スポンサーリンク

【呪術廻戦】領域展開を術者と共に一覧で紹介!領域展開を使用できる呪術者はほんの一握り!?

スポンサーリンク

呪術界に発生した呪霊と呼ばれているバケモノから非術師を守る呪術師達。

彼らの中には、術式の他に「切り札」「超必殺技」と呼んで良い程の「領域展開」を使用できる者が存在します。

また、領域展開が使用できる術師は限られた者しかいないと判明

今回は、領域展開について詳しくご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

【呪術廻戦】領域展開とは?

領域展開とは、「術式を付与した生得領域(しょうとくりょういき)を呪力で具現化」することを15話で五条悟が虎杖悠仁に解説していました。

領域展開を理解するには、「術式」「生得領域」の二つの意味を知る必要があります

術式は、「呪力を流して技を発動」することを言い、生得領域は「心の中のこと」を言います。

物凄く簡単に言えば、「呪力を流し込んで心の中を具現化」すること言えば理解しやすいでしょう。

 

スポンサーリンク
"
"

【呪術廻戦】領域展開のメリット

発動させられた時点で、相手(敵)の敗北が確定してしまう、領域展開のメリットをご紹介します。

  • 術式が必中になってしまう

通常の状態なら、術式で攻撃されても防ぐ、かわすことができますが、領域展開を使われてしまうと「必中モード」になってしまうので相手は、必ず攻撃を受けてしまう効果があります

また、直接相手に触れなければ発動しない術式でも、領域の中では遠距離から発動して相手に攻撃することが可能です。

  • 術者のステータスの上昇させる

領域展開の中は、「術者の精神世界」ため、術者は自身の能力をさらに強化して遺憾なく発揮できるようになります。

領域の中は、術者自身の環境の良い庭みたいなものなので、術式の発動速度がより速く、術式そのものの効果や能力もより強力になるそうです

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】領域展開のデメリット

使用した術者にとても有利になる領域展開ですが、デメリットもあるのでご紹介します。

  • 術者が領域展開を使用すると呪力が激しく消費してしまう

必中効果という効果を得て術式を繰り出しているので相当の呪力を消費していることが想像できます

  • 領域展開の使用後はしばらくの間は術式が使用できなくなる

使用後は、「術式が焼き切れた状態」になるため術式が使用できなくなり、し戦闘が続行する場合は物理攻撃で攻撃しながら、術式の回復を待つしかありません

ただし、呪力量とパフォーマンスを誇ることで「五条悟だけ」は、「一日に複数回の領域展開が可能」とされています。

呪術廻船ファンブックの情報で連載前の設定では、「領域展開直後は術式の使用が完全に不可能」という設定だったそうです。

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】領域展開の発動方法とは?

領域展開は、「生得領域の具現化」「術式の発動」この二つで発動することが明かされています

また、術者は領域展開を発動させる時に、「手で掌印(しょういん)を結ぶ」ことが必要です。

一部の術師は、手に「掌印(しょういん)」結んでいませんが、ほとんどの術師が手に印を結んでいます。

結ぶ必要がある理由については明かされていませんが、領域展開にはある程度関係性が存在すると予想。

腕を失えば、掌印を結ぶことが不可能となり、領域展開も発動できなるので術師にとっては致命的になると言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】領域展開の一覧

数少ない領域展開が使用できる術者をご紹介します。

  • 無量空処(むりょうくうしょ)

五条悟が使用する領域展開。

「無量空処」を展開し使用することで、五条の術式は必中となり、相手の脳内に処理できない程の情報が流れ込まれます

呪霊は処理が追いつくことができなくなったことで、身動きが全く取れない状態に。

非術師なら一瞬で廃人になってしまいます。

  • 嵌合暗翳庭(かんごうあんえいてい)

伏黒恵が使用する領域展開。

「嵌合暗翳庭」を展開することで、伏黒の術式が必中となります。

通常では、式神を召喚できるのは一体しか召喚が出来なかったのが、領域の中では3体以上の式神の召喚が可能になり、さらに影で伏黒自身の分身を生み出すことが可能に

合理性や周囲との連携を重んじて個人の欲をさらけ出さなかったことで、不完全とされています。

  • 誅伏賜死(ちょうぶくしし)

弁護士の日車寛見(ひぐるまひろみ)が使用する領域展開。

必中必殺ではなく「必中」の領域ため、領域展開をしてすぐに勝負が決まるわけでない誅伏賜死です。

  • 坐殺縛徒(ざさつばくと)

呪術高専東京校3年の秤金次が使用する領域展開。

発動すると領域の必中効果により秤の領域・術式のルールが相手の脳内に開示(かいじ)されます。

パチンコ台をモデルにした世界に相手を引きずり込み、図柄を3つ揃えて大当たりを引けば秤にボーナスが与えられる仕組みなっているようです。

ボーナス効果は、ラウンドの4分11秒間無限に呪力があふれ続けるというものとされています

  • 伏魔御厨子(ふくまみづし)

死後もなお現世を脅かし続ける呪いの王と呼ばれている両面宿儺が使用する領域展開。

「解/かい」「捌/はち」の2種類の斬撃を使い分けて攻撃が可能です。

因みに、「解」は目に見えない通常斬撃

「捌」は呪力差・強度に応じて対象を一太刀でおろす斬撃です。

戦闘状況によりますが、解を使うより、捌を使った方が高威力で相手を一刀両断で倒せるので使い勝手が良いとされています。

  • 自閉円頓裹(じへいえんどんか)

人が人を恐れ憎む負の感情から生まれた特級呪霊の真人が使用する領域展開。

手で触れなければ発動しない術式「無為転変」が必中となり、領域効果を無効化する手段がなければ、領域内の相手は即座に死亡が、決定してしまう人間改造術式を使う真人らしい領域展開です。

  • 蓋棺鉄囲山(がいかんてっちせん)

人々が大地の天災を恐れる感情から生まれた特級呪霊の漏瑚が使用する領域展開。

展開することで、術式が必中となり、領域の中はとてつもない熱気に包まれ低級の術師であれば領域に入った時点で焼け切れしまう炎を操る漏瑚らしい領域展開です。

  • 蕩蘊平線(たううんへいせん)

人々が海を恐れる感情から生まれた特級呪霊の陀艮が使用する領域展開。

展開することで、術式が必中となり、無尽蔵に湧き出る式神と組み合わせることで、永続的な攻撃が可能

莫大な量の呪力を持つ陀艮だからこそ出来る領域展開と言えるでしょう。

  • 時胞月宮殿(じほうげつきゅうでん)

覚醒した真希に敗れ死亡後に、芋虫型呪霊となった禪院直哉が使用する領域展開。

必中効果により、領域内の者は直哉と同じく1/24秒で動きを作ることを強制され、術者に触れられた者も1/24秒で動きを作らねばならず、失敗すれば動きがガタつき1秒間フリーズしてしまう性質を持つ投射呪法です。

また、一度体を動かすと、細胞一つ一つの動きがズレてしまい体はボロボロとなってしまいます。

  • 胎蔵遍野(たいぞうへんや)

夏油傑の遺体から脳を入れ替え偽夏油を演じている羂索(けんじゃく)が使用する領域展開。

展開すると、不気味な像で囲まれた邪悪な亡者の魂の柱が出現します。

呪術廻戦206話で、胎蔵遍野をくらった九十九が地面に叩きつけられ重症を負っていることから、「重力の術式」の術式が必中になっていると言えるでしょう。

胎蔵遍野は宿儺が使用する伏魔御廚子と同じで、結界を閉じない領域であることが判明しています。

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】領域展開の対策方法とは?

領域展開にはいくつかの対策方法が存在するのでご紹介します。

  1. 領域展開で対抗

    最も有効な手段は、相手と同じく領域を展開することです

    同時に領域が展開された場合、相性・呪力量にもよるものになり、より洗練された術がその場を制することになります。

  2. 簡易領域で身を守る

    簡易領域は、呪術全盛の時代に考案された領域から身を守るための弱者の領域。

    すなわち、シン・陰流と呼ばれています

    術式を中和することはできません。

    しかし、術式の付与された結界を中和することができるので、領域に付与された術式の必中効果を無効化することが可能です。

  3. 呪力で攻撃を受ける

    領域展開を使用した術者の術式は、必中となっていますが、攻撃自体は呪力で防御する事が可能とされています

  4. 領域外へ脱出

    相手に領域展開を発動され、運よく脱出できれば敗北はありません。

    しかし、通常攻撃で内側から壁を壊す事は不可能に近いとされています

  5. 領域発動前に術者を攻撃して阻止する

    相手の領域が発動あるいは完成する前に、術者本人を最速で叩いて領域完成を阻止することがベストと言えるでしょう

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】領域展開できる術者は少ない?

現在の呪術界では、領域展開を使用できる呪術師は数少ないとされています

しかし、昔の術師にとって領域展開は、当然のように使えて当たり前の技術だったと判明。

昔の領域の性能は、領域内の対象に自身のルールを強制(必中)させるもの

現在の領域に多い「必中必殺」の「必殺」の部分を省いていたことで、使い手が多く存在していました。

「必殺」に拘るあまり領域を構築する条件のハードルが上がってしまったことで、領域はより高度な技術になり使い手が減少したそうです。

 

スポンサーリンク

まとめ

術者の戦いで、互いの術式が煙たいことで早く決着を付けるために、領域展開は発動させています

この他にも領域展開が使用できる術師は、存在すると予想するのでストーリーの展開次第で明かされることを期待したいですね。

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒領域展開の手の形・ポーズを一覧で紹介!術者によって違う?領・・

⇒これが無いと始まらない!呪術師と呪詛師に共通する命を削る術・・

⇒強さランキングTOP10!学生のみなら最強はだれ!?階級も・・

⇒一般人も使える?呪力を持った武器「呪具」とは?・・

⇒4人存在する特級呪術師まとめ!最強の呪術師はだれ?特級呪霊・・

 

スポンサーリンク

 

 
 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA