最新ネタバレ『ブルーロック』232-233話!考察!ユーヴァース、戦慄の爆発多様進化(ハイ・エボリューション)を見せる

PR

スポンサーリンク

【ブルーロック】232話!ネタバレ最新!ユーヴァース戦でカイザーと馬狼が激突!?驚異の進化が明らかに!

スポンサーリンク
この記事を読むとわかること

  • ユーヴァースのカイザーが馬狼に挑む
  • ネスがカイザーのためにユーヴァースを引き付ける
  • 潔が馬狼のプレスに戦慄し、新たな自分に目覚める

前回のブルーロックは、遂に最終局面に向けて動きが見られました。

ユーヴァースは、馬狼照英を中心に勝利を勝ち取る為に全員が意思統一。

バスタード・ミュンヘンは、清羅刃を投入せずに氷織羊を起用して挑む事になりました。

羊を指名した主人公・潔世一は、雪宮剣優との連携が失敗した場面について質問。

足下にパスを出せば勝てたと発言する羊の解答に、良い感触を掴みます。

潔は、ゴールを決める策が全くありません。

しかし、自分と同じ超越視界(メタ・ビジョン)に近い能力を持つ羊。

彼と自分が同じ視点でユーヴァースの弱点を見抜き、想像力の共有が出来れば100%勝てるという根拠の無い自信を披露します。

羊は呆れていましたが、潔の期待を受けて新しい自分が生み出せると感じ承諾。

新しい連携が見られそうで、非常に楽しみです。

ノエル・ノアとマルク・スナッフィーの会話も、非常にレア過ぎました。

2人は、潔と馬狼がハイレベルのストライカーだと評価。

やがて、日本がW杯で優勝を可能にしてくれる逸材になるかもしれないと感じていたのです。

ミヒャエル・カイザーは、潔が馬狼の隙を突いてゴールを狙うだろうと予測。

その思考の裏を掻いて奪いゴールする作戦を立てました。

馬狼は、チーム全員にラストゴールを決めさせろと文句を言わせない強気の要求。

フィールドにいる全選手達が、気合を入れて挑もうとして行きます。

ラストキックオフが始まり、ネスからボールがカイザーに繋がりました。

潔は、超越視界を発動させ試合を支配する王となるべくアクションを開始。

彼のプレーは、勝利を決める事が出来るのか注目して行きたいです。

最後まで、予測不能な揺れ動く熱い戦いを最後まで見て行きたいと思います。

それでは、今回もブルーロックの232話について語って行きましょう。

 

スポンサーリンク

 

『ブルーロック』232話!のネタバレ 

それでは『ブルーロック』232話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

アレクシス・ネスのスーパーアシスト

バスタード・ミュンヘンのミヒャエル・カイザーは、ドリブルでユーヴァース陣営に突入。

すると、馬狼照英がカイザーに向かって突進してきました。

馬狼は、気合を入れカイザーに来いと挑発。

しかも、青薔薇タトゥ男と呼び捨てにして睨みつけます。

カイザーも負けじと馬狼を凝視。

図に乗るなと、馬狼をクソ赤フンフンゴリラと暴言を吐きます。

カイザーの背後にいたアレクシス・ネスは、馬狼が直接プレスを仕掛けてきた事に驚きを隠せません。

今まで見せない動きに動揺しながらも、ネスは気を引き締めます。

そして、冷静に思考しカイザーに得点を決めてもらう為に自分が引き付けて囮となる覚悟を決めました。

ネスは、カイザーからボールを受け取ります。

巧みな足捌きとフェイントを駆使。

閃堂秋人や他の選手を瞬時に抜き去り進みます。

馬狼は、ネスの動きを警戒して止めろと指示。

ネスは、すかさず前方に向かってパスを出します。

ボールの向かった地点には、カイザーがいました。

カイザーは、ネスに指差して言います。

ネスにいい子だと言い、彼のプレーを褒め称えたのです。

カイザーは、ヒールリフトをしてボールを受け取りました。

フィールドの地面に顔を叩きつけたネスは、倒れながらも本望だと喜びます。

カイザーは、ゆっくり寝ていろとネスに発言。

同時に、彼は超越視界(メタ・ビジョン)を発動させます。

カイザーは、ラストゴールを決める為に本気で己の力を最大限に発揮しようとしていました。

 

ユーヴァースの守備陣を突破しようと、切り込んで行くカイザーがカッコ良くて痺れます。

しかし、その前に立ち塞がったのは馬狼。

彼が、前線に出てカイザーにプレスをかける行動が意外でした。

カイザーと馬狼が、一歩も退かない罵り合いがとても強烈すぎます。

ネスは、馬狼の変化とアクションに気づき警戒して思考。

自分が馬狼を引き付けて、カイザーのチャンスを作ろうと決意します。

ネスのボールタッチがとても鮮やかです。

カイザーの腰巾着ですが、実力は本物で素晴らしいと思いました。

閃堂達を躱して、馬狼に注目させることに成功。

ネスのパスは、カイザーに繋がりました。

倒れながらも一仕事をしたネスの表情に、満足感が漂っていました。

カイザーの表情は冷徹ですが、ネスを褒め称える良さが光っていました。

カイザーは、勝利の為に超越視界を展開。

最後の得点を決める為に、動き出しました。

カイザーのシュートは、決まり逆転する事が出来るのか気になります。

さあ、話の続きを見て行きましょう。

 

スポンサーリンク

ミヒャエル・カイザー、皇帝衝撃波(カイザー・インパクト)阻止される

バスタード・ミュンヘンのミヒャエル・カイザーは、素早いドリブルを開始。

ユーヴァースの選手に反応させずに、フェイントを混ぜて瞬時に抜き去りました。

トップギアで中央突破を軽く成功させたカイザーの力を見て、誰もが驚愕。

二子一揮は、このままシュートを撃たせないと外を警戒する様に指示します。

カイザーは、超越視界(メタ・ビジョン)で周囲の情報を確認。

彼は、フィールドにある全ての情報を隈なく探したのです。

潔世一の居る位置や、シュートコースの実行できる隙。

そして、自分の得意技である皇帝衝撃波(カイザー・インパクト)を如何にして決めようか分析を繰り返していたのです。

二子は、カイザーに接近してボールを奪おうとしました。

カイザーは、軽いボールタッチで二子を回避。

そして、ユーヴァースのゴールに狙いを定めます。

ゴールの右上にボールを叩き込めると判断。

カイザーは、瞬殺一閃と言い放ち強烈なシュートを叩き込みました。

カイザーの必殺技、皇帝衝撃波が凄まじい勢いでゴールへと襲い掛かります。

しかし、ボールの軌道に1人の選手が陽気に向かって行きました。

それは、ドン・ロレンツォだったのです。

ロレンツォは、カイザーに挨拶。

そして、そのまま己の顔面でボールをブロックして防いだのです。

カイザーは、悔しそうに舌打ちしてロレンツォを睨みつけました。

ロレンツォが受けたボールは、上空で長く浮かび上がります。

GKの不角源は、セカンドボールだと怒鳴ります。

誰もが、落下してくるボールをチャンスだと確保する為に動き出したのです。

 

カイザーの切れ味抜群過ぎるドリブルが最高です。

全力であっさりと中央突破できる彼の能力は、やはり新英雄11傑に選ばれるだけあります。

二子は、カイザーを止める為に必死で指示を展開。

カイザーは、超越視界で様々なフィールドの状況を把握していきました。

潔の位置や、シュートできるチャンスを刻々と狙い集中力が極限に高まります。

そして、二子を躱し皇帝衝撃波を炸裂。

そのまま、ゴールネットに突き刺さるかと思いました。

でも、それを見抜いていたロレンツォがブロックする事に成功。

顔面で防ぎ、ロレンツォらしくないアクションがとても新鮮でした。

上空に浮き上がったボールを、不角がチャンスだと絶叫。

このボールを誰が確保できるのか興味津々です。

これからどんな展開が起きるのか、非常に楽しみにしています。

 

スポンサーリンク

虎視眈々と大機会(ビッグチャンス)を狙う選手達

上空に浮き上がったボールを狙う1人の選手。

それは、バスタード・ミュンヘンの潔世一でした。

彼は、ミヒャエル・カイザーの皇帝衝撃波(カイザー・インパクト)が失敗する事が想定内だと分析をしていたのです。

潔は、超越視界(メタ・ビジョン)をフル稼働。

彼は、落下地点で最速最短距離で走ると決めていました。

このボールを自分が奪う事に成功できたのなら、大きなチャンスになると確信。

しかも、自分の得意とする直撃蹴弾(ダイレクトシュート)もこの距離なら決められるという自信がありました。

しかし、そんな潔よりも先にボールに到達した選手がいたのです。

それは、ユーヴァースのDFであるオリヴァ・愛空でした。

愛空は、得意とする反射のプレーを利用してヘディングで潔のアクションを阻止。

潔に向かって、自分も同じ所が視えていると笑ったのです。

潔は、愛空がウザいと舌打ちして悔しがります。

そんな、愛空がクリアしたボールに向かって駆け出す選手が接近。

氷織羊は、視えてるっちゅーねんとボヤキながらユーヴァースの選手と競り合い先にボールを取ります。

潔は、羊の反応にナイスだと大絶賛。

でも、甘いと言い羊の身体を手で押す男が姿を見せます。

それは、馬狼照英でした。

馬狼は、羊をザコ新兵と呼び強引にボールカットを迫って行きます。

フィールド上の選手達の争いは、まだまだ止む気配がありません。

 

潔、カイザーの皇帝衝撃波の失敗を想定して動いていました。

超越視界を駆使して、最短距離でボールに到達しようと準備する潔。

ボールを奪い、シュートを決める強い気持ちと闘志が熱いです。

得点を決める最大のチャンスを活かして、直撃蹴弾を決められる距離も冷静に分析。

しかし、またもや愛空の邪魔が入り阻止されてしまいました。

愛空も、超越視界に近い能力を得て非常に厄介です。

悔しがる潔の姿が、ビリビリと伝わってきました。

愛空のクリアしたボールに、羊が冷静に反応して対処。

羊も潔と同じ視点で見えるプレーは、非常に心強い最強戦力です。

でも、馬狼の超接近でピンチの状況に陥ってしまいました。

羊は、馬狼を撥ね退けて潔に繋げられるのか気になります。

どんな流れが発生するのか、これからの動きに注目したいです。

 

スポンサーリンク

潔世一、ユーヴァースの爆発多様進化(ハイ・エボリューション)に焦りを見せる

バスタード・ミュンヘンの氷織羊は、驚いていました。

ユーヴァースの馬狼照英が、執拗に自分からボールを奪おうとしていた事。

そして、王様である馬狼自らが鬼の様なプレスで迫って来たプレーが今までと違うと実感していたのです。

羊は、馬狼のアクションに何とか耐えて奪われない様に必死でした。

羊と馬狼の競り合いに、横から突撃してくる選手が登場。

それは、二子一揮でした。

二子は、働きやすい環境だと言い放ちスライディングしてボールをカットする事に成功。

ホワイト企業であるユーヴァースを万歳と呟き、バスタード・ミュンヘンゴールに向かって攻撃を開始しようとしていました。

潔は、その状況を見てヤバいと感じます。

馬狼の超強烈プレスに連動した二子の挟殺ボール奪取。

しかも、馬狼が前線にまで出て泥臭いプレスを実行していた姿が未だに信じられません。

同時に、今までのユーヴァースと違う動きであると悟った潔。

このまま馬狼が見せるプレーが続けば、自分達やより先手を打ち考える思考時間の拡大を恐れていました。

長くなる程、隙が生じて逆転される確率が高くなると確信。

更に、ドン・ロレンツォや蟻生十兵衛、オリヴァ・愛空等の選手達の動きが気になっていました。

馬狼に従う選手達が、動きに合わせてパターン化された戦術を展開して行く事に特化。

馬狼に尽くす事が、自分達の成長と結果を容易に出せると理解していると導き出します。

潔は、改めて新生ユーヴァースの中身を自分なりにしっかりと分析。

栄光と勝利を求めて自由に戦う王様・馬狼。

指導者ストライカーであるマルク・スナッフィーによって完璧な設計(デザイン)を植え付けられた最強兵団達との融合に驚愕します。

潔は、歯軋りをしてユーヴァースが合成獣(キメラ)の様な生命体組織だと苛立ちを隠せません。

馬狼の絶対的なエゴイストと想像力をベースにした攻撃的布陣。

しかも、爆発多様進化(ハイ・エボリューション)を見せている現実に戸惑っていました。

二子一揮は、そのままドリブルで斬り込んで行きます。

隣には、閃堂秋人も並び気合を入れて叫んでいました。

二子は、馬狼に質問。

先程決めた同点弾である2連股抜きシュートを実行すれば、警戒されるのが必須。

次は、どんな手をお望みかと最善の手段を取ろうと熱望します。

ドン・ロレンツォは、陽気に馬狼と並走。

ユーヴァースは、進化してチーム名が馬狼のユーバロースだと楽しんでいました。

馬狼は、ロレンツォに黙って働けと一喝。

バスタード・ミュンヘンゴールに超撃弾(ゴラッソ)をぶち込むだけだと強気の姿勢を崩しません。

馬狼は、全力疾走して大声で怒鳴ります。

自分が、この新英雄大戦でゴールを決めて最強だと世界に証明すると宣言。

馬狼の覚悟と、熱い気持ちと信念がフィールドに蔓延していたのです。

 

羊は、馬狼の強烈すぎるプレスを何とか凌いでいました。

馬狼に対処して行く羊もなかなかの実力者です。

羊は、馬狼が今まで見せた事の無いプレースタイルに驚愕。

前線に出てのらしくないプレスについて、様々な考えが浮かびます。

馬狼と羊の競り合いを見て、二子がボールを瞬時に奪い取る事に成功。

働きやすいと仕事を熟す二子の職人ぶりが、とても痺れます。

潔は、馬狼の超絶プレスと連動した二子のプレーに動揺。

王様・馬狼がしなかったアクションに恐怖感を感じます。

このまま展開されれば、先手を打っての対処が必要。

しかし、思考時間の拡大を突かれて逆転され敗北する可能性の高さも感じました。

自由に戦う馬狼とそれに従う選手達。

彼らが作る新生ユーヴァースが、爆発多様進化を見せていたので強い警戒していました。

勢いに乗る二子の周りには、閃堂やロレンツォも集結。

馬狼の得点を決める手段に対応する準備が万端過ぎます。

ロレンツォの陽気なギャグが、シリアスな場を和ませてくれます。

馬狼は、強烈な一撃をゴールに叩き込むと気合が入っていました。

試合に勝利して、自分が最強という現実を世界中に証明。

ブレない強い気持ちの馬狼がカッコ良いです。

ユーヴァースの攻撃は、このまま成功に繋がるのか興味津々。

止まらないアグレッシブな馬狼達の動向が見逃せません。

 

スポンサーリンク

氷織羊、フィールドでの高次元(ハイレベル)サッカーに昂る

ユーヴァースの馬狼照英は、バスタード・ミュンヘンゴールを目指します。

勢いの止まらない超強気の馬狼。

それを見ていた氷織羊は、ヤバさを感じていました。

同時に、フィールドで自分が体感しているレベルの違うサッカーに動揺。

ユーヴァースの止まらない組織力の凄さと、選手達の速さや技術。

羊は、自分の能力を駆使しても読めないと弱気になって行きます。

しかも、自分自身が試合に入り活躍できないと嘆く羊。

羊は、世界級(ワールドクラス)フットボールのプレーに焦っていたのです。

自分を選んでくれた潔世一は、ずっと怪物達と張り合いゴールを狙って活躍。

ミヒャエル・カイザーや敵である馬狼も、高い次元での戦いで得点を決めていたのかと驚きを隠せません。

羊は、ある事実に気づきました。

フィールドには、イカれたプレイヤー達しかいないと結論。

その事実が、非常に滅茶苦茶面白いと大興奮し始めたのです。

すると、羊の眼の色が変わります。

羊は、こんなサッカーができたのは生まれて初めてだと歓喜。

彼は、全力でダッシュを始めました。

潔は、そんな羊に向かって来いと指示。

羊の眼に、情熱の炎がメラメラと視えていました。

羊は、己の限界を超えてプレーできる環境に感謝して行きます。

今までにない高揚感と、熱く激しい思いと勢いが羊を支配。

氷織羊は、新しい自分を導き出そうと奮闘していました。

全ては、ユーヴァースに勝利して己の存在を示す為。

羊は、潔と得点を決める為に動き出したのです。

 

羊は、馬狼やユーヴァースが見せるハイレベルのサッカーに弱気モードになってしまいました。

今まで味わった事の無い世界級プレーを体感。

自分の力を全力で出しても、予測できずに試合でまともに動けないと嘆きます。

怪物級選手達と互角以上に戦いゴールを目指す潔。

カイザーや馬狼のストイックな姿勢とプレーも、自分とは違うステージに到達していると気づきました。

落ち込む羊でしたが、ある結論に到達。

イカれたフィールドで戦う事が、面白いと大興奮し始めました。

今までとは違う羊の姿が、とても強烈すぎます。

ハイレベルのサッカーが出来る喜びと、新たな自分に目覚めた羊。

今、潔と共に結果を出そうと動き出しました。

羊が土壇場で超覚醒して、スーパープレーを炸裂させてくれそうな予感しかありません。

非常に楽しい展開に突入してきました。

次回も、試合の行方を見逃せません。

 

スポンサーリンク
"
"

『ブルーロック』ネタバレ232-233話のまとめ

今回のブルーロック232話も、ユーヴァースの動きと氷織羊が熱かった内容でした。

バスタード・ミュンヘンのミヒャエル・カイザーは、逆転勝利を決める為に行動開始。

鮮やかなドリブルで、強引な中央突破を見せてくれました。

しかし、馬狼も反応して競り合いが始まり中々ゴールに近づけません。

ネスは、カイザーの為に手足となりユーヴァースを引き付ける事を決意。

カイザーに負けないボールタッチやテクニックで、自分を犠牲にしながらもカイザーのチャンスを創り出しました。

カイザーは、超越視界を発動させていき潔の位置やシュートチャンスを瞬時に確認。

ユーヴァースの隙を突き、強烈な皇帝衝撃波を炸裂させました。

でも、ロレンツォの顔面ブロックで失敗。

クリアしたボールが上空に浮かび、潔が大きなチャンスだと奪いに動き出します。

超越視界を展開して、得意の直撃蹴弾を決めて勝利を目指す潔。

愛空の反射プレー&超越視界に近い能力で、阻止されてしまいました。

羊は、周辺視を上手く使いボールを確保。

ドリブルでゴールに接近を試みますが、馬狼の鬼プレスが強烈で上手く回避できません。

二子は、羊からボールをカットしてスピード感あふれる攻撃布陣を生み出します。

潔は、馬狼の泥臭いプレスと選手達の連動したチームの爆発多様進化に戦慄。

今までと違う馬狼のプレースタイルが、非常にヤバいと警戒を始めました。

このままだと思考時間も増えて、隙を突かれて逆転され敗北必須。

勝利から遠ざかる事を恐れた潔は、打開策を必死に考える光景が印象的です。

羊は、フィールドで今まで味わった事の無い高次元サッカーを体験。

自分の能力が発揮できずに、試合で活躍できないと嘆きます。

やがて、冷静に試行して行き、ある結論を己で導き出します。

潔が怪物級プレイヤーと対峙して、諦めずに戦ってきた姿勢。

カイザーや馬狼達も同様のプレーを貫き、結果を出してきた事を振り返ります。

羊は、そんな環境がとても面白いと突然の大興奮に目覚めてしまいました。

今までと違う羊が、とても新鮮に見えました。

クールで淡々とした姿から、熱い部分を見せて欲しいと個人的に願っています。

羊の超覚醒したプレーが、ゴールに繋がる大活躍を見せて欲しいです。

きっと羊のアクションが、勝利の鍵を握りそうな予感。

試合の行方が揺れ動き、まだまだ予測できません。

ハイレベルの戦いは、どんな決着を迎えるのか非常に楽しみです。

それでは、また、次の話でお会いしましょう。

 

あいり
読者の皆さまがこの後に読んでいる記事はこちらです。

⇒ブルーロック234話衝撃展開!!氷織羊が覚醒!演出家(パサ・・

⇒ブルーロック233話衝撃の展開!!氷織羊の新たな願望(エゴ・・

⇒ブルーロック231話!潔世一と氷織羊が連携?試合の王となる・・

⇒ブルーロック230話!潔世一と氷織羊の最強バディ誕生!スナ・・

 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA