【はじめの一歩】アントニオ・ゲバラが一歩引退のきっかけ!?対戦までの流れは?波乱のゲバラ戦の結果は!?

スポンサーリンク

フェザー級のトップ戦線を走っていた幕之内一歩に異変?復帰戦の決まった一歩に立ちはだかる高い壁が。

千堂、間柴、そして宮田

ライバル達も注目するなか果たしてデンプシーロールは完成したのか。岐路に立つ一歩は果たしてどうなるのか。見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】ゴンザレス戦での2敗目

世界ランキング2位の肩書き通りに幕之内一歩を圧倒したゴンザレス。

一歩の切り札デンプシーロールさえも迎撃されます

中盤には一歩が盛り返す場面もありますが最後はカウンターで仕留められます

痛い1敗を喫した一歩。

世界前哨戦にも関わらず試合前には「いつも以上にオーラがない」や鷹村の弱くなった発言などちょっとした異変が見てとれます。

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】一歩のパンチドランカー疑惑

激闘のゴンザレス戦後に歴戦のダメージなのかゴンザレス戦のダメージなのか格下相手のスパーリングでもダウンしたりと一歩自身が気づかない不調に襲われます

その異変に気付いていた鷹村。

検査は異常なしとの診断ですが線を真っ直ぐ書けないなどの症状もあり鴨川会長から「パンチドランカー」の疑惑ありで休養を命じられます

しっかりと休めば回復すると言い張る一歩。

しっかりと家に帰す事、引退後の人生が長い事を含め少しでも異常があれば引退させると言い張る鴨川会長。

パンチドランカー経験者で親友である猫田銀八にもアドバイスを求めます。

絶対に違うと主張する猫田。

違うと信じたい鴨川。

それぞれの思いを胸に1か月後のテストを迎えます。

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】新型デンプシーロール完成?

1か月のトレーニングの休養を厳命された一歩

休養中にも新型デンプシーロールに必要な筋肉を鍛える様子が見えます

その後、会長のもとテストを行い何とか合格した一歩は復帰戦にそなえカウンター対策と共に新型デンプシーロールに着手します。

主治医の智子先生からは剛に柔が加わっている

一歩の体幹に驚き鴨川会長も僅かな疑念を感じながらも愛弟子 一歩に期待します。

そんな中でも鷹村だけは一歩に厳しく接しています

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】復帰戦はフィリピン王者

blank

トレーニングに復帰した一歩。

鴨川会長も新型に手応えを感じていたところに復帰戦が決まります。

相手はフィリピン国内王者 アントニオゲバラ

若干19歳のサウスポー。

一歩にとってはじめてのサウスポーでもあります。

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】家族を支えるために戦うゲバラ

blank

フィリピン貧民街出身のゲバラ。

ボクシング界のスーパースター パッキャオを連想させます。

そんなゲバラ

たくさんお金貯めて家族を迎えに行くんだ スモーキーマウンテンへ

家で待つ家族の為に未来を持ち帰る

19歳の国内王者を支えている思い。

一歩戦を機に大化けする可能性もありますね。

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】ゲドーからのアドバイス

blank

TS2A0029

幕之内一歩、アントニオゲバラの両者には共通の対戦相手がいます。

魔術師 マルコムゲドー

ゲバラのセコンドはゲドーから一歩の弱点を聞いていました。

長いパンチは有効

同国民の為に協力すると言ったゲドーですが2つ目の弱点を聞いたところで食事を催促され持ち合わせのなかったゲバラのセコンドは結局、聞くことが出来ませんでした。

それでも強烈な一歩のパンチを貰っていたゲバラはこの言葉に救われ試合を盛り返していきます。

ここでゴンザレス戦と同じような展開になっていきます。

(会長のボクシングが世界に通用する事を証明する)

ゲバラ戦では

(新型デンプシーロールを披露する)

ことが目標になり冷静に一歩のボクシングが出来ていない事が分かります

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】敗戦を予感させる一歩の独白

blank

互いにダウンを奪うも噛み合わない展開

新型デンプシーロールの餌食になると予想されていた観衆も鬱憤が溜まります。

セコンドでは鴨川会長が説教しますが一歩は新型デンプシーロールを見せることが恩返しだとここでもすれ違いが見てとれます

懐に入ればアッサリとダウンするゲバラですがいつの間にか一歩も深刻なダメージを受けます。

それでも新型に拘る一歩。

ゲバラを追いつめてウェービングをはじめた直後

申し訳ありません

自分の身体のコトです うすうすわかってました

以前の自分ではないコトは わかっていたんです

・・・だけどボクのために時間を使ってくれる 会長の期待に答えたくて

新しいことが出来るようになるのが嬉しくて

もしかしたら・・・試合になれば元に戻るかと 一縷の望みにすがりました

ーーーでも避けられたと思ってたパンチが避けられない

届いたと思ったパンチが届かない

この試合の記憶すら いくら探しても 抜け落ちています

おそらくきっと・・・ボクは・・・

ボクはもうこの先・・・会長と一緒に行くコトは できないのだと思います

本当に申し訳ありません

・・・せめて会長と作ったこの新型を 会長が使ってくれた時間が

わずかながらでも 無駄ではなかったというコトを

見て下さい!

一歩の独白。

このシーンで鷹村が何故冷たかったのか分かる気がしました。

ジジイと呼んでる会長の悲しい顔は見たくなかったんですね。

期待させるな。

鷹村の言葉を思い出しました。

勝つためにではなく恩返しの為にこそ新型を見せたい一心のようです。

 

スポンサーリンク

【はじめの一歩】タイミング完璧のカウンター!

新型デンプシーロールの動作に入った一歩を追いつめられたゲバラが迎えうちます。

ゲバラの頭には故郷で待つ貧しい家族が、、、

一歩のアッパーに合わせた左のカウンターがテンプルに炸裂します。

前のめりに倒れる一歩。

駆け寄る鴨川会長。

一歩 4RKO負け

 

スポンサーリンク

まとめ

blank

世界前哨戦の敗北からまさかの2連敗

パンチドランカー疑惑を乗り越えて復帰した一歩にとって痛すぎる敗北になりました。

そして、自ら否定していたパンチドランカー疑惑も認めてしまような独白

一歩自身も体に異変を感じていたようですしゴンザレス戦以来、鴨川会長や鷹村 周りのアドバイスもすれ違いのような感じありました。

恐らく一歩も気づかないままに新型完成披露に執着していた感じがします。

現在はトレーナーとして鴨川ジムに所属し教え子も出来ています。

一歩の見ている景色に変化があれば復帰し今度こそ新型デンプシーロールを見せてくれる気がしてなりませんね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です