年前の爆弾事件と同じ犯人が送ってくるカウントダウンと気づいた松田刑事は、今年も必ず届くと確信し1人そのファックスを待ちます。

その年に届いたのは数字ではなく、謎の暗号文でした。

すぐにその暗号の答えが杯戸町のショッピングモールにある大観覧車だと気づいた松田刑事は、爆弾が設置されているだろうその場所へ1人向かいます。

 

スポンサーリンク

【名探偵コナン】佐藤刑事の淡い恋心

blank

父親の形見である手錠を大切にしている佐藤刑事に

「あんたが忘れたらあんたの親父は本当に死んでしまう。」

と言い、自身も送っても受け取ってくれない親友にメールを送り続けていることを佐藤刑事に教えます。

松田刑事のことを忘れたくて泣く佐藤刑事に

「それが大切な思い出なら忘れちゃダメです…人は死んだら人の思い出の中でしか生きられないんですから…」

という高木刑事の言葉で、ようやく佐藤刑事はずっと消せずにいたメールを削除し、新しい恋へと進み始めました。

 

スポンサーリンク

【名探偵コナン】死の直前に佐藤刑事に送ったメール

blank

由美からメールを読んですぐに消す癖をやめろと言われても、大切なメールが消えないようにと他のメールを消し続ける佐藤刑事。

佐藤刑事が消したくないメールは松田刑事から送られた最後のメールでした。

そのメールには2つ目の爆弾の在処とともに、「あんたの事わりと好きだったぜ」というメッセージが添えられていました。

父親に続き大切な想い人も殉職で失ってしまった佐藤刑事は、自分は呪われていると思い、その後高木刑事に惹かれつつもなかなか次の恋に踏み出せずにいました。

 

スポンサーリンク

【名探偵コナン】安室の危機を救った松田との思い出

「純黒の悪夢」で安室は爆弾の解体を買って出ました。

松田刑事の名前こそ出さなかったものの、コナンに爆弾解体を教えてくれた友人についてかなり詳しく話していました。

由美に松田刑事と佐藤刑事のことを聞いていたコナンは、安室が語った友人が松田刑事のことだと気付いたと思います。

早く風見刑事と合流したい安室は急いで解体しようとしますが、うっかりトラップに引っ掛かりそうになってしまいます。

直前に気付き、

「焦りこそ最大のトラップだったよな、松田。」

と懐かしそうな、悲しそうな複雑な表情で呟きます。

コナンに宣言した通り、安室は無事爆弾を解体し松田の技術が完璧であることを証明してみせました。

 

スポンサーリンク

【名探偵コナン】最後までカッコよすぎる生き様

blank

松田刑事の推理通り、大観覧車の72番目に爆弾が仕掛けられていました。

ちょうど下に降りていたそのゴンドラに「こういうことはプロに任せな」と言って単身爆弾のある観覧車に乗り込みます。

仕掛けられた爆弾は4年前の事件と同じもので、爆発物処理班のエースであった松田刑事なら問題なく解体できるはずでした。

しかし、爆弾のパネルに表示されたのは、爆発3秒前に次の爆弾のヒントを表示するという非情なメッセージでした。

blank

犯人から送られた暗号でもう1つの爆弾の在処が病院であるところまでは解けていましたが、残り2時間で病院全てを調べるのは不可能と判断した松田刑事は、そのヒントを見るため爆弾の解体をやめてしまいました。

 

スポンサーリンク

まとめ

blank

回想シーンだけの登場にも関わらず、非常に人気の高い松田刑事。

彼の名言や生き様を振り返ってみると、人気の高さが納得のカッコいい刑事です。

松田刑事たちの1つ年下であった佐藤刑事の代だけ規律が厳しくなるほどの、警察学校時代に彼らがしたヤンチャの内容も非常に気になるところです。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です