スポンサーリンク

最新ネタバレ『マッシュル』152-153話!考察!マッシュ復活

スポンサーリンク

イノセントゼロに寝返るもメリアドールに殺されると忠告され逃げるオチョアは、攻撃の流れ弾で死にそうになったところをランスに助けられます。

助けたランスやドット、フィンの学生達は入れ替わりでイノセントゼロを相手にする即席の連携攻撃を見せます。

最初に対峙したフィンはマッシュに臆病な自身を変えるキッカケを作ってくれたと感謝し、今度は僕が助ける番だとイノセントゼロと対峙しました。

力の差は歴然で跳ね返されると次に出てきたのはドットです。

ドットもマッシュのように強くはないけど、体を張り、「一緒にイーストン校を卒業しようぜ」と言い、イノセントゼロに魔法を繰り出します。

この攻撃にも余裕で対処するイノセントゼロは、「消えろ」とドットを攻撃していきます。

この攻撃に吹き飛ぶドットに変わり「まだだと言ったろ」とイノセントゼロと登場したランス。

妹に誇れる兄でいられる様になったとマッシュに感謝し、出会った事を誇りに思うと呟くとランスはイノセントゼロも驚くほどの魔力を見せ「グラビオル」による連続魔法で攻撃します。

その頃、マッシュの復活を最大限まで高めようと自身の魔力を限界まで注ぎ込んでいたのがライオとレインの2人です。

レインはマッシュに限界まで魔力を渡し、ライオもレイン同様に限界まで魔力を注ぎこむと「あとは任せた」と倒れ込んでしまいます。

総力戦でマッシュの復活を信じる仲間達。

果たして、どんな展開になっていくのか早速152話を見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

『マッシュル』152話!のネタバレ

それでは『マッシュル』152話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

生き返るまで

ランスは「グラビオル」による連続魔法でイノセントゼロを攻撃しますが、それも虚しくイノセントゼロは無傷で耐えていました。

「どれだけ抵抗しようと運命は変わらん、諦めろ」と魔法でランスを串刺しにするイノセントゼロ。

それでもランスは「まだやれる」と力を振り絞り、「マッシュが生き返るまでオレが相手だ」と立ち上がってきました。

そのランスを見て驚愕するイノセントゼロは後にランスが神格者の上位になると確信し、こいつはここで確実に殺すと決め魔力を高めます。

 

スポンサーリンク

逃げられない

魔力を高めるイノセントゼロでしたが、そこへオチョアが近づいてきている事に気がつきます。

泣いているオチョアは「みんな勝てる訳ないのに、ムダ死にだよ」と口にします。

ですが、「みんなカッコつけて命張って、他人の事を庇って」と震えながら「そんなんじゃ、逃げらんねーじゃんかよ」と叫びます。

そして、「アリゲズ」を繰り出すと「貴様に何ができる」と言うイノセントゼロを尻目にマッシュを抱えて逃げ出します。

 

スポンサーリンク

誇れるように

マッシュを抱え「逃げろ〜」とその場を立ち去るオチョアを見て、イノセントゼロはすかさず追いかけると魔法を繰り出します。

オチョアはその攻撃の前にマッシュを離さないだけで精一杯です。

オチョアは「帰りたい」「痛い」と思っていましたが、今回だけはやり切ると決めていました。

理由はライオやランス達を見て「自分に誇れるように」なりたかったからです。

 

スポンサーリンク

みんな、ゴメン

泣きながらイノセントゼロに抵抗するオチョアでしたが、「遊びに付き合っている暇はない」と言うイノセントゼロの攻撃を受けてしまいます。

その攻撃で吹っ飛びマッシュを放してしまうオチョアは「ごめんよ、マッシュ」と口にします。

更にオチョアは「ごめん、みんな、シショー」と裏切った上、最後まで役に立たず「みんなゴメンよ」と泣きながら叫びます。

この姿を見て「醜い」と評するイノセントゼロ。

オチョアに「無駄な頑張りだったな、このゴミめ」と言うとトドメを刺そうとしました。

 

スポンサーリンク

殴りますよ

オチョアに迫るイノセントゼロでしたが、そこへいきなり裏拳が炸裂します。

そこには「人の事をゴミだなんて随分と偉そうですね」と拳を握り「調子に乗ってると、殴りますよ」と復活したマッシュが立っていました。

 

スポンサーリンク
"
"

『マッシュル』ネタバレ152-153話のまとめ 

ライオ渾身の連続魔法でも無傷のイノセントゼロでしたが、神格者達の驚異的な粘りに驚きを見せていました。

そして、まだ反抗しようとしているランスが危険分子だと判断したイノセントゼロは確実に殺そうと魔力を高めます。

そこへ、現れたのが裏切り者のオチョアでした。

ですが、ライオやランス達を見た事で「自分を誇りたい」という思いのオチョアはマッシュを抱えて逃げ出します。

今回だけはやり切ると決めていたオチョア。

イノセントゼロから逃れようとしますが、歴然とした力の差から吹き飛ばされてしまいました。

この状況で「役立たずでみんなゴメンよ」と泣きながら謝るオチョア。

イノセントゼロが「このゴミめ」とトドメを刺そうとした時、裏拳をかまし復活してきたのがマッシュでした。

マッシュは「調子に乗ってると、殴りますよ」と宣言します。 

遂に復活の時を迎えたマッシュ、次週どんな戦いになるのか。

最終決戦が始まる153話がどんな展開になるのか、楽しみにしたいですね。

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒『マッシュル』154話!更なる進化・・

⇒『マッシュル』153話!ありありのあり・・

⇒『マッシュル』151話!総力戦・・

⇒『マッシュル』150話!どうしようもないクズ・・

 

スポンサーリンク

 

 
 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA