PR

スポンサーリンク

最新ネタバレ『キングダム』760-761話!考察!韓非子の秦行きが決定!信の語る人の本質「火」とは!?

スポンサーリンク

人の本質は善なのか悪なのか。

韓非子は嬴政と“古い友”である信の考えから嬴政をはかろうとしている様子。

信は逆に、多くの人に恨まれた桓騎が桓騎一家にとっては光だったように、そもそも“善悪の定義は何なのか”と問い返しました。

環境や状況で人の考え方や見え方は変わるし、特に互いの正義をぶつけ合って殺し合う戦場では善も悪も関係ないと、韓非子の問い自体を否定するような信。

しかし韓非子は、そんな“善悪の垣根のない異常な世界”の中で信が見つけた答えこそを求めていました。

これが恐らくは、答え次第で秦来朝の可否を決めるだろうと思われる韓非子の“本命の”質問。

そして騰に「今のお前の感じるままに話せばいい」と言われ、信は心のままに答えを出しました。

「人の本質は“火”だ」と。

果たしてその答えは韓非子の心を動かすことはできるのでしょうか。

第760話『変わらないもの』は信の語る“火”に注目です!

 

スポンサーリンク

『キングダム』760話!のネタバレ

それでは『キングダム』760話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

善悪は変化するもの

人の本質を「火」だとした理由と言える理由はありません。

信はただ騰に後押しされた通り、その戦場にいた目で「火」だと思っただけ。

身勝手な反乱を起こし、大切な友・漂を含む大勢の犠牲を出した成蟜を信は恨みましたが、数年後は嬴政の味方となり、愛する人を助けるために自ら戦場に行って死亡しました。

何度も殺意を抱いた最悪の極悪人・桓騎も、最後にはその心に“理不尽に虐げられる人間たちの存在を見て見ぬふりをする世の中への怒り”があることを知りました。

初めは信にとって紛れもない悪だったこの2人のように、“善悪”は視点を変えれば入れ替わることもあるし、その者の中でも変化を起こして変わることもある、と信。

それなのに「人は善か悪か」と決めるのは無茶だろうと信は言いました。

 

スポンサーリンク

全員が持っている普遍的なもの

だからこそ多くの学者が研究しているのだという韓非子に対し、信はそんなあやふやなものより、人間が全員“変わらず持っている”ものの方が重要だろうと言います。

その誰もが持っている普遍的なものというのが「火」。

信曰く「命の火」と「思いの火」です。

人は誰もが自分の「火」を持って一生懸命に生きており、戦場ではそれを最大限に燃やしてぶつかり合います。

そこで死んでしまえば「命の火」は消えてしまいますが、「思いの火」は次の者が受け取れるのだと信は言います。

それは味方だけでなく敵の火も。

そうして思いの火を受け取りながら、自分の火をより大きくしていくのだと信は言い、同じく大きいだろう李牧の思いの火も自分が受け取っていくのだと語りました。

 

スポンサーリンク

韓非子こそ性善説?

信の話が本当なら、確かに最終的には「思いの火」は1つになるだろうと納得する韓非子。

ただし話が美しすぎる=結局信は性善説であり、人の本質から目を逸らしていると韓非子は失望します。

実際にはもし七国が1つになり戦がなくなったとしても、人は世界を再び私利私欲のために食い散らかすのだと。

すると信は「だから“法”が必要なんだろ」と返しました。

この言葉には「人は愚かゆえに法で御すことが必要」と考える韓非子も同意。

ただし信は“愚か”と“悪”は別物であり、“悪”だと断じるのは諦めだとも言いました。

しかし諦めていないからこそ、「人はこんなもんじゃないはず」と腹を立てているからこそ、人のことを必死に考えて法を作っているはずだろうとも言います。

そしてそれは、法家の最上位である韓非子も同じ。

人のことを“思って”人生かけて考えている韓非子こそ誰よりも善意に溢れた“性善説”であり、韓非子の「思いの火」も燃え盛っているのではないかと信は問うたのでした。

 

スポンサーリンク

韓非子、秦行きを決定!

性善説を嫌悪していた自分が性善説だと言われ、韓非子は「これほど愉快な問答は初めてだ」と声をあげて大笑い。

同時に腹も立てたようですが、信の言葉に「思いの火」を感じてひとまず納得したようです。

そしておもむろに話を終えて部屋を出ようと動き出しました。

秦へ行く準備を始めるというのです。

つまり交渉は成立!

「腹立たしい今の問答の続きは秦王に受けてもらう」という韓非子を連れ、一行は秦へ帰ります。

 

スポンサーリンク

キングダム』ネタバレ760-761話のまとめ

「人の本質は火」というところですでに信らしい話ではありましたが、その理由の中に信のこれまでの出会いや戦いが詰まっていて、本当に集大成のような1話でしたね。

色々経験してきた将軍李信だからこそ紡げた熱い言葉であると感じました。

作中の背景には王騎・麃公・桓騎ら将軍たちや那貴・岳雷・松左・去亥・尾到ら仲間たち、尭雲・輪虎・万極ら敵将の姿も描かれ、信が彼らから受け取った「火」を自分の火としていることが分かります。

もちろんここに出てきた者たちだけではないでしょうが。

彼らの燃やした火とそれをいかにして信が受け取ってきたか、またキングダムを全て読み返したくなりました。

読み返したくなると言えば加冠の儀の日の嬴政と呂不韋の舌戦もですが、皆さん覚えていますか?

嬴政も呂不韋に「人への諦め」を語っていて、「人は自分の中にある“光”を輝かせ、その光を次の者が引き継ぎ、さらに大きく」という話をしているんですよね。

立場や言葉は違えどやはり親友というべきか、同じように本質を見据えしっかりと同じ方向を向いていることが窺えます。

だからこそ韓非子も信の中に嬴政を見ようと問いかけたのでしょうが、おかげで韓非子の秦行きが決定しました。

というわけで信たちはミッション達成!

韓非子を連れて行くにあたって寧が黙っていない気がしますが、ここからどう展開していくのかまた楽しみですね!

 

読者の皆さまがこの後に読んでいる記事はこちらです。

⇒『キングダム』762話!韓非子はスパイなのか!?咸陽に蠢く間・・

⇒『キングダム』761話!次は趙との情報戦!?韓非子を迎えた秦・・

⇒『キングダム』759話!人の本質は火!信の考える善悪に注目!・・

⇒『キングダム』758話!介億が外交官として登場!秦を背負って・・

 

スポンサーリンク

 

 
 

 

⇒キングダム1巻の無料分を読む
(すべてはここから始まった)

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】

キングダム最新話一覧

 

 73巻
801話800話799話798話797話
796話795話794話793話792話
791話    
 72巻
790話789話788話787話786話
785話784話783話782話781話
780話    
 71巻
779話778話777話776話775話
774話773話772話771話770話
769話    
 70巻
768話767話766話765話764話
763話762話761話760話759話
758話    
 69巻
757話756話755話754話753話
752話751話750話749話748話
747話    
 68巻
746話745話744話743話742話
741話740話739話738話737話
736話    
 65巻
713話712話711話710話709話
708話707話706話705話704話
703話702話   
 64巻
701話700話699話698話697話
696話695話694話693話692話
691話    

 

キングダム5期 黒羊攻防戦編

 

桓騎軍
桓騎黒桜雷土
摩論ゼノウ那貴
飛信隊
羌瘣河了貂
渕さん尾平我呂
趙国軍
慶舎紀彗李牧
金毛劉冬 

 

キングダム  アニメ4期 国反乱&加冠の儀編

 

国反乱&加冠の儀編の主な登場人物

秦国

嬴政

呂不韋

昌平君

 

秦国

太后

嫪毒

趙高

虎歴

  

 

太后の特集

絶世の美女嫪毒の愛後宮とは

国反乱&加冠の儀編の人気記事

加冠の儀毐国咸陽の戦い
毐国の実在  

 

映画キングダム2 遥かなる大地へ

映画キングダム2の登場人物

 

秦国

嬴政

昌文君

肆氏

麃公

王騎

縛虎申

 

飛信隊

河了貂

羌瘣

澤圭

尾到

尾平

沛浪

 

 

蚩尤族

羌象

羌瘣

 
魏国

呉慶

宮元

 
呂不韋陣営

呂不韋

昌平君

蒙武

映画キングダム2の人気記事

蛇甘平原の戦い信の嫁実在した人物
史実との違いヒロイン信の初陣

 

キングダム登場人物

 

 嬴政陣営
嬴政
成蟜
昌文君

東美
翡翠  
飛信隊

河了貂

羌瘣

澤圭

尾平

尾到

田有

崇原

楚水

松左

去亥

那貴

羌礼

 

関連記事