【七つの大罪】メリオダスの相棒は人語を話すピンクの豚!!ホークの魔力と隠された秘密とは!?

スポンサーリンク

ホークのプロフィール
  • 年齢:16歳
  • 身長:100㎝
  • 体重:140㎏
  • 血液型:B型
  • 誕生日:8月6日
  • 出身地:ホークママの中
  •  闘級:30(魔力0/武力25/気力5)

七つの大罪の作品の中でマスコット的な存在。人語を理解する話せるピンク色の豚。豚の平均体格より大きいです。

メリオダスの友人です。

豚ではあるが自分のことを畜生だとは思っていない。

そして、メリオダスの回想では彼が昔飼っていた人語を喋る鳥(ワンドル)に性格がよく似ていますね。

左耳に「STAR BOAR」と書かれたストラップを付けていたが第1部でエリザベスに蘇生してもらった際に紛失!

その後、マーリンから譲り受けた「バロールの魔眼」を付けています。

第二部でドルイドの試練を受けた事で魔力が開花し、それ以降、魔力を使用して活躍する場面も増えてきています。

 

スポンサーリンク

【七つの大罪】ホークの使える技は??

「ローリング・ハム・アタック」

回転力を加えた高速突進で相手に強烈な一撃を食らわせる技。

 

「スーパー・ロース・イリュージョン」

幻影が見えるほどの高速移動で相手を惑わせながらの体当たり。

 

「フォゲット・ミール」

己の気配を完全に消し、死角から不意に攻撃する技。

 

スポンサーリンク

【七つの大罪】「豚の帽子亭」の残飯処理係

自称「残飯処理騎士団」の団長(団員0)

豚の帽子亭残飯処理やイベント時には酒樽を担いで商売をする働き者。

メリオダスの作る飯は不味いと評判だか残飯とし食べれる貴重な豚でもあるんですね。

 

スポンサーリンク

【七つの大罪】根拠のない自信家とツッコミ役

破天荒な振る舞いと根拠のない自信に満ちあふれているものの、基本的にはツッコミ役。

気のいいやつでバンからも「師匠」の愛称で慕われています。

七つの大罪がいる中でもツッコミ役。

また場面の和ませ役でもあり、時には解説などもしてくれるとても愛着の湧くキャラクターであると言えるでしょう。

また自分が弱いということはおそらく自負しており、度々自分を大きく見せる発言も多いことから若干の小心者であり、しかしいざという時は勇気を出せる性格である事から根拠ない自信がでてくるのでしょう。

 

スポンサーリンク

【七つの大罪】どんな攻撃を受けても平気な耐久性

ヘンドリクセンの攻撃を真正面から受けても生きていたり、デリエリの「連撃星」の約50発目を受けても大した怪我にならないなどの謎の耐久性を持っています。

 

スポンサーリンク

【七つの大罪】ワンドルの生まれ変わり?

blank

メリオダスが昔飼っていた人語を喋る鳥「ワンドル」に性格がよく似ているが生まれ変わりかは現在不明。

 

スポンサーリンク

【七つの大罪】メリオダスとの出会いは穴の中

blank

七つの大罪が指名手配された事件の直後、前後の記憶を失ったメリオダスと穴蔵のなかで出会い、以後は彼の友人として旅路を共にしていました。

 

スポンサーリンク

【七つの大罪】ドルイドの試験で魔力に目覚めた

試練を受けた後、魔力が開花。

 

魔力「変身(トランスポーク)」

魔力を持った生き物を食べ相手の特徴をトレースしその能力を排便するまで使用可能。食べた生き物によって自身の闘級も変わります。

何パターンか紹介します。

 

「暴龍ver.(タイラントドラゴンバージョン)」

blank

闘級:610(魔力80/武力520/気力10)

初めて変身したフォーム。鼻から出す炎を出せるが自分が熱でダメージを受け、翼化した耳も全力で羽ばたいて僅かに浮かぶだけであまり役に立たないですが、実は強い。

 

「サンドクローラーver.(サンドクローラーバージョン)」

blank

闘級:190(魔力80/武力100/気力10)

砂場や土の中を移動できるようになる。ぬるぬるします。

 

「赤色魔神ver.(あかいろまじんバージョン)」

blank

闘級:1030(魔力450/武力480/気力10)

言葉を失い赤色魔神の様な笑い声を上げるようになるが、感情や知性はそのまま残っている。二重アゴ。

 

上記の通り、食べた物による条件はあるが強さが変わる戦闘スタイルです。

 

スポンサーリンク

【七つの大罪】魔神王の眼としてメリオダスを監視

blank

ホークの正体は魔神王によって連れてこられた煉獄の生物です。

本名はマイルド。

無自覚ではあるがその目は煉獄とつながっており、そこから魔神王がメリオダスを監視するための回廊としての役割を担っていました。

生まれてすぐに魔神王に攫われ現世に送り込まれたため、彼自身に煉獄での記憶はなく、自身が煉獄の生物である事にも気付いていないんですね。

 

スポンサーリンク

【七つの大罪】ホークもホークママも魔神族?

ホークが煉獄の生物と言う事実と十戒の1人を吹き飛ばすほどの強さを持つホークママは魔神族の可能性が高いと言えるでしょう。

ただ、現在では不明の為、気になる要素ですね。

ホークは残飯を食べたり(ときには腐ってるもの)強者の攻撃を食らって耐える耐久力、そして、魔力の開花による能力がある為、潜在能力は高いと言えます。

マスコット的な存在ではあるが重要なキャラクターでした。

魔神王によって放たれたホークですが魔力開花後条件が合えばすごい戦力!?になりそうですね!!是非ホークには活躍してもらい、残飯処理騎士団の団長としても活躍してもらいたいですね!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です