スポンサーリンク

最新ネタバレ『マッシュル』147-148話!考察!今はただ

スポンサーリンク

逃げるマッシュ達の為にイノセントゼロを足止めしに現れたのは、溶岩に飲まれたと思われたドミナです。

実はドミナはギリギリの所で神格者に助けて貰っており、しかも1年しかもたないながらも心臓をメリアドールに作って貰っていたのです。

これを聞いたイノセントゼロはドミナをなじると、「子の躾は親の役目」だと「ダークバスケット」を発動します。

これにより再び足止めされてしまうマッシュ達。

ドミナは「ウォーターズ ナーワル」を繰り出しますが、イノセントゼロはそのドミナの攻撃を正面から弾き返しました。

それでも「ウォーターズナーワル」を何度も繰り出すドミナ。

このドミナの姿に憐れむような態度を見せるイノセントゼロでしたが、実はドミナの狙いは背後のブラックバスケットだったのです。

これに気づいたイノセントゼロは直ぐにドミナを殺す判断を選択し「タイムダイアル」を繰り出し胴を真っ二つにします。

ですが、ドミナは最後の力を振り絞り魔法を発動させるとブラックバスケットを消す事に成功します。

この直後、マッシュに「君の友達になれた胸をはる」とドミナは力尽きてしまいました。

命をかけてイノセントゼロを足止めしたドミナ。

その思いを繋ぐ事は出来るのか、早速147話を見てみたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

『マッシュル』147話!のネタバレ

それでは『マッシュル』147話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

一刻も早く

ドミナが命懸けでイノセントゼロを足止めする事に成功する中、マッシュを抱えたレイン達はメリアドールの元へ行くのに急いでいました。

ライオはマッシュが心臓を取られてからだいぶ時間が経っていることからも、イノセントゼロに追いつかれたら勝機はないと感じていました。

一刻も早くメリアドールの元へいきたいライオ達でしたが、激闘の影響からか大きな岩が崩れ道が塞がれていました。

かなりの魔力が必要なほどの岩で塞がれている道でしたが、神格者オーターは砂の魔法で穴を作り出します。

「早く行け」とドット達に指示する中で、オーターは自身の体の異変に気がつきます。

このオーターの魔法により、メリアドールの元へと急ぐ中、フィンはこのまま何もなければ送り届けられると感じていました。

 

スポンサーリンク

合理的

ですが、後方からはイノセントゼロの部下達が追いかけてきていたのです。

更にその追手の数は半端ではなく、魔力が残っていない神格者達は追いつかれそうになります。

「マズイ」と言う状況の中、イノセントゼロの部下達を足止めする為に道を分断させたのがオーターです。

そして、オーターは「ここは私に任せろ」と言います。

これを聞いたランスやドットはオーターの状況からも無謀だと返します。

ですが、オーターは「違うな」と言い、マッシュを生かす事が最も「合理的」と判断したまでだと口にします。

 

スポンサーリンク

教え子

「合理的」だと言うオーターは、行けとレイン達に指示をします。

ここで、教え子だったランスとドットは立ち止まり「死なないでください」といい「オーターさんにまだ色んな事を教わりたい」と言います。

オーターはこの言葉を聞き、若干の笑みを浮かべると「三男相手によく頑張ったな」と2人を褒めます。

悲壮な顔を浮かべる2人でしたが、オーターの決意をしり、信じてるんでと言葉を残すと先を急ぐ事を先決します。

 

スポンサーリンク

頼んだぞ

1人残ったオーターでしたが、魔力はほとんど残っていませんでした。

袋叩きにあい、無駄死にだと言われる中でオーターは自身の人生を振り返っていました。

マッシュを生かしたところで勝ち目は薄いと感じながらも、マッシュにあの男ならと希望を抱いていました。

その為に私に出来る事は一つだと覚悟を決めると最高の力を振り絞り、魔法を繰り出し「頼んだぞ、お前たち」とドットやランス達に託します。

そして、ドット達は出口まであと少しの所まで到達します。

 

スポンサーリンク
"
"

『マッシュル』ネタバレ147-148話のまとめ 

ドミナの命懸けの足止めで、イノセントゼロを相手に時間稼ぎに成功します。

ライオ達はマッシュを抱えメリアドールの元へ急ぎますが、目の前の道が大きな岩で塞がれていました。

かなりの魔力を要する中、魔法を繰り出し岩を破壊したのがオーターです。

オーターはライオ達に「早く行け」と指示しますが、自身の魔力が底をつきかけているのが分かります。

更に岩を砕き急ぐ神格者達をイノセントゼロの部下が追ってきたのです。

焦るドット達でしたが、ここでも魔法を繰り出し道を分断したのがオーターでした。

ここでも早く行けと言うオーター。

ドットは無謀だと言いますが、オーターは「非合理的」だがあの男に希望を持っていると感じ、「頼んだぞ、お前たち」と託しました。

そして、オーターはイノセントゼロの部下を命懸けで止める為に最後の力で魔法を繰り出します。

マッシュを排除しようとしたオーターでしたが、ここにきてマッシュを希望だと感じていました。

託されたドット達は出口まで目前に迫る中、メリアドールの元へ辿り着く事が出来るのか。

次週、148話がどんな展開になるのか、楽しみにしたいですね。

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒『マッシュル』149話!絶望する強さ・・

⇒『マッシュル』148話!理不尽・・

⇒『マッシュル』146話!ドミナ・ブローライブ・・

⇒『マッシュル』145話!ドミナ登場・・

 

スポンサーリンク

 

 
 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA