最新ネタバレ『はじめの一歩』1285-1286話!考察!チーフトレーナー、一歩の大作戦

スポンサーリンク

1度目の計量をオーバーし2度目で何とかパスした木村です。

干からびた状態からゼリーで栄養補給をし頭が働くようになってから気がついた全身ピカピカ

、トレーナーである一歩も同様にピカピカになりそこまで付き合ってくれる一歩に感謝します。

勝ってくれれば大丈夫ですよと言いたいところですが、と言い普段の木村なら大丈夫だけど過酷な減量をクリアしたその体ではスタミナ不足がもっと早くなり序盤を凌がれるとガス欠になる可能性が高い。以前の試合より今回はもっと早くガス欠になるかもしれないといいます。

顔を曇らせる木村に一歩は作戦があるときりだします。

それでは見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

『はじめの一歩』1285話!のネタバレ

それでは『はじめの一歩』1285話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

チーフトレーナー

ノーランカーの吉本純平を相手にする木村。

日本ランカーであり格上ですがスタミナ不足が心配され序盤を凌がれると厳しいと一歩は見ています。

作戦があるときり出しますが篠田トレーナーの手前おこがましいと遠慮する一歩。

そこへ篠田トレーナーから今回は木村を任せっきりだったから一歩にチーフトレーナーになってもらう遠慮はするなと言います。

そして、一歩が口にした作戦は何と1RKO作戦と言う木村にはかなり無茶な作戦です。

 

スポンサーリンク

泥試合の申し子

チーフトレーナーを任された一歩ですが出した作戦に同席している篠田、青木、板垣は訝しみます。

青木は一歩に何を言っているんだ、こいつは泥試合の申し子だぞと言います。

木村は戦績を見ても足を使ってポイントアウトをするタイプの選手です。

流れの中カウンターでダウンを奪う事はありますが KOをするパンチ力には欠けています。

一同が微妙な空気の中、一歩がこの作戦の考えを話します。

 

スポンサーリンク

作戦会議

一歩はノーランカーの吉本純平は日本ランカーである木村のランキングを奪いに来るために研究を尽くしている。

木村のスタミナ不足、後半ガス欠になるのも勿論知っているはずで後半勝負にくるはず、なので虚を突いて1Rから KOを狙うと言います。

そして、木村のフィニッシュブローであるドラゴンフィッシュブローをコンビネーションで連発し逃さずに仕留めると提案します。

会議では木村本人がいるのを忘れているのか同席している篠田や板垣、青木は木村は目標を失っている、テンションが低いなど言いたい放題です。

そして、自宅に戻り天井を見つめる木村は腹を決め試合当日を迎えます。

 

スポンサーリンク

後楽園の主

翌日、試合を観戦しに鷹村が後楽園ホールにやってきます。

柱に座り項垂れている後楽園の主を見つけ、声をかけます。

鷹村は何故チケットをあげたのにこんな所で座っているのか後楽園の主に問うとチケットを換金し倍にしようと思ったが今はないと答え、鷹村は最低だなと返します。

自由席でいいなら来いという鷹村ですが後楽園の主は動けません、何故なら空腹だったからで鷹村からは腹が減ってるなら早く言え弁当を買ってやると言います。

後楽園の主は動き出しますがビールもと懇願し鷹さん、あっちの女が見てるやっぱりオーラが違いますねとおだて鷹村も分かったとビールも買う事に成功します。

スポンサーリンク

ゴミクズの星

鷹村と後楽園の主は客席から眺めます。

後楽園の主は木村のファンです。

鷹村は後楽園の主に何故なのか聞きます。

木村は自分と同じゴミクズの匂いがする、そんな木村が何処まで行くか見たい。

もしかしたらゴミクズの保持かもしれない。

それを聞いた鷹村は成り下がったなと心で思います。

 

スポンサーリンク

ネクチャン登場

遂に木村が登場し会場は盛り上がります。

鷹村は何故ハゲで一歩もハゲなんだと思い見ていますが木村にアドバイスする姿をみて今日はチーフセコンドかと気がつきます。

そんな一歩を見てジジイみたいにやれるのかと温かい目で見つめます。

ネクチャンコールの中、ゴングがなり試合が開始します。

足を使って逃げる吉本を木村は追いかけます。

強烈な左ジャブで先制しそのジャブを起点に巧みに体を使い吉本の進路を妨害します。

ベテランらしい攻めで目当ての場所に誘導していきます。

木村の術中にかかった吉本はロープを背負ってしまい、泥試合の申し子は返上させてもらうぜと攻撃に入ります。

 

スポンサーリンク

『はじめの一歩』ネタバレ1285-1286話のまとめ

1R KO作戦と言う足を使うアウトボクサーでKO率の少ない木村にはハードルの高い作戦を切り出した一歩ですが木村の潜在能力の高いを見極めています。

親友である青木に泥試合の申し子と言われたり

木村ファンであり後楽園の主にはゴミクズの星と言われるなど木村は散々な言われようです。

目標を失いかけていると篠田にも言われていますが間柴戦時にはあの宮田から弱点のないレベルの高いボクサーだと言われています。

その期待に応えるべくベテランの攻めを見せる木村ですが吉本にどう炸裂するのかネクストチャンピオン略してネクチャンを根付かせた張本人、後楽園の主の見てる前でゴミクズの星となるのか、親友の青木に言われた泥試合の申し子を返上することが出来るのかも期待しながら楽しみに次回を待ちたいですね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です