【かぐや様は告らせたい】登場人物まとめ!物語に欠かせない主要キャラをご紹介!

スポンサーリンク

『恋愛は戦!先に好きになった方が負けなのである!』

私立秀知院学園生徒会室を舞台とした天才たちの恋愛頭脳戦―「如何にして相手から告白させるか」という高度な(?)心理戦が繰り広げられている人気ラブコメ作品「かぐや様は告らせたい」。

プライドが高すぎて素直になれない天才2人のラブストーリーがハッピーエンドへ向けて動き出す中、ついに裏主人公たちの物語も始動し更なる盛り上がりを見せています。

そしていよいよ2020年4月から待望のアニメ第2期が放送開始

そこで今回は改めて「かぐや様は告らせたい」の個性的な登場人物をまとめておきたいと思います!

 

スポンサーリンク

【かぐや様は告らせたい】副会長 四宮かぐや

秀知院学園生徒会の副会長で本作の主人公のひとり。

高等部2年A組、弓道部所属。

四大財閥の1つと称される、総資産200兆円を誇る巨大財閥“四宮グループ”の令嬢で、勉学や芸事などいずれの分野においても高レベルでこなしてしまう正真正銘の天才

天才ではありますが筋金入りの箱入り娘なため世俗に疎く、性関連やIT関連など一部の常識には弱いという一面も。

中学時代は「氷のかぐや姫」と呼ばれるほど人を寄せ付けない雰囲気を漂わせていましたが、生徒会に入ったことでかなり丸くなり友人も増えました。

ただし無意識に他人を見下していたり利用しようという性格は沁みついており、自分にとっての利害で態度を変えたりするなど非常に利己的な性格。

情緒不安定なところがあり、有事の際にはかぐやを形成する様々な人格が脳内で討議する多重人格のような部分も見えます。

白銀のことが大好きですがプライドの高さ故に素直になれず、彼の方から告白させるため常に用意周到で慎重な策を講じており、時には四宮グループの力を行使することも。

天才としての体裁は辛うじて保ちつつも、恋愛脳でアホになっていく姿が見どころです。

 

【かぐや様は告らせたい】会長 白銀御行

秀知院学園生徒会の会長で本作の主人公のひとり。

高等部2年B組、前生徒会庶務。

秀知院学園において数少ない高校からの外部入学(混院)にも関わらず、圧倒的な学力と模範的な立ち振る舞いにより生徒会長として生徒からの衆望を集めています

外部入学ということに加え、裕福な家庭ではないため貧乏性だったりバイトをしていたりもあり、かぐやと違ってわりと世俗的な性格の持ち主。

常に成績1位の天才ですが万能型のかぐやとは違い努力の秀才型で、トップをキープするために実は1日10時間も勉強をするなど死ぬほどの努力をし、且つ他者にそれを悟らせていません。

成績・人柄・立ち振る舞い…一見すべてが完璧なように見えつつも、虫が苦手・運動音痴・極度の音痴など実は苦手なものも多く、それらも自身のイメージを守るため毎度並々ならぬ努力で克服しようとしています

かぐやのことが大好きですがプライドの高さ故に素直になれず、また“かぐやと対等の存在のになる”ため、彼女の方から告白させるよう仕向けていきます

ナイーブで傷つきやすい性格で四苦八苦しながら、如何に男として恋愛に・かぐやに向き合っていくのかが見どころです。

 

【かぐや様は告らせたい】書記 藤原千花

秀知院学園生徒会の書記で本作のヒロイン。

高等部2年B組、テーブルゲーム部所属。

ピンクの髪に大きな黒いリボン、作中随一の巨乳が特徴です。

明るく天真爛漫で、学園内の交友関係も広い人懐こい性格。

ただし空気の読めないド天然で、場を荒らしまくる人物として恐れられる反面、時にはそのアホぶりが皆の救いとなることも。

かぐやと白銀の策略を悉くぶち壊すジョーカー的キャラクターとしてもお馴染みです。

作中ではとにかく予測不能でアホな言動が目立ちますが、実は政治家一族の家系で語学力にも長け、天才ピアニストと称される他にもギターやボイパなど音楽の才能もさりげなく発揮しているなど意外と多才で優秀

中等部時代からのかぐやの大親友ではありますが、場合(白銀関連のことやバストの話など)によってはかぐやに酷い扱いを受けていたり心中でボロクソに貶されていることも。

運悪く白銀の弱点を知っては特訓に付き合わされる白銀特訓回は高い人気を誇っており、白銀に対してすでに母のような心境で見守っている姿に注目です。

とにかく神出鬼没・予測不能でエキセントリックな存在感が見どころ

 

【かぐや様は告らせたい】会計 石上 優

秀知院学園生徒会の会計で本作の裏主人公。

高等部1年B組。

零細玩具メーカーの次男で情報処理能力に長けており、白銀に「お前がいないと生徒会が破綻する」と言われるほど生徒会の実務的な部分で大きな支えとなっています

根暗で卑屈でネガティブな性格で普段は大人しいものの、青春めいた物事に対するヘイトや人(主に藤原)の非を責める時などは発言し始めたらブレーキが利かなくなります。

人間観察力が高いですが、不器用な性格も相まってしばしば人の地雷を踏んでしまうことも。

正義感・責任感が強く利他的な性格ですが、本人の陰オーラゆえかその部分を理解している人は少なそうです。

停学処分から不登校になっていた時期があり、白銀のおかげで復学したという過去があります

3年の子安つばめに絶賛片想い中で、この恋を成就してみせるのか―裏主人公としてのラブストーリーに注目です。

 

【かぐや様は告らせたい】風紀委員兼会計監査 伊井野ミコ

秀知院学園生徒会の監査で本作の裏ヒロイン。

高等部1年B組、白銀生徒会二期目から生徒会入りした1年生で、以前より務めている風紀委員も兼任しています。

正義感が強く真面目で融通が利かない性格のため他の生徒に疎まれがち。

白銀と同じく学年1位の成績をキープしている優等生ではありますが、その心中には「トップから陥落したら自分の言うことを聞いてもらえなくなるのでは」という強迫観念があります

タイミング悪く生徒会室に来ては状況を誤解するというオチ要員としても優秀。

ちょっと優しくされると気を許してしまうチョロい性格で、藤原書記に対してDV被害者のような境地に達していたり、さらにはラクダの鳴き声やイケボで癒される・大きな熊に抱きかかえられるように寝ている・幼少期からのタオルケットを使い続けているなど闇深い一面も。

中等部時代に匿名で花と共に励ましの手紙をくれた人に思いを寄せており、その相手が明らかになるのかも注目していきましょう。

実は石上の復学に陰ながら関わっており、石上とは嫌い合いながらも実は互いに知らないところで助け合っているという不思議な関係。

文化祭以降石上へ好意を抱いて来ている様子もあり、今後正式に恋愛感情へ発展するのかも見どころとなっています。

 

【かぐや様は告らせたい】かぐやの侍女 早坂 愛

高等部2年A組のギャル。

その真の姿は四宮グループ幹部の娘で、幼少期からかぐやを支えているかぐやの近侍。

姉妹同然に育っているためかぐやにとっても素の自分を出せる数少ない相手で、公私ともにかぐやの強い味方です。

白銀に対する恋愛相談や無茶ぶり、しょうもない命令に振り回されつつも世間知らずのかぐやを完璧にサポート。

ただし気苦労でストレスも多いようで、時には意趣返しのようなことも。

近侍としての早坂やギャル形態の早坂愛を始め、スミシー・A・ハーサカ、ハーサカ君など状況に応じて様々な見た目や性格を使い分ける姿にも注目

そして完璧なスーパーメイドとしての姿の陰に、マザコンの傾向があったり男友達が欲しいと思っていたり可愛らしい一面が隠れています。

近侍としての手腕や苦悩、年頃の女の子としての願望など、早坂にも見どころがいっぱいです。

 

【かぐや様は告らせたい】白銀御行の親父

御行と圭の父。

過去工場経営に失敗し、現在は職業不定。

7年前に妻が出奔したため(籍は抜いていない)、男手ひとつで2人を育てています

資格マニアで、キャリアコンサルタントの資格などを保有。

体育祭でかぐやと出会い御行への想いに気づきながら、その後度々かぐやの前に現れてはからかって楽しんでる様子。

おちゃめでシュールな言動ながら、息子とかぐやを陰ながら応援している姿に注目です。

 

【かぐや様は告らせたい】御行の可愛い妹 白銀 圭

御行の妹。

中等部2年B組で、中等部生徒会の会計。

家庭の経済状況から御行同様、経済観念が発達しているしっかり者です。

藤原萌葉と大親友で千花とも仲が良く、藤原家にも度々遊びに行っている様子。

兄と思考が似ているのかかぐやに強い憧れを抱いており、距離を縮めようと頑張っていますがなかなか素直に喋ることができません

家では反抗期中で御行に対して冷たい態度をとる反面、本当は自慢に思っていたり恋バナも気になっていたりとなんだかんだで兄のことが好きな可愛い妹なので、御行との距離感・かぐやとの距離感に注目です。

 

スポンサーリンク

【かぐや様は告らせたい】藤原千花の姉 豊実

藤原家の長女で、千花の姉。

クリスマスツリーを門松に改造し藤原家に奇妙な文化を根付かせた上で「ウチのクリパなんかキモイ」と言ってのけるなど、千花と同様自由奔放な性格の持ち主

体育祭で露出度の高い服装で登場し、千花以上の爆乳を読者に見せつけました。

すでに大学生ということもあり物語への登場回数が少ないので、登場シーン自体が見どころです。

 

【かぐや様は告らせたい】藤原千花の妹 萌葉

藤原家の三女で、千花の妹。

中等部2年B組、中等部生徒会の副会長。

圭の大親友で「圭を一生地下牢に閉じ込めて可愛がりたい」など少しサイコパスじみた愛情を見せています。

文化祭で見た白銀に一目惚れしており、そのせいでかぐやと牽制し合うことも。

恋敵であり藤原の血縁でもあるということで、かぐやの萌葉への接し方が見どころです。

 

【かぐや様は告らせたい】かぐやの相談相手 柏木 渚

高等部2年B組、ボランティア部所属。

恋愛相談のため生徒会室を訪れたことがきっかけでかぐやと懇意になり、その後は逆にかぐやからの恋愛相談を受けるなど、恋愛面においてのかぐやの良き先輩・良きアドバイザーとなっています。

ただし彼氏の浮気を疑った際にはスマホを盗み見たり探偵を雇ったりとややメンヘラ気質があったり、所かまわずイチャイチャしたりそれとなく“ヤベー女”を感じさせるキャラクター

すでに彼氏とは神っている様子。

通称:柏木神。

 

【かぐや様は告らせたい】柏木の彼氏 田沼 翼

高等部2年B組、ボランティア部所属で柏木渚の彼氏。

白銀から伝授された壁ダァンによって柏木への告白に成功

医者志望の地味なキャラクターでしたが、神ったであろう夏休み以後から髪を染めたりと明らかにチャラくなりました。

四宮家お抱えの医者・田沼正造の孫であることが示唆されており、これが事実なら父も祖父も17歳でデキ婚していることになるので、本人もその道を辿るのかが注目されています。

 

【かぐや様は告らせたい】かぐやの遠い親戚 四条眞妃

高等部2年B組、ボランティア部所属。

四宮家の血筋で、かぐやの再従姪孫といった遠縁の関係。

かぐやに対抗心を持っていますが、傲慢で素直じゃないところなど言動の端々にかぐやと似た部分が窺えます

しかしその中身はとても健気で繊細であり、結局本音を漏らしてしまうなど躁鬱の激しい性格なので石上から「ツンデレ先輩」と言われています。

翼のことが好きですが、翼が親友の柏木と付き合ってしまった上に2人のラブラブぶりを見せつけられるという可哀想な立場の人物

そんな残念ぶりが見どころではありますが、石上の背中を押すなど純粋にいい子であると感じさせられ、どうにか幸せになって欲しいと願ってしまうキャラクターです。

 

【かぐや様は告らせたい】ミコの親友 大仏こばち

高等部1年B組、風紀委員。

ミコの小等部時代からの親友で、彼女の性格も扱い方も知り尽くしているキャラクター

他の生徒に疎まれ孤立しがちなミコを長らく支えてきており、また石上の優しい本質にも気づいているようで彼に関する噂にも懐疑的。

大きな丸メガネで顔が不明ですが、作中ではかなり美人だという扱いで、ヤンジャン始まって以来の美少女だという噂も。

大仏視点のミコが物語の見どころかと思いますが、さりげなく彼氏を作ったり別れたりしているので彼女自身の動向にも注目です。

 

【かぐや様は告らせたい】石上が好きな先輩 子安つばめ

高等部3年A組、新体操部所属。

体育祭では応援団副団長、文化祭では実行委員長を務めるなど学園生活最後の行事を満喫している陽キャ。

誰とでもフランクに接する裏表のない性格で面倒見も良く、学園のマドンナであり石上の想い人

石上とは文化祭~クリスマスパーティを経て一悶着ありましたが、今は「返事は3月まで保留」ということになっています。

小野寺が言うには、前の彼氏との別れ方が原因で恋に臆病になっているかもしれないとのこと。

石上のことは嫌いではなさそうですが、果たして進展はあるのかがこれからの見どころです。

 

【かぐや様は告らせたい】前生徒会会計 龍珠 桃

高等部2年C組、天文部所属、前生徒会会計。

反社会的団体「龍珠組」組長の娘で学園VIPのひとり。

前生徒会時から白銀との親交があり、当時卑屈な青年だった彼に「虚勢の一つでも張れ」とアドバイスし、現在の生徒会長然とした白銀を作るきっかけを与えた人物

ただ白銀に何かしらの恩があるらしく、文化祭でのウルトラロマンティック作戦で風船作りを手伝わされていました。

この“恩”が何だったのか、エピソードとして登場することを期待しましょう。

 

【かぐや様は告らせたい】スピンオフから登場!マスメディア部

校内新聞の作成などを手掛けている部活動。

作中に度々登場しており、同じ『週刊ヤングジャンプ』内で連載されているスピンオフ4コマ漫画「かぐや様を語りたい」の主人公にもなっています

それなりに部員はいるようですが、メインキャラクターとなっているのは高等部2年C組の紀かれんと巨瀬エリカで、2人とも熱烈なかぐや信者。

「かぐや様を語りたい」は本編とリンクした形でそれぞれのエピソードの裏などを覗き見ることができ、「かぐや様は告らせたい」を別角度から更に深く楽しむことができるのでオススメです。

 

まとめ

生徒会内だけでも充分に個性的で濃密な漫画でしたが、モブのように登場していたキャラクターたちも徐々に掘り下げられ物語がどんどん広がりを見せています。

各キャラの言動と心理がテンポよく描かれているので、ギャグの中にも意外にリアルな人間性を感じますよね。

常にそれぞれの頭脳戦が繰り広げられているとも言える「かぐや様は告らせたい」、今後もすべてのキャラクターに注目です!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です