PR

スポンサーリンク

【カッコウの許嫁】172話ネタバレ最新!姉妹対決勃発?!凪を巡る動きはさらに加速?!

スポンサーリンク
この記事を読むとわかること
  • 幸がエリカとのデートでスパに行く。
  • 幸が凪に告白したことをエリカに伝える。
  • エリカが凪に特別な感情がないと思われる。

幸の受験本番まであと30日。

凪は幸の模擬テストの採点をしていました。

冬休みの努力が実り、点数は大幅に伸びています。

これなら合格も夢じゃない?!

急成長を遂げた幸は、今日だけは息抜き。

幸が向かった先とは?!

それでは第172話の考察を始めていきます。

 

スポンサーリンク

 

『カッウの許嫁』172話!のネタバレ

それでは『カッコウの許嫁』172話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

息抜き

幸が息抜きとして選んだのは、エリカとの時間でした。

エリカは幸を見るなり、飛びつきます。

約10日ぶりの再会におおはしゃぎのエリカなのでした。

幸はエリカを誘ってスパに向かいます。

エリカはスパにもあまりいったことがない様子。

エリカにとってスパといえばお風呂というイメージがありましたが、この施設では食事も取れるようです。

お風呂に入る前に腹ごしらえ!

お年玉も入ったことだし、いつもの銭湯からスパにランクアップです。

姉妹は楽しいひと時を過ごします。

この後に、ハードな展開が待っていることをエリカはまだ知りません…。

 

スポンサーリンク

凪&エリカに進展なし?

受験が本格化するまでは、幸も天海ハウスに同居していました。

でも今は…凪とエリカの2人暮らし。

幸はエリカに凪との二人暮らしについて探りを入れました。

許嫁として何かあったか?と幸がストレートに聞いても、エリカの回答はいつものようにアッサリしたものでした。

「何もない」

許嫁といっても2人は自由恋愛を認めています。

実際、凪は少し前までひろと付き合っていました。

その間は少し気まずい思いもしましたし。

しかも、その後別れる急展開!

エリカが慰めようと機会を伺っているうちに、いつの間にか凪はケロッとしていました。

結果、特に恋愛事情に触れる機会もなく、2人が一緒に過ごすのはご飯の時くらい。

エリカが許嫁として「何もない」と答えたのは嘘ではないのです。

 

スポンサーリンク

やっぱり許嫁は特別?

エリカが見てきた凪は、幸が見てきた凪とは少し違います。

ひろにフラれた時、凪は深く傷つき、ふさぎ込んでいました。

(フラれたのがクリスマス。そのまま海野家に帰宅していたのでエリカはその様子を見ていないのです。)

幸に凪の当時の様子を聞いたエリカは驚きます。

エリカには弱っているところを見せたくなかったのでしょう。

エリカは凪が野生動物に見えてきますw

でも幸は茶化すつもりなどありません。

なぜ、凪はエリカの前で弱いところを見せないのか?

それは、エリカが許嫁だから。

幸はそう思っていました。

「カッコつけていたいんだよ…」

幸は少し寂しそうに言いました。

 

スポンサーリンク

悪気なきプレッシャー

エリカは幸に何気なく「幸ちゃんはどうなの?」と問いかけました。

凪と幸はここ最近、家庭教師として毎日のように会っています。

ついに本題がやって来ました…!

幸はエリカに告白したことを伝えようとしましたが…エリカは食後のデザートに夢中になってしまいます。

話が逸れてしまい、幸は言葉を飲み込みました。

2人は食事を終えるとお風呂に向かいます。

服を脱ぎながら、エリカは幸が高校に入ってきてからの話をし始めますw

まだ合格できるかもわからないのに、気が早い!w

エリカの心配事は、自分たちが姉妹であることがバレるのかということです。

まぁ顔は似ていますが、苗字は違いますからね!

おそらくバレないでしょう。

心配事の次は、一緒に登下校する楽しみについて話し始めます。

幸にとってはエリカの話の全てがプレッシャーに…!

受験本番を控えた幸は「そこまで!」とエリカの話を遮りましたw

 

スポンサーリンク

幸の質問

ここは、都内では珍しい天然温泉!

2人はお風呂に大興奮です。

お風呂に入るのを楽しみにしているエリカですが、幸には最初に入ると決めている場所がありました。

それは…サウナ!

(正式にはロウリュというらしい)

2人は蒸し暑いサウナに入って汗を流しました。

だいぶ温まった頃、幸はエリカにずっと聞こうと思っていたことを口にしました。

インスタにあげた写真についてです。

「お兄とラーメン食べたんだ?」

あの時、顔は映っていませんが、凪の手が確かに映っていました。

エリカは一瞬焦りました。

凪とラーメンを食べにいったことは2人の秘密だと約束したのですから…。

エリカは凪が幸にだけは話したのかと思いましたが、それは違います。

幸は凪の手を子供の頃から見ています。

この手が凪の手だとすぐわかりました。

幸はエリカにラーメンの感想を尋ねました。

それは、遠回しに凪とのデートはどうだったのかと問いただすため…!

 

スポンサーリンク

告白

エリカは幸の狙いにまだ気づいていません。

素直に感想を話してくれました。

2人にとって、ラーメンを食べに行ったのは初めてのことです。

エリカは令嬢として育ったため、凪は海野亭の息子として遠慮していたため、行く機会がありませんでした。

初めて食べたラーメンは思いの外おいしくて、エリカは”幸せ”を感じました。

それを聞いた幸は穏やかではいられません。

幸だって負けられないのです。

幸は勇気を出して、エリカに伝えました。

「アタシ、お兄に告白した」

幸は、大晦日に受験に合格したら付き合ってほしいと凪に伝えていました。

そのことをようやくエリカに言うことができましたが…。

 

スポンサーリンク

凪の真意は?

エリカは驚いた顔を浮かべました。

少し間を置いて、凪の反応について聞きました。

凪は「受かった時に返事をする」といって答えを保留にしていました。

幸は凪の真意がどこにあるかわかりません。

そこで、エリカに相談したのです。

「それってどういうことだと思う?」

凪のことです。

答えを伝えないのは、受験への影響を考えてのことでしょう。

OKでもNOでも、勉強に大きな影響を与えてしまいますからね…。

でもずっとそばで凪を見てきたエリカなら、凪がどう答えるか、予想してくれるのではないか?

幸はそう期待していたのでしょう。

ところが…?!

 

スポンサーリンク

エリカの反撃!

幸は凪への告白の話をする前に、エリカに許嫁としての2人の関係について探りを入れて来ました。

結果は、何もない!

エリカからも凪からも”許嫁”として特別な感情や進展も感じられませんでした。

幸もそれなら…という気持ちでエリカに意見を求めていたはずです。

でも、エリカの顔は…。

頬を膨らませ、思いっきり不満顔!

「凪くんのこと、とらないで!」

その上、ストレートに拒否の構え…?!

予想外のエリカの反撃に幸は戸惑います。

エリカの本当の気持ちを知ってしまった幸は、この先どうなってしまうのでしょうか?!

これは、受験にも大きな影響を与えそうな予感…!

 

スポンサーリンク
"
"

『カッコウの許嫁』ネタバレ172-173話のまとめ

今回のお話は、息抜きに幸がエリカと姉妹デートするお話でした。

幸が息抜きに選んだのは、スパでした。

食事をしながら、最近の凪との時間について探りを入れる幸。

エリカは「何もない」と答えますが、それは事実だけのお話。

ここにはエリカの感情が含まれていません…。

でも、幸はこれでエリカは凪に特別な感情がないと判断してしまうのです。

食事の後、サウナに入った2人は汗を流します。

幸はここで1番伝えたかったことを言いました。

凪に告白したことです。

エリカは驚き、凪の反応について聞き返して来ました。

凪は幸の受験を考えて「受かった時に返事をする」という答えにとどめていました。

幸は凪の真意がわからず、脈はあるのかないのか、エリカに意見を求めたのですが…。

エリカの顔は頬を膨らませ、不満の表情です。

「凪くんのこと、とらないで」

まさかのエリカの反撃に、幸は戸惑います。

姉妹対決がここに勃発?!

エリカの気持ちを凪は知っているのでしょうか?!

幸の受験への影響は?!

次週もますます目が離せませんね♪

 

あいり
読者の皆さまがこの後に読んでいる記事はこちらです。

⇒カッコウの許嫁174話!復活、ひろ先生?!幸の試験合格は間・・

⇒カッコウの許嫁173話!仲直りの一杯?!エリカと幸はようや・・

⇒カッコウの許嫁171話!テスト完了!凪とエリカのご褒美は?・・

⇒カッコウの許嫁170話!幸の家庭教師は難しい?!幸のやる気・・

 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA