スポンサーリンク

最新ネタバレ『ヒロアカ』381-382話!考察!闇パワー全開!乾坤一擲のダークシャドウ!!

スポンサーリンク

雄英校舎の落下を弾性の個性で食い止めるジェントル。

その活躍を必死に撮影するのは経営科の面々でした。

ヒーローと社会を繋ぎ止める役割を果たすのが、経営科のヒーロー活動です。

校舎の浮上プログラムを完成させたラブラバも、ジェントルの活躍を生配信するつもりです。

そのころ、黒霧の精神は不安定な状態にありました。

大量発生するトゥワイスに押され気味のヒーローたち。

校舎から落下したマイクと相澤でしたが、黒霧のワープゾーンが2人を吸収します。

群訝ではAFO(オール・フォー・ワン)が死柄木に合流するつもりです。

AFOの動きを阻止しようとするホークスは、ケミィの幻によりカンイチで救われました。

士傑高校ヒーロー科が助っ人として参上してきました。

 

スポンサーリンク

 

『僕のヒーローアカデミア』381話のネタバレ

それでは僕のヒーローアカデミア第381話『 闇 』の要点をまとめてみました。

ヒーローとヴィランの激しい攻防が続く中、遂に参戦する士傑の面々。

この加勢により、ホークスたちはAFOを追いつめることが出来るでしょうか?

時間のない場合は目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

なりふり構わず

AFOに顔があることに気が付いた現見ケミィ。

肉倉精児にとってAFOは父の仇敵です。

しかし憎悪と怨嗟に溺れてはAFOの思う壺です。

夜嵐イナサは慎重な姿勢を崩しません。

士傑OB・OGの参戦により混迷を極める群訝。

常闇を発見したピクシーボブは何かを思いついたようです。

トガを封じつつ、遠距離攻撃の全振りでAFOを食い止めようとするヒーロー軍団。

塚内に増援の感謝をするホークスですが、士傑は要請前に既に動いていました。

AFOの肉体が全盛期に戻っている情報は塚内にも届いています。

だからこそ群訝を抑えることが勝敗に直結します。

本体に触れることで個性を奪うAFOに対して、数で挑むことはリスクがあります。

リスクヘッジを放り出しても自分を阻止するヒーローたちを見て、AFOの口元は緩むのでした。

 

スポンサーリンク

ヒーローの目力

背中に生えた翼から強烈な攻撃を放つAFO。

シンリンカムイたちが吹き飛ばされます。

AFOが更に多くの個性を併用してきたのです。

負けじと攻撃を続けようとするヒーローたち。

AFOに唯一届いたはずのエンデヴァーは、荼毘との戦いで参加できません。

ヒーローたちの行動は勇敢ではないと断言するAFO。

単にAFOの黄金時代を知らないだけだと指摘します。

物心付く前にオールマイトが台頭し始めた世代。

生まれた時には既にオールマイトが台頭していた世代。

誰もが「そこにいる何か」に怯えた時代です。

猜疑と怨嗟、搾取と差別に塗れた、まさに黄金の闇でした。

そこにイナサが意見を挟みます。

AFO自身のことは知らないものの、時代背景は近現代史で勉強したと話すイナサ。

轟親子を見て応援すると決めた熱い血潮は恐怖に勝ります。

肉倉の個性を乗せてイナサが放つ風の牢。

個性を奪う攻撃だと察したAFOは衝撃波で反撃をします。

ダメージを受けるイナサ。

しかし攻撃の手を緩めることはありません。

強風の時ほど個性が強くなるイナサは、AFOの旧い栄光よりも応援する方の見たいのです。

イナサの言葉を聞いたホークス。

OFA(ワン・フォー・オール)は人々の心を繋いできました。

同じ様にエンデヴァーも確かに繋いできたと実感します。

AFOにとっては、光を失わないヒーローたちの目が不愉快でした。

正確には光を失っていますが、薪を焚べるように継ぎ足されいるからです。

それでも個性を奪われる事を恐れ、自分に近づくことが出来ない。

AFOがヒーローたちの行き着く先を予見した時です。

背後から強烈な闇を感じるのでした。

 

スポンサーリンク

常闇の一撃

常闇が自分のマスクを破壊した時を思い出すAFO。

避ける必要があった攻撃であることに納得をします。

闇にも色々な味があると述懐する黒影(ダークシャドウ)。

AFOが生んだ闇はドブのような味でしたが、A組の皆と食べたと断言します。

黒影は急激に立ち込めた暗雲が光を遮り、力の持続時間が延びました。

さらにピクシーボブとの連携です。

闇を溜めるため、自らを土に覆うよう常闇が頼んでいました。

かつてオールマイトは言っていました。

エンデヴァーの炎を掴んでも、個性が奪えるワケではありません。

常闇は自分がホークス達のサポート役に選ばれた理由を明かします。

ダークシャドウ全解放の構えに入る常闇。

ホークスは常闇に繋ぐために汚い羽で良かったと背中を押します。

イナサの追い風に乗り出現した巨大なダークシャドウ。

「深淵闇駆光明(ブラックアンクバルドル)」でAFOを叩き潰します!

 

スポンサーリンク
"
"

『僕のヒーローアカデミア』381-382話の考察まとめ

AFOを父の敵とする肉倉。

看守という仕事柄、もしかしたらタルタロス襲撃時に犠牲になった可能性があります。

イナサは煉獄さんみたいな言語明瞭キャラですが、その心には熱いものが流れているのが分かります。

過去ではなく明るい未来を見たいという、ポジティブシンキングぶりに好感が持てます。

トゥワイスの大量殲滅にも大活躍ですしね。

一方、前回も含めて学生たちに良いところ無しのAFO。

最後の一撃はダークシャドウでした。

常闇の前で闇を語ってはねぇ~。

ダークシャドウを全解放するシーンを見る限りでは、常闇はダークの力を制御出来ていると見るべきでしょう。

もっとも、ピクシーボブと接触する直前の表情は、よ~く見るとケミィの幻に騙されたままだったりしと、この辺りのギャップも面白いです。

常闇の攻撃は致命傷にこそなれ、AFOに完全勝利までとは至らない気がします。

エンデヴァーが荼毘を相手に手が離せない状況から、最後は誰がAFOを倒すのか気になるところです。

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒『ヒロアカ』383話!ギガントマキア奪還攻防戦!芦戸のリベン・・

⇒『ヒロアカ』382話!AFOの若がえり!待ったをかけるのは元・・

⇒『ヒロアカ』380話!助っ人登場!士傑高校ヒーロー科参戦す・・

⇒『ヒロアカ』379話!死柄木の原点!AFOとの決別か!?・・

 

スポンサーリンク

 

 
 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA