最新ネタバレ『七つの大罪』335-336話!考察!混沌の王の誕生

スポンサーリンク

以前から「混沌の時代」が始まる・・・と漫画中に何度も書かれていましたが、今回はその「混沌」について。

魔神王を倒し、それぞれ旅の目的を果たした一同。

しかし、マーリンの目的は何だったのか、そしてマーリン自体についても謎が多く残されていました。

 

今回335話はマーリンの旅の目的、さらに前回の最後に描かれていたアーサー王についてです。

いよいよ混沌の時代について本格的に描かれていきますね。

七つの大罪335話の内容を紹介していきます。

 

スポンサーリンク

『七つの大罪』335話!のネタバレ

鈴木央「七つの大罪」335話より引用

それでは『七つの大罪』335話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

リオネス王国の宴にて

鈴木央「七つの大罪」335話より引用

七つの大罪メンバーが食事をする中、マーリンの傷をヒソヒソと話している男達。

マーリンはエスカノールの最期の時、炎で包まれたエスカノールに歩み寄り、キスをしました。

それにより、マーリンの口元には火傷の傷が。

 

キスをして、「愛してくれたたった一人の男の印を、この身に焼き付けよう」と言っているシーンはとても綺麗で、鮮明に覚えています。

そして、その傷跡を治さずにいるマーリン。

たしかに他人から見れば、魔女なのになぜ治さないのだろう・・・となりますよね。

 

しかし、大罪メンバー達は違いました。

鈴木央「七つの大罪」335話より引用

マーリンの傷について・・・エリザベスは美しいもの、ディアンヌはかっこいい、キングは尊いものだと言いました。

エスカノールだけでなく、他のメンバー達もとても優しいですね。

いつも冷静でクールなマーリンですが、あれからどこか少しだけ柔らかくなったように見えます。

 

旅の目的を果たしたメンバー達

鈴木央「七つの大罪」335話より引用

「エスカノールのことは寂しいけど・・・今度こそみんな幸せになれるんだよね」とディアンヌが言いました。

 

3000年の旅の目的を果たしたメリオダスと、呪いが解けたエリザベス。

不死身を捨て、エレインを生き返らせたバン。

感情を取り戻したゴウセル。

羽根が生え妖精王になったキングと、キングにプロポーズされたディアンヌ。

 

「それからマーリンは・・・あり?」ディアンヌが気付きました。

それぞれの目的が果たされた中、ただ一人、マーリンの目的は謎のままでした。

自分のことをあまり語らないマーリンには、多くの謎がありますよね。

鈴木央「七つの大罪」335話より引用

「キミにも望みはあるんでしょ?みんなで協力してあげる!」と明るく言ったディアンヌ。

そして、マーリンはいつもの微笑を浮かべて言いました。

「たしかにお前たちには知る権利があろう・・・共に戦った同胞として」

 

マーリンが指を鳴らすと、大罪メンバー達はどこかへワープしてしまいました。

6人が向かった先は豚の帽子亭、ホークママのところでした。

 

マーリンの目的はアーサー王の復活だった

鈴木央「七つの大罪」335話より引用

豚の帽子亭へ移動した一同。

「ホークママの先を見てみろ」とメリオダス。

ホークママの見つめる先には魔神王戦で勝利の鍵となった、魔法の湖がありました。

 

「さて・・・始めるとしよう」とマーリン。

「何を始める気だ!?」とメリオダス。

そして、ついにマーリンの目的が明らかになります。

鈴木央「七つの大罪」335話より引用

「アーサーを目醒めさせる」

それがマーリンの目的でした。

 

マーリンがなにやら謎の言語で呪文を唱えると、帽子亭の中からアーサー王が。

アーサーの亡骸は豚の帽子亭に安置されていたのです。

「生き返らせるってこと?」と不思議そうに立ち尽くす一同。

鈴木央「七つの大罪」335話より引用

一同・・・と言っても一人、いや一匹忘れ去られていた存在が・・・

なんと、この話の流れを遮るようにホークが登場!

 

以前、魔神王討伐にホークとホークママが向かっているシーンがありました。

到着する前に魔神王は討伐されたので、ホーク達は帰ることに。

その時、ホークママが魔法の湖の前で動かなくなってしまったそうです。

真剣なところだけでなく、少しおふざけが入り混じっているのが面白いですよね。

 

スポンサーリンク

胸を貫いた聖剣は鍵だった

再びマーリンの話へ。

鈴木央「七つの大罪」335話より引用

「汝の啓示に従い手筈は完了した。姫よ、そちらの準備もよいな?」

湖に向かい、姫と呼ばれる誰かと話しているマーリン。

その姫も、「いよいよ出迎える刻が来たみたいね、キミの──そして我らの主を・・・」と。

そして、魔法の湖が光り始めました。

鈴木央「七つの大罪」335話より引用

「私は見誤っていた・・・これはお前を死に陥れる剣ではなく、お前を新たな段階に導く鍵であったことに」

マーリンがアーサーへ語りかけ、アーサーの胸に刺さっていた剣は雷のような光になりました。

剣が刺さっていた穴は、鍵穴の形に。

その鍵穴がギギギ・・・と音を立てながら回っていきます。

 

ガコン!と鍵穴が回りきると・・・

アーサーを貫いていた光が増大し、その勢いに驚く一同。

そして、なんと倒れていたアーサーが目を覚ましました。

「私は・・・今まで何を・・・」と混乱するアーサー。

 

しかし直後、なぜかアーサーが苦しみだしました。

そんな中、冷静にマーリンが語り始めます。

「人間は最も矛盾極まりなき存在だ・・・そして矛盾は混沌でもある即ち──」

鈴木央「七つの大罪」335話より引用

「混沌の巫女に選ばれし人間こそが・・・混沌を統べる者となりうるのだ」

より一層、苦しみ悶えるアーサー。

 

そしてさらにマーリン。

「私の目的はアーサーを目醒めさせること・・・混沌の王として」

そう言った頃には、アーサーの様子が確実におかしくなっていました。

右目は黒くなり・・・覚醒したのでしょうか。

 

マーリンが求めつづけたもの、それは「混沌」の到来!

最後にはそう書かれていました。

 

『七つの大罪』ネタバレ335-336話のまとめ

今回はたくさんの謎に包まれていた、マーリンについてでした。

マーリンの旅の目的は、アーサー王の復活。

見事に「目覚め」たアーサーでしたが、同時に混沌の王として「目醒め」てしまいました。

鈴木央「七つの大罪」335話より引用

最後にアーサーの目が黒くなり、見た目に異変が起こっていましたが、これからさらに変化してしまうのでしょうか。

光と闇の時代が終わった今、混沌の時代とはいったい何なのか・・・

 

そして、混沌の王として覚醒したアーサーはどうなってしまうのでしょう。

光なのか、闇なのか・・・

「混沌」と言われているくらいなので、そのどちらでもなさそうですね。

 

魔神王を倒して一安心かと思いきやここからが本番、といったところでしょうか。

まだまだ物語が続きそうで嬉しさもあり、続きが気になります。

次回336話“混沌の王”とても楽しみです。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です