スポンサーリンク

【キングダム】黒羊丘の戦いでの黒桜の活躍とは?男顔負けの黒桜も桓騎の前では女の顔に!?

スポンサーリンク

黒羊編は飛信隊が桓騎軍と共に趙の要衝・黒羊丘へ侵攻するエピソード。

かつてないほど質の異なるタッグとなり、飛信隊は桓騎軍のやり方に翻弄されることとなりました。

しかしその一方で桓騎軍の有能さが感じられる部分も多々あり、特に桓騎の副官・黒桜(こくおう)の活躍が注目されました。

それでは黒桜がどんな活躍をしたのか、本記事では黒羊丘の戦いの黒桜の動きをご紹介していきます!

 

スポンサーリンク

 

【キングダム】黒羊丘の戦いのあらすじ

加冠の儀を経て秦はようやく嬴政の目指す中華統一へ動き出そうとしていました。

「中華統一に秦が高い士気で挑める年数はたったの15年」だと算出した昌平君は、情勢を鑑みながら趙攻めに方針を決定。

そして紀元前237年、飛信隊に黒羊への侵攻が言い渡されました。

秦軍は飛信隊と本軍の桓騎軍を合わせて5万8千。

対する趙軍は総大将・慶舎軍と離眼の紀彗軍を合わせて7万。

黒羊は密林地帯であり城がないため、代わりに5つある丘を占拠することが勝利条件となります。

そんな特殊な土地だからこそ一筋縄ではいかず、合従軍で趙の総指揮を執ったほどの慶舎の実力や予想外の離眼軍の存在に秦軍は苦闘を強いられます。

しかし桓騎が敵味方含めてすべてを翻弄していくのでした。

 

スポンサーリンク
"
"

【キングダム】黒羊丘の戦いは何巻?

黒羊丘の戦いは41~46巻で描かれているエピソード

黒羊丘の戦いの見どころはやはり桓騎軍との共闘です。

桓騎軍とは山陽の戦いや合従軍の戦いで戦場を共にしていますが、まともに手を組んで戦いに挑むのは今回が初めて

これまでの登場で気になっていた桓騎軍の個性的なキャラクターたちがようやく掘り下げられる注目のエピソードとなっています。

 

スポンサーリンク

【キングダム】黒桜と桓騎の関係性とは?

黒桜は桓騎配下の女性幹部

桓騎軍の副官を務めており、摩論・厘玉・雷土らと共に常に桓騎の側にいます

桓騎の戦術に翻弄されることがしばしばあるようですが、桓騎を理解し絶大な信頼を置いています。

また桓騎に惚れているようで、桓騎の色気に頬を赤らめることも。

黒羊丘の戦いでは軍議中に桓騎にあごクイされて鼻血を出している姿が可愛いので注目です。

 

スポンサーリンク

【キングダム】黒桜の強さとは?

黒桜は速射を得意としている弓の名手

指揮力も高く、的確で素早い状況判断によって攻守のバランスに優れた展開ができる良将です。

黒羊丘の戦いでは対峙した紀彗軍の将軍・海剛に「こちらの手が見透かされているようにすべて空振りし潰される」と言わしめています。

元野盗のため、攻め方も兵法に則っておらず“読みにくい”という桓騎軍ならではの強さも特徴です。

また勘も鋭いらしく、摩論曰く「いつも外さない」そう。

 

スポンサーリンク

【キングダム】中央丘を巡る戦いへ

黒羊は広大な樹海であり、城がない代わりに「5つの丘を占拠すること」が勝利条件です。

特に勝敗を握るのが巨大な中央丘

この中央丘を手に入れられれば十中八九勝利となるため、中央丘上の押し合いはもちろん、平地戦いもとにかくできる限り前線を中央丘より奥へ押し込むことが最大の勝負所となりました。

 

スポンサーリンク

【キングダム】紀彗の脅威に黒桜撤退?

黒羊丘の戦いは初日は「前線の作り合い」で、2日目から本格的に「中央丘の取り合い」となりました。

そして黒桜は摩論軍とともに桓騎軍中央軍としてメインの中央丘に出陣。

丘の右半円を担当し、戦いを優位に進めて前線を大いに押し込んでいきました。

さらに右翼の飛信隊の前線突破の報を聞くと、黒桜は鋭く勝負所と見極めて総攻撃の命令を出します。

しかしそこで予想外の事態に。

「離」の旗を掲げた趙将・紀彗が姿を現し、それによって対峙する趙軍の士気が尋常ではない上がり方をしたのです。

一瞬で風向きが変わったことを感じ取った黒桜は、すぐさま総攻撃を中止して守備隊形に変更。

ところが紀彗らは騎馬で断崖を駆けおりて攻撃を仕掛けてきたため、黒桜はその存在の危険性を考えやむなく全軍退却の指示を出しました。

無念にも形勢逆転されてしまった丘上の攻防ですが、しかし黒桜の冷静で迅速な判断は兵の犠牲を最小限にとどめたのでした。

 

スポンサーリンク

【キングダム】桓騎の撤退命令に黒桜もタジタジ?

3日目、飛信隊の躍進により戦場に秦軍優勢の状況がつくられ、黒桜も「黒羊の大一番になりそうだ」と意気込みました。

ところが桓騎は一切何もしないまま1日を終わらせ、敵味方全員を困惑させたのでした。

中央丘で奮闘していた黒桜こそ期待を裏切られた形になったと言えますが、しかし黒桜は「時々あること」だと受け止めた上で「明らかに確信的なものだ」と桓騎のことを理解していました。

4日目、飛信隊のもとで大混戦になると、黒桜は紀彗のいなくなった隙を見逃さず全軍攻撃を発令。

的確に丘の主道を狙った動きで紀彗軍にプレッシャーをかけます。

その後、中央丘に戻った紀彗軍と死闘を繰り広げますが、なんとここで桓騎から「丘から全軍撤退しろ」という、この4日間の戦いを不意にするような命令が出されました。

これにはさすがの黒桜も納得がいきませんでしたが、「四の五の言わずに昔みたいに俺を信じろ」とあごクイされ、思わず鼻血を出したのでした。

結局、桓騎のやり方は予想外で面白く、そしていつも“完全勝利”に繋がっているのだったと、黒桜ら桓騎軍幹部は思い出し納得するのでした。

 

スポンサーリンク

【キングダム】黒桜と羌瘣が一触即発?

桓騎が“完全勝利”のために5日目に行ったのは、黒羊の樹海に点在する村の焼き払いでした。

するとこれに信と羌瘣が激怒し、桓騎軍本陣まで乗り込んできます。

すぐさま雷土と信が殴り合いになり、桓騎軍と飛信隊で戦争を起こしそうなほど一触即発の状態に。

黒桜も雷土を援護すべく弓を構えますが、羌瘣に弓を斬られ、投げ飛ばされてしまったのでした。

 

スポンサーリンク

【キングダム】黒羊丘の戦いの結末

そうして秦軍は5日目の半日ほどを内輪揉めで浪費してしまいましたが、趙軍との決着はその日のうちにつきました。

決め手は桓騎が、村焼きで集めさせた死体で砂鬼一家におぞましい『贈り物』をつくらせ、それに「離眼城でこれ以上の惨劇を起こしてやる」という伝文をつけて紀彗に送り付けたことでした。

趙軍は4日目に総大将・慶舎が信に討たれており、5日目は代わりに離眼城主・紀彗が指揮を執っていたのですが、この桓騎からのメッセージで紀彗は丘を放棄し離眼城に帰還。

その後は慶舎軍の金毛と岳嬰が丘に留まりギリギリまで徹底抗戦したものの、ゼノウ一家と飛信隊の突撃を受けて全軍撤退を決め、秦軍の勝利で戦いは終結しました。

そのまま秦軍は黒羊の砦化を開始。

秦は黒羊を拠点とする趙西部の攻略を見据えながら、秦に牙を剥こうとしている各国への対応に慌ただしくなっていくのでした。

 

スポンサーリンク

まとめ

黒桜は桓騎軍の紅一点の副官。

黒羊丘の戦いではメインの戦場である中央丘を担当し、相手の動きに敏感に反応した臨機応変な指揮で秦軍を引っ張っていました。

奮闘とは裏腹に桓騎に翻弄される戦いにはなったものの、今回の秦軍の戦いを支えていたのは間違いなく黒桜です。

刺激的なビジュアルが目を引きますが、実は将としてかなり有能だと分かった戦いぶりですので、黒羊丘の戦いでは是非黒桜の活躍に注目してください!

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒黒桜姐さんはドSなようで意外と一途!?桓騎軍の紅一点!黒桜・・

⇒桓騎軍の頼れる姐さん 黒桜・・

⇒冷酷で残虐!!無敗の秦の将軍、桓騎(かんき)の弱点とは!?・・

⇒黒羊丘の戦いで見せた羌瘣の怒りとは?羌瘣に飛信隊副長として・・

⇒桓騎軍が強い!元野盗集団のメンバーとは!?・・

 

スポンサーリンク

 

 
 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA