【はじめの一歩】千堂を慕う豪打の星洋行!星が強い理由は?幻の東西新人王対決の勝者はだれ?

スポンサーリンク

一歩、宮田、千堂と激戦区のフェザー級。

虎視眈々とベストを狙う若手の中でも自身満々で現れた大阪の新星、星洋行

順調に日本タイトルまで辿り着くのか、その前に立ちはだかる壁は?

見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】道場破りで千堂に心酔

空手で鳴らした正拳突きを武器に強い相手を求めて道場破りをする星ですが千堂武士が所属するなにわ拳闘会に殴り込みをかけます

その際、相手になった千堂に渾身の正拳突きを見舞います。

自信のある正拳突きでしたが千堂は倒れません、その姿に感服した星は千堂を兄貴分と慕い絶対服従を誓いなにわ拳闘会に入門します

しかし実際は千堂は星の正拳突きを受けて気絶していたようです。

ファイトスタイルも千堂同様にハードパンチを軸にするファイタースタイルです。

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】空手鍛練からくる拳の強さ

実家が空手道場を経営しており星自身も幼少より空手に従事していたみたいです。

ボクシングとは違い素手ででの鍛錬をしているので拳の強さには絶対の自信があります

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】星は板垣同期の西日本新人王

東日本新人王の板垣ですがその年の西日本新人王が星になります。

全日本新人王決勝戦は板垣のアキレス腱と拳の故障で辞退したため全日本新人王は不戦勝で星がなり日本ランク10位につけています。

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】打倒一歩に向けた板垣戦

blank

全日本新人王に輝いた星ですが先輩である千堂に2度勝っている日本王者の一歩を標的にしています。

そんな星は鴨川ジムに挑戦状を送ります。

指名の相手は東日本新人王の板垣学

一歩に挑戦する前に新人王戦で戦えなかった板垣と決着をつけ同じ鴨川ジムの一歩に挑戦する弾みをつける目論見です。

インファイトを身につけた板垣も対戦したかったようで即応じます。

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】星戦前に板垣がスランプ?

blank

挑戦状を受け快諾した板垣は試合に向けトレーニングに入ります。

しかし板垣の調子は一向に上がりません。

今井戦で開花されたように見えた才能も影を潜めケガの後遺症ではとも言われます

スパーリングでも相手に打たれてしまい持ち味のスピードでも翻弄出来ません。

星の攻撃力、特に右ストレート(正拳突き)は一撃必殺の威力がありますのでKO負けの経験のある板垣には不利ではと鴨川ジムの面々は思います。

ですがチーフトレーナーである篠田は何か気づいたようでした

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】試合中に目覚めた板垣の能力

復調しないままに迎えた試合当日、板垣は大丈夫なのかと周りに不安が募ります。

会場は星のホーム大阪で完全アウェイです。

東日本新人王戦で今井相手に精神面のムラも改善されていると思いきやまだまだ不安定さはかなり深刻だと思われています。

1R目のゴングがなります。

星は悠然と殴りかかってきますが板垣はまだ動きません。

板垣は何故、対戦相手の星がこんなにゆっくりなのか疑問を感じています。

パンチの動作や次に何をしてくるのかも分かるくらいに全て見えています

そして、星のゆっくりした動きに見えるパンチにカウンターを合わせます。

板垣の不調は前戦でインファイトを経験した事とケガで休養した事により才能が開花したが感覚がついて来なかったのが原因です。

この変化に気づいていたのはチーフトレーナーの篠田です。

やはりと確信していたように頷きます。

覚醒した板垣はもはや宮田以上のスピードではないかと一同騒然となります。

千堂曰く「流れている時間が全く違う」と驚くほどのスピード差です。

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】衝撃の試合結果は!?

blank

カウンターを貰いながら立ってくる星、目から花火が出よった何されたんやワシはと呟いています。

全て倒せるような渾身のパンチを振るう星ですが板垣は結局1発も貰う事なく勝利します。

同僚であり先輩の木村からは「あいつはレナードかよ」と言われるほどです。

星の先輩 千堂も知っていたのかと一歩に詰め寄るほど驚愕の出来事です。

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】星の新しい目標とは?

blank

打倒幕之内一歩を宣言していた星ですが同期の東日本新人王の板垣の前に敗れました

何も出来ずに敗退しましたが心は折れておらず一歩から打倒板垣に目標を変えて行く事を表明しました

 

スポンサーリンク

まとめ

blank

関西に現れた新星、星ですが打倒一歩を宣言しながらも板垣の覚醒により阻止されました。

敗れたとはいえ天晴れなボクサーで直ぐに標的を一歩から板垣に変えた事も非常に芯のある事が伺えます。

一方、板垣ですが遂に覚醒かと思われる瞬間がやってきましたね。

星の動きだけではなく筋肉を見て思考回路が分かるなど元々の才能以上に眼を見張るものがあります。

現状でも日本王者 幕之内一歩、東洋太平洋王者 宮田一郎、元日本王者で世界ランカーの千堂武士といい勝負が出来るボクサーになっている感じがします。

ただ精神的に不安定、ムラのあるタイプなので将来的には精神的にはムラのない星との再戦は見てみたい気がします。

この2人が激戦区フェザー級でどう活躍していくのか楽しみですね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です