最新ネタバレ『ワンピース』1077-1078話!考察!銃で撃ち抜かれるシャカ!?生死や犯人の正体はいかに!! | 漫画コミック考察ブログ

PR

スポンサーリンク

最新ネタバレ『ワンピース』1077-1078話!考察!銃で撃ち抜かれるシャカ!?生死や犯人の正体はいかに!!

スポンサーリンク
この記事を読むとわかること

  • ルフィ達は襲撃され、共闘作戦を提案される。
  • S・ホークにはルナーリア族の血が入っており、特定の攻撃に弱い。
  • シャカは謎の侵入者によって銃で撃たれる。

S・ホーク、S・ベアが謎の侵入者によって操られてしまい、襲撃されたことでルフィ達は窮地に立たされてしまいます。

ルッチ達も命を狙われていること知って、ルフィ達に共闘作戦をもちかけます。

最悪の状況の中で、ルフィはベガパンク(7人)を含み自分の仲間に当たり散らかすな!という条件付きでルッチ達と手を組むことに。

共闘し各自の必殺技でセラフィム2体を撃退するルフィ、ゾロ、ルッチ、カク。

別の研究所内では、2か月前からエッグヘッドを調査するため上陸した「世界政府諜報機関」達がカプセルの中で食料も与えられずに餓死寸前になっています。

そこには、突然失踪したベガパンク・ステラ(本体)の姿もあり、謎の侵入者に襲われ怪我を負いながらカプセル内に捕らわれていました。

新世界のとある島では、旧友と再会を果たすシャンクス。

その島には、とても懐かしい巨人族のドリー、ブロギーの姿も!

ある目的でエルバフに到着したキッド海賊団に、シャンクスは「本気に今から俺達と戦うか」それとも「ロードポーネグリフを置いて去るか!」という2択を忠告します。

キッドは、もし敗北したら命を奪われることを承知の上で戦いを挑もうとしています。

どんな展開ではじまるのか、早速、第1077話「早く気づくべきだった」を見て行きましょう。

 

スポンサーリンク

 

『ワンピース』1077話!のネタバレ 

第1077話扉では、シーザーとジャッジが昔から中が悪かったことで喧嘩最中でしたが、「考えて見れば邪魔だったのは、ベガパンクだよな?」と気づき始める二人が描かれています。

それでは『ワンピース』1077話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

胸騒ぎ

エッグヘッド工場では、重症を負いながらも50体パシフィスタを起動させ、島中に配備したことで、戦桃丸は心配する仲間達に島から脱出しろ、と言います。

昔に「オハラ」が世界政府に逆らったことで、世界地図から消えたと伝える戦桃丸。

ベガパンクが狙われているのは、「世界一の頭脳」を持ったため、あらゆる損失や熟慮しても消すべき人物と判断されたと推測します。

この考えが正しければ、オハラ以上の大事件が、これから起こると嫌な胸騒ぎをする戦桃丸です。

 

スポンサーリンク

ルナーリア族

指令室では、攻撃をしても立ち上がるS・ホーク、S・ベアにルフィ達が苦戦しています。

うたれ強くタフさに、カイドウか?お前ら!と激怒するルフィ。

S・ホークと戦ったことから、ゾロはワノ国でカイドウの右腕を務める程の実力を持つキングと戦ったこと思い出し、似ていると発言。

その発言に、シャカはパンクハザードに実験台として捕まっていたカイドウと共に脱走したルナーリア族のアルベルと言います。

S・ホークには、ルナーリア族の血が入っていることで強化されていることを明かします。

シャカの言葉を聞き、S・ホークの背中から炎が出ている時は、攻撃が通じず無敵状態のことをルフィ達に伝えるゾロです。

炎が消えた時に、攻撃のチャンスと教え早く気付くべきだったと謝るゾロに、ルッチは「これで十分だ!」「これで戦いやすくなった」とフォローするような言葉をかけます。

S・ホークの弱点を知ったルッチは、どんな技で仕留めるのでしょうか。

 

スポンサーリンク

戦えないナミに代わって活躍するゼウス

ルフィ達が、セラフィム2体を相手している中、シャカは彼らに戦いをまかせるように、その場を去ろうとします。

それに、気づいたルフィは、「どこに行く気だ?」と尋ねるとシャカは、一か所だけステラ(本体)が居そうな場所に心当たりがと告げ、その場を後にします。

一方、A棟三階では、ナミ対セラフィム・ジンベエの戦いが開始。

エジソンやブルックは、能力を使われ敗北している姿が…

仲間を傷つけたことで、怒るナミですが、セラフィム・ジンベエが子供の姿をしていることで、戦いたくない様子です。

弱気を見せるナミにゼウスが「ためらったら負けだ!」「目を閉じていいよ」と言います。

そして「後はオラに任せておけ!」とナミを助けるように、ゼウスが「ライテイ」を使いセラフィム・ジンベエの身体を貫きます。

ライテイを受け、セラフィム・ジンベエは口から煙を吐き白目を見せていることから、かなりのダメージを負った様子なので、ナミとゼウスの勝利は確定になるのでしょうか。

 

スポンサーリンク

死刑執行

ゼウスの強烈なライテイを受けた、セラフィム・ジンベエでしたが、攻撃が効いていませんでした。

一度、地面に潜り、「下から襲ってきます」「逃げてナミさん」と声をかけるブルックに合わせてナミを襲うセラフィム・ジンベエ。

ナミの大ピンチに、「ナミさんを怖がらせ、おまけに悲鳴を上げさせた者には!」言いながら「温度(オンド)レアストライク」をセラフィム・ジンベエにおみまいしながら怒りのサンジ登場。

急いで、かけつけたことで、息を切らせながら、サンジは死刑執行を宣言します。

怒りのサンジVSセラフィム・ジンベエの戦いの行方はいかに。

 

スポンサーリンク

誰と来た?

C棟三階では、ヨークを石に変えたS・スネークに「バブルガン」でリリスが攻撃。

泡に触れたS・スネークは倒れてしまいます。

リリスは、この泡は「海のエネルギー」で作られていると言い、能力者のリスクごと供与すると説明。

つまり、泡型の海楼石のような物と考えてもよいでしょう。

動けないことで、取り押さえようとするフランキーですが、反撃を受けてしまいます。

触れただけでは、効果がすぐになくなってしまう弱点がバブルガンにはありました。

反撃を開始するS・スネークの背後を狙って、泡を押し付けるフランキー。

しかし、S・スネークの嘘泣きに騙され、石化にされてしまいます。

ウソップ、リリスもS・スネークの能力の餌食に。

一方、地下の悪魔の実研究室に現れるシャカ。

そして、エッグヘッドに調査するため上陸したサイファーポール達がカプセル内に監禁されていることに驚きます。

ステラ(本体)が監禁されていることに気づいて助けようとします。

シャカに、誰と来た?と聞くステラの言葉と同時に、銃で撃ち抜かれてしまうことに。

銃で撃ち抜かれたシャカは、このまま死亡フラグが立ってしまうのでしょうか。

 

スポンサーリンク
"
"

『ワンピース』ネタバレ1077-1078話のまとめ

キッドVSシャンクスの戦いが描かれる展開を期待していた第1077話。

残念ながら、描かれてはいませんでしたが、ナミに代わってゼウスの活躍や大ピンチを救ったサンジの活躍が描かれただけでも、目が離せない戦いぶりでしたね。

この後の、セラフィム・ジンベエにどんな技で追い詰めるのか?

サンジの活躍に注目です。

そして、謎の敵に銃で撃ち抜かれたシャカの運命は。

次回号では、犯人について描かれそうな予感です。

今回に姿を見せていないステューシーが犯人なのでしょうか。

1078号では、どんな展開が描かれるのか、お楽しみに。

 

あいり
読者の皆さまがこの後に読んでいる記事はこちらです。

⇒『ワンピース』1079話!シャンクスの神避披露・キッド海賊団・・

⇒『ワンピース』1078話!シャカを狙ったのはベガパンク自身が・・

⇒『ワンピース』1076話!驚き!ルフィとルッチが共同!?激突・・

⇒『ワンピース』1075話!ベガパンク・シャカ達を襲う謎の敵!?・・

 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA