【キングダム】751話ネタバレ最新!李牧と相討ち狙いか!?桓騎一家総力のあがき開始! | 漫画コミック考察ブログ

PR

スポンサーリンク

【キングダム】751話ネタバレ最新!李牧と相討ち狙いか!?桓騎一家総力のあがき開始!

スポンサーリンク
この記事を読むとわかること

  • 桓騎は恋人を殺され、闇の中に光を宿している。
  • 桓騎の怒りは世界への絶望ではない。
  • 桓騎一家は李牧との相討ちに覚悟を決める。

桓騎を追い詰めた李牧が「武器を捨てて投降すれば配下たちの命は助ける」という勧告をしましたが、桓騎はそれを拒否。

そうして最後まで抗おうとする桓騎には最愛の恋人・偲央を無惨に殺害された過去があったことが分かりました。

しかし桓騎の心は憎悪に満ちているわけではなく、その心の闇の中心に偲央との出会いで生まれた光が宿っていることが発覚。

それにより桓騎が何よりも一家を大切にしていることも分かりました。

また李牧はそんな桓騎と対峙し、桓騎の“怒り”にあるのは世界への絶望“ではない”と気づきます。

第751話『一秒の差』は桓騎と李牧の対話の続きに予想外の展開が!?

 

スポンサーリンク

 

『キングダム』751話!のネタバレ

それでは『キングダム』751話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

桓騎は何かを待っている?

腹を貫かれた黒桜は、もはや自分が生きているのか死んでいるのかさえ判断できないほど限界。

それを厘玉が「1人じゃないから安心しろ」と勇気づけます。

黒桜は桓騎も一緒なことに喜ぶ一方で、独りで逝った雷土を思い涙を流しました。

また、桓騎は何かに気づいたのか何かを探っているのか、右方に視線を移しました。

 

スポンサーリンク

桓騎はやはり悪党

李牧が桓騎に「心の器が小さい」と言ったことを謝罪しました。

前話で“仲間内にしか思いを向けられない桓騎の心の器はノミより小さい”と言い放った李牧ですが、桓騎の持つ怒りが「絶望」ではないことに気づいたからです。

桓騎は“完璧な世の中”を望んで“怒り”続けているのではないかと。

それならば心の器は「誰よりも純粋で大きい」と李牧は感じました。

ただし李牧は、桓騎の願いは現実と乖離しすぎていて意味を持たないとも考えていました。

思想家などならそれで終われますが、桓騎はもはや一国の武将ですから行動する力があります。

それを李牧は「虚しい怒りを暴力に変えて散らしてきた」と表現し、桓騎はやはり「最悪の悪党」であると結論付けたのでした。

 

スポンサーリンク

桓騎の考え

さて李牧の話も終わりいよいよ決着の時。

李牧は右手を上げ、桓騎に対して最終勧告を行いました。

場に緊張が走る中、桓騎が李牧を「強いくせに人としての器は凡人」であり何も変えられないと語り始めます。

一方で秦王・嬴政のことを「ぶっ飛んでる」と笑う桓騎。

そんな双方の存在によって双方のような存在が出てきて、互いに勝手な理想や願いを求めて戦っているのだろうが、剣を手にしている限り下の者たちが血を流し続けるだけだと桓騎は言いました。

「お前らは絶対にどこにも辿り着かない」

それを聞き「秦王が始めなければ…」と言う李牧に、桓騎は「お前らは外に目を向けすぎ」と語ったのでした。

李牧はハッとしたように言葉を失います。

 

スポンサーリンク

ゼノウを皮切りに桓騎一家奮起!

一通り話し終えた頃、桓騎が何かに気づきフッと笑いました。

そして黒桜に催促され、いつもの言葉を皆にかけます。

「心配するなお前達。全部うまくいく」

この一言で再び奮起する桓騎一家。

さらに桓騎はこの状況においても彼らに「最後までしっかりついて来いよ」と言ったのでした。

何かあるのかと警戒する李牧・馬風慈。

何も起こせないと理解しつつも、とどめを刺すべくついに李牧は打倒桓騎の合図を出しました。

するとその時、桓騎の「ゼノウ!!」の声と共にゼノウが出現!

すでに満身創痍のゼノウですが、桓騎との出会いを喜びながら、上和龍の顔を握り潰したのでした。

 

スポンサーリンク

那貴隊も到着で李牧と相討ちへ!?

さらにちょうどそこへ那貴隊が到着!

まともに戦えるほどの兵力ではありませんが、那貴隊はせめて那貴を桓騎の元に行かせられるよう動きます。

那貴隊の到着に気づいた桓騎は厘玉に「一秒でも先に死んだらそいつの負けだよな」と問いました。

相討ち覚悟の李牧狙いということでしょう。

「李牧を先にぶっ殺して俺たちが勝つぞ」

その言葉に桓騎一家はこれ以上なく奮い立ちました。

しかしその中で、桓騎の姿に憧れと感謝を抱きながら黒桜が力尽きてしまいます。

桓騎は「李牧の首を持ってすぐに行く」と誓い、家族たちと共に駆け出しました。

果たして桓騎一家の覚悟は李牧の首に届くのか、ついに決着の時へと動き出します!

 

スポンサーリンク
"
"

キングダム』ネタバレ751-752話のまとめ

どうやら桓騎は一秒でも早く李牧を倒すことで趙に一矢報いるつもりのようです。

桓騎の言葉から察するに「脱出」は諦めたようで悲しく思いますが、ただでは倒れない桓騎一家の真骨頂という場面なので胸が高鳴ってきましたね。

また“中華統一”という視点で物語を読んでいたので「外に目を向けすぎ」という桓騎の言葉はハッとさせられました。

難しい部分ではありますが李牧も思うところがあるのか、部下に「お下がりを…!」と言われても動けずにいます。

とはいえここから李牧を討つのは厳しそうではありますが、「全部うまくいく」の言葉を信じて予想外の展開を期待していましょう!

 

あいり
読者の皆さまがこの後に読んでいる記事はこちらです。

⇒キングダム753話!飛信隊&楽華は脱出できるのか!?絶体絶・・

⇒キングダム752話!桓騎一家の死に様が熱い!桓騎vs李牧つ・・

⇒キングダム750話!十万斬首の理由と首斬り桓騎の原点!桓騎・・

⇒キングダム749話!那貴が飛信隊を脱退!飛信・楽華ともに決・・

 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA