【ゴールデンカムイ】ストーリーには欠かせない熊の存在!野生のヒグマは危険!?熊との戦闘シーンまとめ

スポンサーリンク

壮大な北海道で物語が繰り広げられているゴールデンカムイ。

その大自然に君臨していると言えるのがやはりヒグマですよね。

作中でも杉元たちの前に立ちはだかり、その存在の脅威がリアルに描かれています。

ここではその迫力のヒグマ登場シーンをまとめてみました。

 

スポンサーリンク

【ゴールデンカムイ】ヒグマの特徴

ヒグマはホッキョクグマと並ぶクマ科最大級の哺乳類。

日本にいるヒグマはエゾヒグマのみで、北海道にだけ生息しています。

北海道にはエゾヒグマのみ、本州や四国にはツキノワグマのみと生息地が分かれているので、作中に登場する熊はすべてエゾヒグマということになります。

エゾヒグマは日本の陸上生物で最大の大きさを誇り、体長が2m前後、体重120~250kgで、メスは一回り小さいくらい。

栄養状態による個体差が大きく、記録に残されているものではなんと500kgを超える個体もいたそうです!

その巨体で走行速度は約50kmというのですから、追いかけられたら逃げることは出来ないでしょう。

彼らは発情期と子育て期以外は単独で行動しており、春から晩秋・初冬にかけて活動、その後春先まで越冬のため巣穴で冬籠もりします。

そして木の実や植物、魚や肉、昆虫なども食べる雑食。

アイヌではキムンカムイ(山の神)と呼ばれ崇拝対象として共に生きていますが、人を殺したヒグマは人間を恐れないウェンカムイ(悪い神)となり人間しか食べられなくなると言います。

 

スポンサーリンク

【ゴールデンカムイ】1話 アシㇼパさんの毒矢

作中ではさっそく第1話に登場しました。

杉元が、腸を喰われ土饅頭にされた後藤を発見した際のことです。

刺青を持つ後藤を背負い立ち去ろうとした時、近くの木にしがみついている小熊を見つけました。

子がいるということはつまり親がいるということ。

やはり間もなく親熊が巣穴から飛び出してきました。

ダッシュで向かってくる熊に杉元は応戦しようとするも、追い皮が後藤の足に絡まりもたついて絶体絶命。

あわやというところで救援に入ったアシリパの矢によって仕留められました。

矢には即効性の毒が塗られていたものの、それでもヒグマなら10歩は動けるというのですからやはり屈強な生き物ですよね。

 

スポンサーリンク

【ゴールデンカムイ】2話 杉元が心臓を刺す

後藤を襲った熊はアシリパが仕留めた熊ではありませんでした。

作中は2~3月あたりかと思いますが、この時期に肉が食べられるのは冬籠もりしていない熊だそう。

それはアイヌ語でマタカリプ(冬徘徊するもの)と言い、とても気が荒く凶暴になっている個体。

さらに熊は手に入れた獲物にとても執着する生き物なので、本来ならば後藤を手放してすぐに離れるのが懸命です。

しかしどうしても刺青を守らなければならない杉元は、アシリパの力を借りて迎え討つことにしました。

そして準備もそこそこに熊が急襲。

暗闇での戦闘なのでアシリパも毒矢の狙いが定められず苦戦し、レタラも助太刀に参上する中、杉元が持っていた銃剣を地面に固定して覆い被さる熊の体重を利用し、心臓を突き刺すことでようやく仕留めたのでした。

マタカリプの凶暴さ、熊のタフさが描かれたシーンでした。

 

スポンサーリンク

【ゴールデンカムイ】10話 玉井伍長の銃撃

blank

さらに脅威を見せつけたのは、杉元たちを追ってきた第七師団と対峙したシーンでした。

玉井伍長ら第七師団に追い詰められた杉元は、アシリパが言っていたアイヌの言い伝え「ヒグマは巣穴に入ってきた人間を殺さない」を思い出し、イチかバチか意を決して熊の巣穴に飛び込みます。

玉井伍長が穴に向かって銃撃すると、返ってきたのは空気が震えるほどの咆哮でした。

そして杉元ではなく巨大な熊が飛び出してきたのです。

すぐに銃を構えようとする玉井伍長ですが、熊の凄まじい瞬発力により一瞬で接近され、顔面の皮を剥がされてしまいます。

そしてその襲撃により反れた玉井伍長の銃弾が当たり岡田が死亡。

熊への対応を知っていた野間が冷静に応戦しますが、無惨にもやられてしまいました。

かろうじて生きていた玉井伍長がありったけの銃弾を撃ち込み熊はようやく息を引き取りますが、玉井伍長もそれが最期となりました。

一気に3人が亡くなりヒグマの脅威を見せつけられた恐ろしいシーンでした。

 

スポンサーリンク

【ゴールデンカムイ】22話 二瓶鉄造の一発

blank

作中4頭目のヒグマは、不運にも〝悪夢の熊撃ち〟二瓶鉄造が相手でした。

相棒の北海道犬リュウのけしかけにより巣穴を飛び出してきた熊。

二瓶は巣穴の正面に立ち、その姿に驚き立ち上がった熊を見事一撃で仕留めたのです。

杉元をあれほど苦しめ、軍人3人を屠ったような生き物を一発で鎮めてしまう、二瓶の腕が際立った1戦でした。

熊はその後「心臓焼きましたッ」や「血の腸詰め」など、ニヘイゴハンとして美味しく食べられました。

 

スポンサーリンク

【ゴールデンカムイ】65話~ 親分と3頭の熊

blank

モンスターとまで言われた熊もいます。

日高にあるエディー・ダンの牧場で馬を襲っていた赤毛のヒグマなのですが、指や眼を撃たれても元に戻っている「不死身のヒグマ」だと言うのです。

杉元たちは、安値で買い取られたフチたちの大切な服のためにその赤毛熊の討伐に乗り出しました。

すると、山中で熊探しをしている杉元・アシリパの元へ2匹の赤毛、そして小屋へ向かっていた白石・キロランケの元にも別の赤毛が襲来。

なんと不死身のモンスターと言われたヒグマの正体は、指を吹き飛ばされた熊、片目を撃ち抜かれた熊、目も指もある熊、別々の3頭のヒグマだったのです。

3頭の巨大な赤毛熊に小屋を囲まれ、その絶望感に思わず息をのむ緊迫したシーンでした。

熊はそれぞれ、一頭は杉元の銃撃によって、一頭は若山輝一郎が機関銃によって、最後の一頭は若山の長ドスでの近接戦闘によって無事仕留められます。

杉元が銃撃出来たのも若山が弾薬盒を命懸けで取りにいったおかげであり、この赤毛熊戦は若山の強さと漢気による勝利なのでした。

 

スポンサーリンク

【ゴールデンカムイ】90話 牛山の華麗なる一本

blank

刺青囚人の鈴川が樺戸の囚人たちを引き連れ偽アイヌとしてコタンに潜伏していた時。

アイヌの風習を知らない彼らは儀礼用の熊を、檻が壊れそうなほど大きくなるまで放置していました。

その檻が壊れてしまい、自由の身になった熊が暴れ回るのです。

そんな中、最強生物はついに不敗の牛山と対峙。

牛山はヒグマというより強者に対するが如く熊と向き合うと、その胸ぐらを力強く掴み一気に投げ飛ばしました。

そして熊は牛山と戦うことを諦め、森へ帰っていったのです。

檻に詰め込まれ弱っていたとは言え、数百kgもあるヒグマを投げ飛ばす牛山の常人離れした膂力が衝撃的なシーンでした。

 

スポンサーリンク

【ゴールデンカムイ】101話 死骸の匂いに集まってきた熊達と白石

blank

白石奪還後第七師団に追われ大雪山を越えようというところ、杉元たちは寒さを凌ぐために鹿を仕留めその体内に一時避難します。

何かに揺らされ起きると、なんと周りには鹿の死臭に寄せられて数匹の熊が集まっていました。

生身でゼロ距離、尾形も大量の汗をかくほどかなり危険な状況の中、刺激しないように様子を窺います。

すると、鹿に収まっていた白石がブリッと産まれ落ち、彼の「おぎゃあ」という声にヒグマたちが怯んで立ち去っていきました。

熊は臆病な生き物とは言いますが、かなり緊迫した場面からの、そんな回避ある?!と落とされた絶妙なシーンでした。

 

スポンサーリンク

【ゴールデンカムイ】112話 姉畑に狙われた熊

blank

動植物が好きすぎてウコチャヌプコロしては殺害していた刺青囚人・姉畑支遁が狙っていたのがなんとヒグマ。

杉元たちは、姉畑の刺青を守るために熊と戦うことになります。

杉元がアシリパの毒矢を直接刺して仕留めるのですが、何しろ姉畑先生の壮絶な死に様が印象強すぎました。

 

スポンサーリンク

まとめ

blank

その圧巻の姿、強さ、本当にかっこいいですよね。

ヒグマは肉・内臓・皮など余すことなく恵みを与えてくれるカムイではあるのですが、対峙することはこのように命懸けなのです。

出会ってしまっては私たち人間に勝ち目はほぼありませんので、猟師じゃないなら出会わないようにすることがまず大切です。

もし出会ってしまったら覚悟を決めて戦うことが生存へ繋がると言いますので、このまとめシーンを参考に…出来ませんね。

しかしゴールデンカムイではこういった迫力シーンの中でしっかり情報も入れてくれていますので、今一度ヒグマに対する知識を深めてみるのも面白いかと思います。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です